新ベスのブログ

…as You go with the Flow(流れのままに…)をキーワードに、読者とシャンバラ(Shamballa)の質疑応答を、著者『ベス』がひたすら打ち込んでいく、世界でただ一つの面白不思議スペースをお楽しみ下さい♪

アイテム: 貰ったアイテムと身に付けている?アイテム

皆様、こんにちは。いつもお世話になっております。今日は珍しく(?)アイテム関連の質問をお願いいたします。

Q1. まず先月9日の陰陽の日に、再び自宅でいただきます~とやりましたら、またも妙wwな置き物がずしっと降って来ました。今回は金(純金ぽい輝き方です)の・・・ハトポッポww鳩の置き物です。キレイなので、自宅の暖炉の上に飾っていますが、これは一体何でございましょうや?(?_?) ←リアルだったら質草にしたいかも、なんちゃってww

A. 置物のほとんどは生贄の代わりと解釈します。埴輪や兵馬俑などがそれを意味します。鳩や猿などの干支にちなんだものがその役目をします。毎年供え物=生贄を切り替えるために起きた風習です。

辰だけは生贄にできない。つまり生贄の動物が無い年で12年に一度起きる年なのです。なぜか?実はこの年に人間を生贄にしたからです。それがいつの日か幻獣に代わったわけです。

 

Q2. 別のブログ読者さんともお話ししていたのですが、何というか頂くアイテムに『傾向』があるような気がします。やたらと剣や槍ばかり貰う、玉とか宝珠系専門、楽器系、トンデモw系など。私も最初のコンパクト以外は置き物系(卵型、地球、ハトポッポなど)が連続していますが、頂くアイテムと自分に何か関連性はあるのでしょうか?

A. はい、もちろんです。それは得手不得手から来ています。得手を伸ばす意味で自分にあったアイテムをもらいます。

 

Q3. アイテムと言えば、もう大分前になりますが、シルバーバイオレットフレーム(https://metaphysicstsushin.tokyo/2016/10/03/%E3%83%90%E3%82%A4%E3%82%AA%E3%83%AC%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%95%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%A0%E3%81%A8%E3%81%AF%E4%BD%95%E3%81%8B/)という光を伝授して頂いた事があります。一般にはヒーリングに使える、とされていますが、私は邪気お祓いなどにも使用していました。

その時、身体(手)から紫色の剣、と視える方々は仰っていましたが、剣のような紫色の光が手から伸びて、切ったはった(苦笑)とやっていた次第です。

今現在は殆ど意識もしていませんが、未だ体内に存在しているのでしょうか?光なのかアイテムなのか、よく分かりませんが、これはどういう扱い(種類、系統)のものになるのでしょうか?

A. いまだに体内にあると思われます。エネルギー体の一種でアイテムではありません。本来は器の中に納まるのですが、その器をあなた自身が行ったことが特殊なのです。

もし外すときは器を準備して手を器の中に入れてエネルギーを中に置いていく感じで抜くと取れます。

 

質問は以上です。普段はあまりアイテムのことも意識してはいませんが、頂くアイテムというのはその時の自分にとってやはり意味がある、必要である、と判断されるからやって来る・・・?だったらいいかなぁと思います。使いこなせるようにもう少し意識していきたいですね(あくまでも希望w)。

いつもありがとうございます!

A. 通常レベル以上のアイテムをもらうことはありません。その人の能力に合わせてもらえるものなのでもらえるなら遠慮なくもらってください。生かしてこそのアイテムです。

質問をありがとうございました

 

21+

いいねをしたログイン済みユーザー:

  • avatar

あなたの質問をお待ちしてます!質問はこちらのフォームから♬
ブログの最新記事をメールで受け取ることが可能です。

 

前へ

アイテム: 0709 気になるアイテムについて

次へ

知覚: シャンバラでの名前

1 コメント

  1. Shire

    ご回答ありがとうございました!
    置物は生贄の代わり、、、さすがに12干支をコレクションしたいとは思いませんが、置物を引き寄せる自分って何なのだ?!と怪しんでwおります。

    おお、SVFはやはりエネルギー体ですか。そういえば以前は魔法陣こそ作らないものの、剣を出してヒーリングや患部を切り取ったり、水や食べ物の波動を上げて美味しくしたり(全て検証済み)、色々やっていました。今にして思えば、昔取ったなんちゃら in シャンバラ、だったのかも、ですね( ̄▽ ̄;)

    せっかくなのでwwもちっと体内に留めて使ってみますww

    2+

コメントを残す

Powered by lovecraft & Copyright by 新ベスのブログ

Scroll Up