地球上での定義は、生きものの体の中に宿って、心の働きをつかさどると考えられるもの。古来、肉体を離れても存在し、不滅のものと信じられてきた。霊魂。たま(デジタル大辞泉)。

シャンバラでの解釈:霊体であるメンタル体を霊魂と言い、大きさが直径30㎝程で、前世のエネルギーと螺旋を描くので陰陽のマークのように見える。人間の魂を上から見ると、ゆっくり左回転しているが、嬉しいとその左回転が速くなり、イライラすると右回転になる。深層メンタル体またはコーザル体になると、3次元的には簡単には見えず、魂は極々小粒とされるが、実のところは大きさもそれぞれのようだ。

人は肉体だけでなく、アストラル体(幽体)やメンタル体(霊体)などの異なる電気で形成する体を持ち、その中で客観的に見て一番深部にある体が魂と言われる。メンタル体が最深部の人はメンタル体=魂、コーザル体が最深部の人はコーザル体が魂である。ここで混乱しやすいのが『大いなる自己(シャンバラwikiキーワード【大いなる自己】参照)』との違いであるが、魂が「客観的に見た最深部の体」とすれば、大いなる自己とは「内観で認識する最深部の体」つまり自身が感じる一番深い場所の自分、という事になる。自身の認識出来る大いなる自己がアストラル体で、客観的にその人の最深部=魂はコーザル体、という場合も少なくない。

魂自体に性別はないとされるが、アセンションを経験するこの時代に生まれてきた者達は、肉体並びにアストラル体の性別が一致し、更にメンタル体もそれらの体に影響される性別の姿を取ることが多い。尚、来世肉体の性別を決定付けるのは、その人が地上で亡くなった瞬間の周波数が地球の波動に対して協和・不協和音になることによる。協和音の場合は男性、不協和音の場合は女性となる。

魂には個性がある。強い魂、弱い魂、動き回ることが好きな荒魂、静かに座っているのが好きな静魂など想像以上に個性的であると言われる。そういった自分本来の魂に戻った時、ストレスが発散されたと感じるようだ。また、いろんな魂があるから面白いのであって、普通と違うことを異常とするのは危険である。

アストラル体だけしかない人間は、通常5~6回の転生で魂が消滅するが、メンタル体があると延々(地球上で20回以上)と生まれ変わる。しかし違う星への転生の場合、5回も繰り返すと消える。星間を移動するのはコーザル体である。コーザル体をもつのはかなり古い魂だが、それでもアストラル体、メンタル体のどれかが欠けている場合もあるため、完璧な魂はないのかもしれない。

転生するのは、魂は(体を羽織って)生まれないと成長できないからとされている。そして魂を成長させる最短で最高のプログラムは、普通の生活にある。自分を許せない心があると遺伝子に傷をつけることになり、すなわち魂に傷がつく。(魂である)メンタル体や、時には深層アストラル体にまで傷がつくこともある。そうすると流産、死産、早産になるか、生まれても魂の成長が遅れること、何より充実した人生にならないことが問題になる。

地球産の魂はなく、すべての魂は他の星からの転生とされている。それら魂は元の出身星に帰ることはなく、星へ同化することも、転生が相当進まないと無理である。新しい星系からの転生者は、転生回数も少ないため地球での転生も少なく、逆に古い星系からの転生者は永遠に近いくらい転生を繰り返す。ただ、ザインに巻き込まれると、永遠の寿命を持つと言われるワンダラーといえども消滅してしまう。そのワンダラーは、他宇宙で発生した魂(コーザル体)であることから、この宇宙で生まれた魂とは全く違う電気を持つ。

魂の振動からくる暗号が一人に一つあり、それをマントラという。マントラを知ったものがその人を支配できてしまうため、『マントラは教えてはいけない』という鉄則がある。マントラ(魂の名前)というと基本コーザル体を指すが、広義には浅層メンタル体にまで及ぶ。つまりその人にとって一番深い体=魂の名前のことなのだ。マントラを知るとコーザル体(持つ人のみ)を目覚めさせることができるとも言われているが、人生を踏み間違えるそうなので、知らないほうがいいようだ。


