新ベスのブログ

…as You go with the Flow(流れのままに…)をキーワードに、読者とシャンバラ(Shamballa)の質疑応答を、著者『ベス』がひたすら打ち込んでいく、世界でただ一つの面白不思議スペースをお楽しみ下さい♪

科学班: 夢と記憶とシャンバラ

マックスウェル大佐♪お久しぶりでございます!大佐からの回答を頂きたい(優しいフレーズに癒され中ww)ため!!だけに、個人的質問を提出する激馬鹿者wwをお許し下さい(と先に謝っておきます、てへぺろ)m(_ _)m

今週のお題は『昔から不思議に思っていたあの事件』ですが、私の場合は事件というより現象、ひいてはシャンバラとの繋がりについて、常々不思議に思っている、いたことになります。

Q1. 子供の頃の断片的な記憶、不可解でリアルでは見覚えのない場所など、最近になってそういった記憶や場所の多くがシャンバラに属していることが少しずつ分かってきました。

そもそもシャンバラに居てワザワザ肉体界にも出張、いや転生しているのですから、シャンバラの記憶があって当たり前ではあるのですが、私の場合は、どうしても肉体感覚、思考が前面に出てしまい、他の完全ダブル生活シャンバラ人のように切り替えられません。

本来ならば2,3歳くらいで既に切り替え可能になるハズなのに、どうして私の場合は未だに肉体界の感覚が主体になっているのでしょうか?

A. それだけ肉体界が面白いということでしょう。あなたならそうですよwwww

 

Q2. それでも幼少の頃は、半分くらいシャンバラに飛んでいたような感覚(肉体界に馴染めない、ここは自分の居場所ではない、という感覚が長らくありました)があったのですが、確か12歳前後でしょうか、パッタリと肉体界メインに切り替わってしまいました。メリット?は、それまで比較的大病していたのが、確かこの頃風疹のちょっと酷いのに罹り、それが治ったと同時に憑き物が落ちたみたいに元気になったのです。

そこから今回のブログをきっかけにシャンバラにアクセスするまで、完全に肉体界オンリーの意識で生きてきたのですが、この『切り替え』というのは、なぜ、どのような事情でそうなったのか、未だに不思議です。

もし何かご存じでしたらご教示頂けますでしょうか?

A. ご存じというほどではないのですが、肉体というのはシャンバラでは大事な魂の経験だととらえています。ということで、どちらが大切かわかったので切り替えたのではないでしょうか?のちにこのシャンバラに戻るとはっきりしたので、なおさら肉体界を大事にしているのだと思います

 

Q3. これは他の先生方にもお伺いしていて回答待ち案件wなのですが、私のシャンバラ『分身疑惑』についてです。

2016年頃からチラホラ報告があったのですが、例えば歌プロの時に私(肉体意識でアクセス中のシャンバラ私)は別の場所で歌っていたのに、学生+スタッフが大聖堂で歌う私を目撃している、とか、私の意識では〇〇にいたのに、なぜか他の学生さんから「お会いしました~」「スクールで一緒にお茶しました」「XXなお話をしましたよね」といった複数の連絡が入り、妄想回想すると、なぜかなぜか、一緒にお茶したような画像が出てきたりもするのです(その時私は別の場所で別の事を行っていたハズなのに)。

浮かんだ画像を元に答え合わせするとこれがまた当たっていたりするので、益々分身疑惑wwが深まるばかり・・・変人のレッテルが確実に・・・いやいやいや。これは一体どういうことでしょうか?

肉体界でしたら「ああ、パラレルで会ってたんですね~」とか言えるかもですが、シャンバラはパラレル・・・なかったハズ、ですよね(。-`ω-)

A. ないですね。やはり二つ魂なのですかねえ。主体以外に副体がシャンバラで出歩く。だから同じ記憶を共有しているとまあ、そうなるわけです。たまにいますね。そんな人が。

まあ、あなたのような人は3人いても我々は驚きませんがwwww

 

Q4. 「科学班:シャンバラに影響をあたえるとは」(http://gaia-shamballa.xyz/blog/?p=36766)で、個人の部分と共有部分についてのお話がありました。私も常々個々人がシャンバラ、アストラル界に与える影響、について考えていたので興味深い回答でした。

この中で、共有部分=皆で周知して固定化されているもの、個人の部分=自分で好きに作り上げるアストラルワールド、という解釈をしたのですが、その境界ですね、何が境界になっているのか教えて頂けますか?

