Articles

サニワ(審神者)

審神者(さにわ)とは、古代の神道の祭祀において信託を受け、神意を解釈して伝える者のことである。後には祭祀の際に琴を弾く者を指すようにもなり、近現代の新宗教団においては、人についた神や霊の正体を明かしたり、その発言の正邪を […]

ザイン

肉体界地球では殆ど知られていないが、シャンバラ並びに銀河宇宙においては、ザインというエネルギー体が存在するとされている。 ザインは、原子のすべてを構成する電子の回転そのものであり、人間、動物、鉱物、宇宙すべてのものと繋が […]

次元

肉体界における次元とは、「空間の広がりをあらわす一つの指標」である。またその転用表現として「次元が違う」(観点・尺度)、「異次元世界」(世界)などという(Wikipediaより)。 シャンバラでも同様に、「3.5次元から […]

次元移動

肉体界における「次元移動」とは、次元上昇(アセンション)、パラレルワールドへの移動、異次元への移動など、文脈により様々に用いられている。 シャンバラでいう「次元移動」とは、「いくつもある『もし』の世界(シャンバラwiki […]

次元操作

地球上では次元操作という概念がなく、用語としては殆ど使われていない。シャンバラでの定義は、読んで字の如く「次元を操作する」、すなわち、現状(現次元)を自分の望む環境、状態の『次元』へ変化/移動させることで願いを叶える、自 […]

磁石

磁石(じしゃく、英語:magnet、マグネット)は、二つの極(磁極)を持ち、双極性の磁場を発生させる源となる物体のこと。鉄などの強磁性体を引き寄せる性質を持つ。磁石同士を近づけると、異なる極は引き合い、同じ極は反発しあう […]

地縛霊

地縛霊とは、自分が死んだことを受け入れられなかったり、自分が死んだことを理解できなかったりして、死亡した時にいた土地や建物などから離れずにいるとされる霊のこと。あるいは、その土地に特別な理由を有して宿っているとされる死霊 […]

シャンバラ温泉

シャンバラ温泉とは、シャンバラにある深層(あるいは浅層)アストラル体で利用する温泉であって、肉体界には存在しない。 温泉の種類は、自分のオーラの色に対応した温泉、チャクラの調整を目的とした7色温泉、オーラの調整をする金色 […]

シャンバラの姿

『ベスのブログ』読者など肉体界からシャンバラにアクセスする人が、シャンバラで具現化(固定化)される自分の姿を指す。「シャンバラの子」という言い方が、ブログ内では多用されている。このような第3者的表現になるのは、肉体が自覚 […]

収穫

肉体界においての定義は「成熟した農作物を収集すること。一般的には農作物に使う言葉だが、漁業や林業でも稀に使われる。」(Wikipediaより)である。 シャンバラでは「排除」という意味が含まれることもある。 連合加盟を目 […]

周波数

周波数(しゅうはすう 英:frequency)とは、工学、特に電気工学・電波工学や音響工学などにおいて、電気振動(電磁波や振動電流)などの現象が、単位時間(ヘルツの場合は1秒)当たりに繰り返される回数のことである。短縮し […]

守護神

守護神(しゅごしん)とは、何かを守るのが役目の神、またはそれに準ずる存在。守り神(まもりがみ)とも呼ばれる(英語:guardianなど)。ちなみに、守護霊(しゅごれい、英 : guardian angel, guardi […]

守護霊

守護霊(しゅごれい、英 : guardian angel,guardian spirit)とは、人などに付きその対象を保護しようとする霊のこと(Wikipediaより)。 シャンバラからの情報によると、守護霊とは、魂の目 […]

松果体

肉体界において松果体とは、脳内の中央、2つの大脳半球の間に位置し、間脳の一部である2つの視床体が結合する溝にはさみ込まれている。概日リズム(体内時間)を調節するホルモン、メラトニンを分泌することで知られる(Wikiped […]

縄文人、ユダヤ人

地球上において、縄文人・ユダヤ人は次のように考えられている。 縄文人:日本列島の縄文文化と呼ばれる文化形式を保持していた集団。遺伝子は南アジア人と近い。縄文時代は紀元前1万2千年~紀元前2400-2800年(諸説あり)、 […]

シリウス

肉体界においては、おおいぬ座で最も明るい恒星をいう(おおいぬ座α星)。肉眼では1つの恒星に見えるが、実際には、シリウスAと呼ばれるA型主系列星と、シリウスBと呼ばれる白色矮星から成る連星である(Wikipediaより)。 […]

神官

肉体界では 『国家の官吏をして何らかの神に仕える者、または神を祀る施設に奉職する者のことである』(Wikipediaより)。 シャンバラでは、土地のエネルギー調整のため魔法陣を張り封印を行う者で、通常、サニワや他の神官と […]

潜在意識

肉体界において潜在意識とは、無意識化で24時間休まず活動し、意識のうちの大半を占めるため無限の可能性を秘めている、といわれる。それに対応する意識が、顕在意識とされている。 シャンバラでの解釈は、約2,000年前のうお座時 […]

前世

一般的には前世(ぜんせ)とは、ある人生を起点として、それより前の人生のことを指す。 転生を認める世界観ならば、必然的に内包する概念である。 人の転生が何度も繰り返されているということを認めるならば、全ての人は皆、ひとつで […]

先祖霊

Wikipediaでは、祖霊(それい・みおやのみたま)とは、先祖の霊のこと(祖霊:Wikipediaより)。また、祖霊信仰(それいしんこう)もしくは祖先崇拝(そせんすうはい)とは、既に死んだ祖先が、生きている者の生活に影 […]