オーストラリアのグリフィス大学ハワード・ワイズマンの研究チームは、量子物理学を元に、宇宙はお互いに重なり合った状態で存在し、干渉しあっているのではないかと発表した(IRORIOPhysical Review Xより)。

シャンバラ科学班によると、宇宙とは多次元の重なり合いで、すべて電気で構成された思考の世界と定義している。ただし、ここで彼らの言う『思考』とは空想、妄想のことではなく、次元を創造し変化させる思念エネルギーのことで、このエネルギーこそが宇宙空間を変化させ、次元宇宙を変化させていると考えられている。

地球は現在4次元であるが、『もし』の世界を入れれば5次元になり、アセンション後の2016年からは願い事が叶いやすい次元に入っている。シャンバラでは、7次元以上=異次元の重なり、を多次元と呼ぶらしい。


参考

◎厳密に言うと皆さんも多次元存在です。4次元ですからね。アロムさんのいわんとするところは、もしと言われる世界も知っているということです。
0次元 点
1次元 線
2次元 平面
3次元 立方体
4次元 立方体で時間の重なり=皆さんの世界
5次元 立方体と時間の重なりの重なり=もしの世界
6次元 立方体と時間の重なりの重なった世界の重なり=異次元を含めたもしの世界
7次元 異次元の重なり=ここから面倒なので我々は多次元と言っています(笑) (初心者用:いろいろ質問
◎科学班では「宇宙とは多次元の重なり合いであり、すべては電気で構成された思考の世界」。空間とは多次元の時間空間を切り取った断片 (B:言葉の質問
◎人間が多次元を見る時の脳波というのは、θ波からいきなり覚醒した時に起きます。その時に覚醒が進み脳の多次元を感じる脳の部分、後頭葉においてみるわけです (保留リベンジ
◎同じ4次元ですが、もしの世界が入る5次元世界になります。そうなると、願い事が叶い易くなります。5次元の感覚が出てくるので、時間に対して柔軟になるでしょう (A‐1:アセンション後はさらに多次元になるのですか?