例えば、ブログ読者やスクール学生でしたら『担当』という存在がお目付け、というか監視人の役目を担うので、個人部分がはみ出て共有部分に侵入する、というのはまずないと思います。

しかしシャンバラには寝ている時の夢でしかアクセスしていない、ただ物凄い固定化能力+想像力があって、夢の中でそれは色んなものを作っちゃって・・・という場合ですね。シャンバラ世界の共有部分に入り込んでくる、というような事は起こらないのでしょうか?起りえないとするならば、それは何(例えば専門部署など)によってボーダー(境界)コントロールされているのでしょうか?

A. コントロールのアイテムはただ一つ。あのどこでもドアですよwwwwあのドアは切り替えの道具でもあり、皆さんが何気に周波数を変えているのです。

どこでもドアを通ると周りの明るさが違うなんて経験はありませんか?疑うなら今部屋のどこでもドアから外に出ましょう。ね?違うでしょう?わからない?香りや色合いまで違います。ちなみにシャンバラとほかの人間との境界は担当が役目を担っています。

 

Q5. これまでも、読者がアクセスしているシャンバラというのが「ベスさんの作った世界」という認識、解釈をされているケースが(今でも?)結構ありました。

[参考記事]

司令官:オリジナルとコピー(http://gaia-shamballa.xyz/blog/?p=3764
固定化:他のシャンバラと別次元(http://gaia-shamballa.xyz/blog/?p=4784

特区は確かにベスさんが固定化した場所でしたが、中央(深層アストラル界)は所謂【共有部分】だと思っています。以前(特区時代)、読者の中に『別のシャンバラ』『他のチーム』に所属している、と言われた方もいらっしゃいました。 そもそもアストラル界の周波数範囲が非常に広いので、個人の心の状況(周波数)により、『別のシャンバラ』もしくは『一応知ってるシャンバラだけど全然違う所』に飛んでいってしまう場合もあるだろうな、と解釈してます。

そういった『別のシャンバラ』という周波数の場所に留まっている方達の場合、その肉体が死を迎えた後の段階は『別のシャンバラ』で行われるのでしょうか?①

【個人の部分】のシャンバラはそれこそ人の数だけあると思いますが、【共有部分】である魂の所在地はひとつで皆同じかなぁと思っているのですが、いかがでしょうか?②

A. 番号を振りました。さて、①ですが別のシャンバラで行われます。しかし、どれも同じシャンバラなんです。ともあれ死んだら科学班の部屋にいらっしゃい。みんな見せてあげるからwww

 

・・・いかん、授業のような問答wwになりそうなので、この辺で止めておきますwww
大佐とまたじっくりお話しできたらいいなぁと思っていますが、中々厳しいwwようなので、頂きました回答を大切に保存しておきますね(保存したくなる回答をプチ期待しております♡)!

A. 期待はずれですみません。でも、少しずつ疑問を解いていかないといきなり何か爆弾発言しようものなら一気に妄想が止まらなくなる人が多いので慎重にしています。

シャンバラも疑い自分も疑って初めて見えてくることがあります

それは真実はこの世にないということ。だから皆さんはどこが真実でどこがそうでないかを見極めるというより、今のあなたの立ち位置をしっかり動かないようにする方が手っ取り早いのです。するとぶれて見えなかったものが見えてきます。その時本来のシャンバラを見つけることができるでしょう

質問をありがとうございました

 

29+

いいねをしたログイン済みユーザー:

  • avatar

あなたの質問をお待ちしてます!質問はこちらのフォームから♬
ブログの最新記事をメールで受け取ることが可能です。

 

前へ

【お疲れさまでした!3.22更新】学生: UMAをさがせ!スタンプラリー🐉のお知らせ by Little-Cooking

次へ

科学班: 猫がみたもの

1 コメント

  1. Shire

    マックスウェル大佐〜〜回答をありがとうございます♡
    やっぱり大佐の回答だぁ・・・味があって優しいです(感涙)。シャンバラでは(勝手に)「おとん」のように思ってますが(私の方が年上なのはこの際置いといて、爆)、今回もしみじみ味のある中にキラリ☆と決める所があって、思わず自分を再度振り返る機会にもなりました。

    ・・・と、そこまではいいとして。

    「あなたのような人は3人いても驚かない」
    「あなたならそうですよ(肉体界でいちびってる)」
    「魚雷(←これは別口wですが)」

    ・・・どーゆー事でしょうか、この評価は?!
    確かに色々アレやコレやと大佐の前でもやらかしていますが、ヒジョーにビミョーなんですけど?!(・Θ・;)

    ついでに「死んでから来い」って、そんなん死んだらここに書いた疑問なんて全部解決ですよ(爆)。肉体の足りない脳みそでギャーギャー言うから面白いんであって・・・あ、でもとりあえずお邪魔させて頂きます(予約完了)www

    11+

コメントを残す

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

Powered by lovecraft & Copyright by 新ベスのブログ

Scroll Up