ほとんどの真核生物細胞での呼吸(好気代謝)器官。高エネルギー源のアデノシン三リン酸(ATP)を合成しており、細胞の発電所にたとえられる。ミトコンドリアはもともと独立に生活していた好気細菌が、原子の嫌気的な真核細胞に共生したという説が広く認められている(ヴォート生化学より)。

シャンバラからの情報は多岐にわたる:

歴史:ミトコンドリアは昔は細菌として独立しており、細胞に寄生してその細胞の染色体を食べていた。その後、細胞が核膜を作り染色体を保護する一方で、ミトコンドリアを取り込み共栄共存が始まった。縄文人を除く地球人のミトコンドリアは、地球外生命体(extraterrestrial, ET)により遺伝子操作がなされている。

機能など:浅層アストラル電気の発電機構はミトコンドリアである。身体中のミトコンドリア間で情報を共有しており、免疫システムにおいて重要な役割を担っている。ミトコンドリアの種類によっては、対放射能遺伝子、次元移動用、メンタル体遺伝子をもつ。

特殊ミトコンドリア:対放射能(x線、γ線など)および対紫外線の能力を持ち、放射線エネルギーを取り込んで使うことができる、肉体の遺伝子として地球の波動に一番協調しているなど、他のミトコンドリアとは大きく異なる性質をもっている。ET により植えつけられた。特殊ミトコンドリアにも、男性にだけ継承されるミトコンドリア(男系ミトコンドリア、遺伝子操作されていない)もしくは女系ミトコンドリア(遺伝子操作されている)の2種類があり、前者をもつ者が縄文人、後者をもつ者がユダヤ人(= J人)と定義されている。

その他:ミトコンドリアは水で活性される。レプティリアンとチュパカブラはミトコンドリアを餌にしている。


参考

◎細菌説は確かです。ミトコンドリアが細胞に入る前は細胞に入って染色体を食べていました。
◎このミトコンドリアの凄い所は、どんなに遠い部位(心臓から爪の先)でも情報を共有する特技をもっています。
◎ミトコンドリアは対放射能遺伝子と次元移動用とメンタル体遺伝子があり、その関係で子宮が変わってくる構造になっています。
◎ミトコンドリアも遺伝子操作はされているので12士族に分かれたのです。しかし、まったく操作されずに、またアダムとイヴを受け入れなかった一族が縄文人なのです (医: ミトコンドリア
◎浅層アストラル電気の発電機構はミトコンドリアだからです (初心者用:大地のエネルギー追加質問
◎我々が言っているミトコンドリアは放射能自体を食べて栄養にしてしまうのです (医: 盲腸と放射能について
◎肉体の遺伝子として地球の波動に一番協調しているのがユダヤ、ないし縄文人のミトコンドリアなのです (A:疑いながら聞いてください
◎この(原爆や原発などの被害があっても大丈夫な)ミトコンドリアを植え付けたのは他の宇宙人です (C-2:人類誕生いろいろについて便乗質問
◎特殊ミトコンドリアが同じなら確かにその通りです。しかし、J人と縄文人では全く違うのです (科学: ミトコンドリアについて
◎ 縄文人・・男系ミトコンドリア(遺伝子操作されていない)・・(中略)。J人・・女系ミトコンドリア(遺伝子操作されている)・・ (科学: ミトコンドリアについて-追加質問です
◎ミトコンドリアを活性化させるものは水です (初心者用:ミトコンドリア
◎これら(レプテリアンとチュカパブラ)のエサはミトコンドリアですよ (A:伝説の中の真実