一般的には前世(ぜんせ)とは、ある人生を起点として、それより前の人生のことを指す。 転生を認める世界観ならば、必然的に内包する概念である。 人の転生が何度も繰り返されているということを認めるならば、全ての人は皆、ひとつではなく多数の前世を持っているということになる(Wikipediaより)。

シャンバラでは、前世とは現在より前に体験した人生を指すが、過去だけでなく未来をも含む(転生が一方向とは限らないことがその要因である)。前世の性格と現在の性格は真逆といわれ、現世の自分はしばしば前世の容姿に惹かれることがある。

前世が歴史上の人物だったりすると、次は休憩のため平凡な人生になることがある。更に、親の遺伝子から突出していたり、違和感がある人の前世は未来、つまりその人は未来から過去へ転生した、ということになる。

右脳は前世のフロッピーが支配しているとされ、毎日の人生の中で心ときめくことがあれば、それは前世でもときめいている(いた)ということである。

シャンバラでの姿は、(実際に生きた)1個前の前世の姿であることが大半である。


参考

◎死ぬ瞬間の周波数があまりに低いと過去に転生もあり得ます (宇宙からの転生)(B:転生
◎今結婚している人は夫を妻を、独身なら付き合っている人、今はいないけどかつていましたって人はその中で印象的な人を体系、性格、もちろん顔を思い出してください。はい、それが前世のあなたの容姿です (生まれ変わり
◎無自覚な転生者が実は前世で歴史上の人物でもあるのです。そう、まるで歴史に翻弄された人生だったから、次は休もうねと言わんばかりの流れです (C-3:5回滅亡した地球と生まれ変わり3
◎歴史に名を連ねるほとんどの人がフロッピー(前世の記録)を複数枚持っていました (A:二つ魂を持つ人
◎皆さんも前世で今世に影響する前世と無意識に言っていますが、それがこの右脳で起こっているのです (B:人生の課題がわかるヒントはあるのでしょうか
◎Q. シャンバラの姿が直前の過去世の姿が多いというのは時系列的にではなく、生きた順番の一個前ですか?A. 1個前です (A:シャンバラでの容姿や年齢+追加質問