肉体界においての定義は、「宇宙、遊星、惑星を渡り歩き、それらの次元上昇をサポートする目的で、今回地球に生まれ変わった宇宙の魂を持つ人たち(概要)」であるが、シャンバラの定義では「この宇宙の外、ビッグバン以前からやってきている『永遠の魂』を持つ者たち」である。

ベスのブログ』では、この宇宙で生まれた魂(シャンバラwikiキーワード【魂】参照)の転生、寿命、その後についても折々に説明があり、例えば古い星系に生まれた魂(コーザル体)は、ある星(例えば地球)での転生回数も多く、その寿命も長いとされる。ただし、そのような永遠に近い魂でもあっても、『この宇宙』で誕生した魂には寿命があり、最後は星(惑星など)のエネルギーと同化することでその長き旅路を終える。

しかし、ワンダラーはそのような『この宇宙』の法則には当てはまらず、様々な星、様々な時代、様々な場所を延々と渡り歩き、またそこから別の宇宙へ旅立つことも可能とされている。つまりビッグバン以前から来た『外宇宙』の電気的存在なので、『この宇宙』の魂である電気の質には属さない『異物』的な電気を有する魂であり、永遠の時(2000年を1日とする神の時)を生き続けるとされているのである。ただ星間転生については、電気的に違和感のない『この宇宙』で生まれたコーザル体は容易に移動出来るが、異物であるワンダラーはその電気の質がこの宇宙と異なる関係上、簡単ではないとされている。

そのように永久不滅、と思われるようなワンダラーであっても、ザイン(シャンバラwikiキーワード【ザイン】参照)に遭うとその魂は消滅してしまう。それは死というよりは無に帰す、という表現に近い。

ワンダラーの特徴として、その伝搬力(影響力)の大きさが挙げられるが、それは必ずしも良い方向に使われるとは限らず、例えばワンダラーの一人とされるヒトラーのように、その求心力、巧みな演説による伝搬力は確かに特筆するものがあったが、歴史の暗黒面を象徴する人物であったことも確かである。

更に、パートナーが前世だけでなく、何世代、星系を超えても引かれ合う、そのようなパートナーシップを可能にするのも『この宇宙』においてはワンダラー同士、だけとされる。


参考

◎確かに、永遠の命であるワンダラーなどの魂はビッグバン以前と言えるでしょう (初心者用:星の渡り歩き
◎一般に神の時間は人間時間2000年が1日だと言われています (A-1:伸縮自在の時間について
◎違和感があるならワンダラーの可能性はあります (C-3:続・個人的な質問
◎ミッションとしてきている者もいますが、 そうでないものもいます (司令官:アンドロメダの司令官さんに質問させていただきます
◎いろんな星を巡り最後は星のエネルギーとして同化します。人が時に死ぬと星になるといいますが本当なんです(転生について
◎古い星系生まれと、新しい星系生まれとの違いは、 その星で何回転生をしたかにかかっています (C−3:魂と寿命について
◎Q. ワンダラーはビッグバン以前(外宇宙)の魂、ということですが、この宇宙からまた別の宇宙へ移動することも、可能でしょうか?(星間だけでなく宇宙間も転生移動できるのか?という疑問です)A. はい、可能です (科学:コーザル体とワンダラー
◎魂の電気が全く違います。というのも発生は他の宇宙なので根本的に宇宙では異物です (3つの質問:魂についておさらい色々
◎はい、消滅します。 だからザインは恐怖の大王とも言われるのです (C−3:魂と寿命について
◎決してワンダラー=善人ではないのです。そういう意味では具体的な例としてヒットラーが挙げられます。さあ、どう解釈しますか? (科学:コーザル体とワンダラー
◎Q. パートナー同士お互い「ずっと共にいたい。次も会いたい」と心から想う場合、例えば何世代、星系を股にかけて、というような感じで続くパートナーシップ、というのは存在するのでしょうか? A. ワンダラー同士はそれが可能です。しかし、他の人種はまずありえません。私も見たことがない (様々な恋愛事情