参考

◎そしてメンタル体は霊体と言います。霊魂と言いますが、感覚はたぶん火の玉のようなもの。大きさもせいぜい直径が30cmほどではないでしょうか?前世のエネルギーと螺旋を書くので、陰陽のマークのようないでたちです。
◎最後に深層メンタル体、またはコーザル体です。魂の珠、つまり粒です。もちろんそんなに簡単に見える者ではありません (C:粒の存在
◎魂もすぐに消える魂、少し長く存在する魂などあるのです。確かにコーザル体レベルでは原子のように極極小粒とも言えますが、それも3次元から見たことであり、実は大きさもそれぞれ (科学:魂について
◎人間は魂自体上から見てゆっくり左回転をしています。うれしいと左回転は高速になり、逆にイライラすると右回転になります (次元をゆっくりと
◎Q. 強い魂と弱い魂の定義は何でしょうか?
強い魂→度胸がある、必ず生き抜く、あきらめない?
弱い魂→臆病、怖がり、ふんばれない、儚いタイプ?
A. 人の言動に動じない、影響されない魂が根幹となり、今言った3つが加わります。弱い魂もです (生まれ変わりの目的 善悪
◎死んだ瞬間に性別が決定するということです。死んだその時に地球の波動に対して不協和音であれば女性、協和音であれば男性に生まれ変わるという物理的な問題なのです (3つの質問:魂についておさらい色々
◎人間には荒魂(あらたま)、静魂(しずたま)とみなさんが思う以上に性格が違います。魂(メンタル体)にも個性があるのです。荒魂は動き回ることが好きな魂です。悪く言うと落ち着きがない。こんな人に一日おとなしく椅子に座りなさいと言われても慣れていないので疲れます。静魂は静かに座っている方が得意。ですから逆におとなしすぎる、動きが遅い。こんな人が大勢の中にで仕事をすると疲れます。
◎元の自分に戻るとき人はストレスが発散したと思うのです (ストレスと魂
◎いろんな魂があるから面白いのです。子供が常にハイハイから歩き、走る工程をたどるわけではない。時にハイハイをせずに立ち上がることもあります。それを異常という言葉でひっくるめて考えるのは何とも危険です (科学:魂について
◎アストラル体も転生をします。回数は少なく5回ないし6回もすると宗教で言う通り死ぬと消えます。一方メンタル体は延々生まれ変わります。ただしメンタル体より上のランクでなければ星の転生を5回も繰り返すとやはり消えます (メンタル体とアストラル体について
◎じつは星間を移動するのはコーザル体です (初心者用:シャンバラの子との融合について
◎アストラル体までしか持たない人の生まれ変わりは1~5回、メンタル体までの人は地球内で20回以上生まれ変わるし、コーザル体まで持つ人は他の惑星にまで及びます (【ELB-1:超能力、part 1】Enjoy Life Basic☆
◎ハイアーセルフとは内観した時の最高に深部な部分を言います。それに比べ魂とは客観的な深部の部分を言います。ですから内観ではアストラル体までしかわからない人が実は客観的な視点ではコーザル体まで持っていることあります (3つの質問:魂についておさらい色々
◎Q. コーザル体を持つ人がいるとすれば、どんな流れの魂なのでしょうか?A. 時にビッグ・バン前の魂と言われることもあります。まあ、それはないとおもいますが、しかし、古い魂です。この魂を持ち合わせていても肉体からアストラル、メンタルのどれかがかけている場合もありますから、完璧な魂はないのかもしれません (科学:『アストラル体とメンタル体』さらに追加質問
◎Q. ワンダラーにはこの宇宙のコーザル体の方たちとは何か違う要素があるのでしょうか?A. 魂の電気が全く違います。というのも発生は他の宇宙なので根本的に宇宙では異物です。また、宇宙ができてから出来上がった魂も数限りなくあります。その中でコーザル体もありますが、異物ではないので容易にほかの星に転生するのです (3つの質問:魂についておさらい色々
◎生まれないと魂は成長しないからです (質問です!!
◎普通の生活が一番魂を成長させるには最短で最高のプログラムです。普通でないことにあこがれても仕方がない。カルマをせーーー一杯しょって次回の人生はそれだけで自分を責め続けることが使命になります (刷り込みだ——シャンバラからの講義3
◎Q. 魂の傷とは、”メンタル体に傷がついた”ということなのでしょうか A.はい、深層アストラル体にも傷がつくという時もあります。
◎(魂の傷の原因は)自分が許せない心がある限り遺伝子に傷をつけるのでそうなります。
◎生まれることに反発が起き、流産、死産、早産の元になります。すべてはフロッピーに傷がついた結果です。もちろん魂の成長が遅れることもありますが、それより充実した人生にならないことが問題です (医療班:魂の傷 復讐
◎地球産はありません。すべて他の星からの転生者です。魂に関してですが。ただリアルな肉体レベルでは遺伝子上振り分けはできます。
◎別の星でまた一人の人間として数世代にわたり転生を繰り返します。金星人という人たちの中にもかつて地球で生活していた人たちがいるということです。出身星に帰ることはありませんし、星に同化も相当進まないと無理です。
◎古い星系生まれと、新しい星系生まれとの違いは、その星で何回転生をしたかにかかっています。新しい星系では転生回数も少ないため、地球に居られる時間も限られることがあります。逆に古い星系からの転生者は永遠に近いくらいに何度も転生を繰り返します。
◎Q. 永遠=寿命がないことになりますが、例えばザインに巻き込まれたら、ワンダラーといえども消滅してしまうのでしょうか? A. はい、消滅します。だからザインは恐怖の大王とも言われるのです (C-3:魂と寿命について
◎マントラとはその魂の振動からくる暗号みたいなものです。名前ではありません。ただ、一人に一つなので名前と付けただけです (初心者用2:魂の名前・言葉と周波数について
◎そう、まずマントラは人に教えてはいけない。これは鉄則よ。理由は知ったものがその人を支配できるから。これは確かにそうだと思う (C-2:魂の名前は黙っていたほうがいいのですか?
◎「魂の名前というと基本コーザル体の名前を指します」というつもりでした。しかし、広義には浅層メンタル体にまで及びます。まあ、その人にとって一番深い魂の名前だと思ってください。
◎(コーザル体を目覚めさせるには→)はい、魂の名前を知るとできるともいわれていますが、ただし人生を踏み間違えるので、知らない方がいいと思います (C-2:コーザル体