親から子へ伝えられる遺伝情報、身体の設計図の最小単位。ヒトは約60兆個の細胞からできていると言われており、細胞それぞれが「核」を持ち(赤血球は例外)、その中に蓄えられているDNAが遺伝情報(=遺伝子)を保持している(「タンパク質の一生」永田和宏)。

シャンバラからの情報として、DNAの二重らせんには芯があるが、変性電気から構成されているためにリアルで見ることはできない。芯の断面が、宇宙人や人種によって異なっており、神と言われる宇宙人・ユダヤ人・縄文人は六芒星の形を、シャンバラの人々・その他の地球人は五芒星の形をとっている。その芯はDNAと同様に右巻きである。地球上では、六芒星はエササニよって創造されたメンタル体所有の地球人、五芒星は六芒星が改変されアストラル体だけでメンタル体が入れないようにした客家等の人類、という区分けなってあらわれている。DNAの構造と変性電気には対応があり、断面が六芒星のDNAは塩基12個で一周り、五芒星のDNAは塩基10個になっている。

遺伝子の機能としては、感情なども遺伝子が関与しており、例えば『怒り』などは遺伝子の長短により怒っている時間の長さが変わってくる。また自殺の遺伝子もほとんどの人がもっているが、自殺をする/しないは遺伝子が発動するかしないかで決まる。シャンバラの人々(殆どがアストラル体)も遺伝子により作られた身体を持っているが、肉体界の身体と比べると、遺伝子の数そして関わっている電気の周波数が全く異なる。


参考

◎皆さんは遺伝子を形状にすると螺旋状になると習ったと思いますが、実はあの真ん中に芯があり、その芯の断面図が神と言われる宇宙人が六芒星、地球人が五芒星なのです。(略) (第三回カムカム講座「天命に添ってお金を稼ぐ」)
◎Q. DNA芯が六芒星の人達(宇宙人含む)は塩基12個で一回転なのでしょうか?(中略)A. まさしくその通りです (AR:二重らせんの芯について + 追加質問)
◎遺伝子とは肉体を構成するもの(つまり魂の入れ物の設計図)
◎生まれるときに適当な身体を選んできているが、遺伝子と魂とで電気的な引き合いなどはある (医:遺伝子とは?+追加質問
◎自殺遺伝子はほとんどすべての人間がもっています。発動するかしないかはその時の周波数で決まる感じです (医:自殺の遺伝子
◎J人と縄文人の遺伝子に六芒星があり、それ以外の人類は五芒星であるという違いは、転生を目的としてエササニの創造したメンタル体所有の地球人と、それを改良したアストラル体だけでメンタル体が入れないようにした客家等の人類、という区分けになる (地球:磐座や石について追加質問と、J人と縄文人について