性的に成熟した動物が交尾欲を発現する生理的状態の期間。普通の動物では、一定の時期にのみ周期的に現れる(ブリタニカ百科事典より)。

シャンバラからの情報として、人類は地球外生命体(extraterrestrial, ET)により遺伝子操作され発情期を外された。その理由として、ET達は女性器(子宮・胎盤)をより維持できる遺伝子を残すには発情期を外す方が良いと考えた、また、品種を越えて受精卵を抱えることができる胎盤こそがETの目的であるために、発情期は必要ないと考えた、など諸説ある。ただし、縄文人は自然と調和しているために発情期を外すことはできなかった。

シャンバラ人は、通常2年周期で1度(約3ヶ月程)の発情期があるとされるが、民族によってその周期、期間に違いがあり、1〜2年に1度、3〜4年に1度、など様々である(全てシャンバラ時間:1年=地球時間4年)


参考

◎確かにいろんな科学者が一番女性器が維持できる遺伝子を残す方法を研究していましたが・・ (医:女性
◎品種を超えて受精卵を抱える胎盤こそが、彼らの目的です。つまり、発情期は必要がないのです (AR:特権階級のような遺伝子操作
◎自然に逸脱させることがまず必要だったのです。(縄文人の発情期の)遺伝子が外せないのは、それだけ地球とのつながりが大きいからです (次元操作:秋の祭りの真実は?
◎地球時間で8年周期のかれらの発情期 (ベスの日記:2015年4月と5月
◎我々シャンバラの人間は発情期があります。4年に1度の民族もあれば1年に1度の民族もあります (恋愛感情について
◎繁殖期があり、発情期があります。だから発情期には重い仕事は回りません (初心者用2:構造的差異、蕎麦について
◎自分が愛している人間がほかの人間にすり寄っているようなときは本能から嫉妬を抱きます。まあ、大概は発情期の時ですね (来世:自責の念の再質問
◎発情期は1年に1度ではなく4年に一度ですから一回外れると人生での婚活期が減るわけで、相当に覚悟がないとできません。
◎はい、シャンバラ時間です。だから・・・地球では16年に一度ですね(シャンバラwiki個別質問セッション【両性、中性、無性】