対象者の生年月日・名前を書いた白い紙を経本に挟むことで、挟まれた人の荒い周波数は経本に書かれた文字によって吸収され細かくなり安定する。霊(低い周波数の念エネルギー)が憑いている場合は、それを吸収し成仏させる(浄霊する)。対象者が楽になることで状況が好転し、問題が改善する効果があるとシャンバラでは考えられている。同じような効果を持つ“お札巻き”という方法もある。この2つは殺菌(お経巻き)と除菌(お札巻き)の違いのようなもの。そのほかに、お経巻きは挟んで放置し「フラットな気持ち」で行うのに対し、お札巻は、お札に語りかけるなど「念を込める」というような違いがある。それぞれ注意点や応用がある。

*用意するもの*

白い紙1枚、お経本(般若心経の載っていないもの、聖書OK、 「ヨハネの黙示録」は効果なし)

*やり方*

  1. 白い紙に対象人物の生年月日と名前を書く(1冊に必ず1人のみ、顔を思い出しながらゆっくり)
  2. 文字が内側になるようにタテヨコ4つ折りにする
  3. お経本にはさむ
  4. 気が向いた時、中の紙を燃やす
  5. 同じ人をはさむ場合は1週間あける

参考

◎お手軽度ナンバーワンのシャンバラの知恵『お経巻き』 (初心者用:お経巻きとお札巻きのやり方
◎電気の塊を取ります。荒い念エネルギーを吸い取ってくれます。頭に血が上りやすい人を冷静にさせます (自分をお経巻き
◎会社全体だと、会社の創立年月日を書き、挟む人は社長。部、課、と限定するときはその責任者の名前と生年月日(わからなければ顔を思い出しながら)を挟むこと (C-2:お経巻き・・・会社の場合
◎効力を感じなくなったら交換をお願いします (お経巻と土地
◎お経巻はマイナスの周波数をゼロにする行為 (C-3:お経巻と周波数
◎お経は地面や体、大気、物などに振動を与える(共鳴)効能がある (お経巻と文字
◎般若心経は本当に強いのでやめておいた方がいい (質問あざーーーす ♪
◎お経巻きは巻いたことを思い出したら燃やしていい (お経巻き報告
◎お経巻きは荒い波動を濾すといいます。だから心がとがった時はお経巻きがいいのです。荒い波動が消えて楽になります (セミナー回答より)
◎(効果が出ないときは)思い当たる人を片っ端から挟んだ方がいいです (医:自分の念
◎人を恨んだりしているときはお経巻 (医:念エネルギーや心について
◎お経まき・お札まきの使い分け (A:お経巻きについて質問 + 追加質問
◎お経巻き:種類としては神官、魔法陣。ただ経本に挟むだけというフラットな気持ちで行うから。神社では伊勢系など(2017年1月15日ファーストセミナー質疑応答より)