新ベスのブログ

…as You go with the Flow(流れのままに…)をキーワードに、読者とシャンバラ(Shamballa)の質疑応答を、著者『ベス』がひたすら打ち込んでいく、世界でただ一つの面白不思議スペースをお楽しみ下さい♪

Q MAP(裏の組織の相関図) のご紹介

こんにちは。ブログのシステム担当のKです。

昨日、ブログ記事をシェア出来るボタンを付けました。
普段使っているLINEやTwitterなどに「新ベスのブログ」の記事を簡単にシェアすることが出来ます。各ボタンを押してご自身のID、PW等でログインするだけです。良かったら使ってみて下さい。

さて本題ですが、Deep State Mapping Project(ディープ・ステート・マッピング・プロジェクト)というプロジェクトを存知でしょうか?  Qアノンという存在が伝えている 影の組織のつながりを可視化する というプロジェクトで、DYLAN LOUIS MONROEという方がクリエイターとなり、有名所の組織(フリーメーソンや300人委員会など)や911などの事件・出来事との相関を図にするという試みです。

※【 Deep State (ディープ・ステート)】とは、
日本語では「影の政府」「闇の政府」などと呼ばれ、選挙によって正当に選ばれた政府とは別の次元で動く「国家の中の国家(state within a state)」のことです。
<参考:wikipedia「国家の内部における国家」

MAP内の情報は、Wikipediaや公開されているニュースソースから収取しているようなので、玉石混交で真偽不明のものが多々あるかと思いますが、少なくとも真実を知るための調査の一情報としてご活用頂けるのではないかと思い、ベスさんにご相談してここで紹介させて頂くことにしました。

見ていただけば分かるのですが、凄くすごく細かくて複雑です。
シャンバラからは、「立体の桜田一家(サグラダ・ファミリア)をまっ平らにしたくらい複雑」だとの感想を頂きました。ですが、「立体的に見たらすごくシンプルになる」ようなので、ぜひ皆さま工夫してご覧になっていただければと思います。

ちなみに、中央にある上向きの三角形の頂点(ピラミッドの頂点)の「△」の部分に入る物が今の地球を支配している存在と伺いました。
緑色の部分です。皆さん、お分かりになりますか?
(Kは、分かりませんでした〜😅)

【英語版(オリジナル)】


参照元:https://www.dylanlouismonroe.com/q-web.html
ダウンロード用ファイル(英語版 )


【日本語版】
(Mryさん、情報をありがとうございます!)

こちらの日本語版は、日本人の有志の方が翻訳し作ってくださっているようです。ありがたいですね😄 翻訳されている組織名については、日本語にするとちょっとよく分からなくなってしまうものもあるので、英語版と見比べると良いと思います。


参照元:https://ameblo.jp/ghostripon/entry-12417055443.html
ダウンロード用ファイル(日本語版)

一つ一つ見ていくと、単体で存在しているものは少なく、それぞれが何らかの組織から影響を受けて、また逆に影響を与えているという事が見て分かるかと思います。

英語版の方は、影響を受けている組織別に色付けされているので、興味のある組織の部分を眺めるだけでも面白いと思います。以下ご参考下さい。

ピンク(Antiquity):古代の文明や遺跡系
(Premodern):現代以前のもの
(ET’s):地球外生命体、宇宙人系
(Fascism):ファシズム、独裁的国家社会主義
(MKULTRA):Project MKUltra。CIAマインドコントロールプログラム
黄緑(Depopulation):人工削減
オレンジ(False Flags):偽旗(にせはた)作戦
青緑(Wether War):気象戦争(人工降雨、ケムトレイル)、気象操作
(Trunp Era):トランプの時代

MAPの読み方

START①から赤い矢印の順に読むとのこと。黒の矢印は組織や出来事とリンクしているため、全体を掴んでから細かな箇所を見る事をおすすめします。

画像

以上となります。

疑問や気付きなどがあればコメント頂ければ幸いです!

お読み頂き、ありがとうございました😄

51+
シェアはこちらから:

あなたの質問をお待ちしてます!質問はこちらのフォームから♬
ブログの最新記事をメールで受け取ることが可能です。

 

前へ

追加質問 情報詐欺 あるいは 報道詐欺

次へ

報道機関をお札巻きするには 追加質問

7 コメント

  1. wingmaker

    かなり面白いですね。ウイリアム・ブラムリ-の「エデンの神々」という本の内容と中味がどうなのか?比較して見てみたいと思いました。

    4+
    • Alyssa(K)

      > 扇風機さん

      ありがとうございます。扇風機さんは興味を持って下さると思ってましたw
      比較されてみて、面白いことが見つかったら、ぜひ教えて下さい😄

      4+
  2. Alyssa(K)

    > ごもくさん
    情報ありがとうございます。マイケルの歌詞には、色んな意味が含まれていそうですね。「Man in the mirror」の歌詞は初めて読みました。マイケルは裏の社会を色々と知っていたんだろうなと思いました。人が亡くなるのは悲しいですね。

    > フランソワさん
    本当にタイムリーですよねw 
    URLもありがとうございます!情報がモリモリだぁ…でも、調べる事で心の整理が付くなぁと感じてます。
    ちなみに、△の上の ARCHONS (支配者・闇の勢力)/DEMIURGE(神)も気になっております。色々気になりすぎて、なかなか答えにたどり着けませんw

    > ソラトさん
    シェアボタンですが、ぜひご活用下さい!
    気づいて下さり、嬉しいです\(^o^)/

    > saraさん
    拡散、ありがとうございます〜😄 
    真ん中の三角形を頂点にして立体化すると分かりやすいんですね!
    レイヤーにするといいのかな…?試してみます。

    5+
  3. ごもく(グリュイエール)

    先日、とある方の講演会に行きましたが、
    その最後に、マイケルの
    「Man in the mirror」のPVが流れました。
    この方は、以前マイケルジャクソンの全訳サイトを運営されていたようで(現在は閉鎖しています)、その訳詞も素晴らしく、
    私は初めてこのPVをみたのですが、かなりな衝撃でした。

    6+
  4. フランソワ

    >中央にある上向きの三角形の頂点(ピラミッドの頂点)の「△」の部分に入る物が今の地球を支配している存在

    PINDARとあります。
    その下に配置されている存在との絡みで詳しい内容の記事がありました。
    http://blog.livedoor.jp/genkimaru1/archives/2060440.html
    情報が膨大でクラクラします。

    ちなみに普通に検索して出てくるのは
    古代ギリシアの詩人ピンダロス。
    オリンピック讃美の詩で有名らしい。
    https://blog.goo.ne.jp/gtgsh/e/95d4484a6433766437b2ba91d2994a62

    >古代ギリシャのピンダロスのオードの特徴は以下の三点。
    1 運動競技における勝利者(あるいはその後ろ盾である権力者)の称賛
    2 神々の話(勝利者・権力者の家系に関係するもの・しないもの)
    3 道徳的教訓

    だそうです。
    どちらにしてもタイムリーというか暗示的ですね。

    12+
  5. ソラト

    シェアボタンがついてる!!
    と思って、使っていいか質問しようと思ってました!
    さっそく、使ってみました(*⁰▿⁰*)!
    ありがとうございます。

    7+
  6. sara

    さすがMryさん。面白いもの検索しますね!

    拡散します。

    9+

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Powered by lovecraft & Copyright by 新ベスのブログ

Scroll Up