肉体界における「次元移動」とは、次元上昇(アセンション)、パラレルワールドへの移動、異次元への移動など、文脈により様々に用いられている。

シャンバラでいう「次元移動」とは、「いくつもある『もし』の世界(シャンバラwikiキーワード【次元】を参照のこと)を移動すること」を意味し、それは「隣の次元に移動すること」「別の周波数へ移動すること」「別の電気濃度空間へ移動すること」とも言い換えられる。肉体全体で移動しており(これが肉体にオーラが生じる理由のひとつ)、細胞自体に次元移動の幅が限定されているために、ゴルフボールが過剰に坂を駆け上がるような無理な移動は起こらない。

我々は常に次元移動しており、個人の移動は多くの場合その時の瞬間的な周波数に基づく(例:コイン投げ)。行く方向は潜在意識が決めているが、場合によっては「引きずられて動く(巻き込まれる)こともある。挽回するには「初心に戻ること」。

次元移動のエネルギーは、地下のマグマより発電された電気を我々が吸い、吐き出した上で溜まった念エネルギー(シャンバラwikiキーワード【念エネルギー】を参照のこと)であるので、その念エネルギーの周波数如何では、集団で天災の起きる次元へ向かうこともある。上記の通り、次元移動には個人の移動と集団(群霊)としての移動がある。

  • 広角次元移動

銀河誕生から始まる膨張により、数々の星がそれぞれ特定の位置にきたときに生じる、非常に稀な次元移動空間。当初はアンドロメダ接近がその理由と説明されていた。

2016年9月に始まり、2017年6月頃終了見込みで、人類が遭遇するのは今回の一度きりと言われる。通常の次元移動はよくゴルフ場のボールに例えられるが、広角次元移動は「うねるグリーン上でゴルフをするようなもの」と言われ、そのうねりは計算によるとほぼ1ヶ月おきに生じる(2016年9月のうねりは大きく、10月は小さかったが、11月には再び大きくなる模様)。

このうねりによって通常では届かない周波数に移動が可能となるため、この期間は願ったもの勝ちになる。期間を過ぎた後は一本道で後戻りはできないと言われ、これはバシャールのいう「それぞれ走り出した列車間での乗り換えが不可能になる」ことと同義とされる。

2017年6月9日に広角次元空より脱出。2018年10月まで「願いごとがかないすぎるくらい叶う」現象がみられるため、発言には十分注意が必要とのこと。


参考

◎Q. 今の世は仮の世といいますが、心の世界で「パラレルワールド」私が気がついていないだけで、実は心の状態で移動している?A. いいえ、肉体全体で移動しているんです。
◎みなさんは手をパーのままで自分の顔にゆっくり近づけてみてください。ぽわーんとした圧迫感、ピリピリ感、暖かい感覚など何か知らないエネルギーを感じると思います。それがオーラです。そう、オーラは触れるのです。これは次元を移動するときに起きるシールドみたいなものです。
◎つまりこのシールドがあるということはこの瞬間にも皆さんは次元を移動しているってことです (次元をゆっくりと
◎細胞自体に次元移動の幅が限定されているので、ゴルフ場のボールがわずかにパターで打ったのに、坂を駆け上がることはないです。それくらいの限界はあるわけです。
◎次元移動は明らかに瞬間的に起きます。一番早いのはコインを投げて人生を決めるとき。「Aという会社に入る」か「Bという会社にはいるか」の選択です。コインが手に落ちるときに、潜在意識が自分の生きるべき人生を選択してその面を上に行くように移動します。かなり難しい2択でも的確に表します。
◎Q. 私としては①人生は双六でスタートとゴール&何度かある宿命地点は変えられない。A. 宿命地点とは本当に場所です。そして変えられないです。②その他は無数の平行世界から自分で選んで移っていく(ラーメン食べるか餃子定食にするかという程度の小さな選択)。A. 自分で選ぶのが潜在意識であることは理解してください。③大きい次元の移動はある程度期間があって、移動するタイミングまでにどう生きてきたかでアップとかダウンとか決まる。A. どう生きてきたかではなく、どんな精神状態だったかです。大きい次元移動でも瞬間的にきまります。
◎個人的な次元移動ですが、今否定したところは決してすべてに否定したのではなく、集団の霊=群霊では起きうることなのです。ほとんど3つとも当てはまります。群霊とは国家、民族などの多数の意識のことです (運命、宿命、次元移動
◎隣の次元に移動するということは、周波数の違う世界に入るということ (初心者:瞳の色
◎次元エネルギーとは地上10mの高さと地上100mの高さでは、それぞれ次元が違うという観点にあります。その次元の変化に対応する回転が、次元を移動するというのです。ジェット機は?もちろん回転しています。次元とは電気の濃度です。つまり電気を媒介にして移動することです。だからUFOはどこかしら回転しているのです。多次元(他の電気濃度の空間)に移動するときは回転を速めて移動します (初心者用:飛行機(リアル)が何故飛ぶのか
◎>怒りの波動でトイレばかりでなく他のものもこわれていたと思いますよ。>共鳴でなく壊しているんですよ。いや、壊れる次元に入るんですQ. その人自身がその次元に入ってしまったということですか?恐怖を感じた(同調した)人も入るのでしょうか?A. もちろん引きずられた人は出ると思います (怒り・・・
◎Q. 悪い流れを断ち切り、いい方向に次元操作し軌道修正するには、どういったことを気を付けるのがいいでしょうか A. まず立ち止まる。前に進むか引くかでなく立ち止まって周りを見ましょう。1日保留でいいのです。(中略)そして、初心を思い出す。(中略)一番いいのは人に話すと相手からのアドバイスではなく、客観的になりやすくなった自分が見えてくるものです。そしてそんな中シャンバラにきているみなさんにとって一番のアドバイザーがいるではないですか。それが担当です。部屋で担当にすべてをぶちまけてください (次元操作:流れが悪いときの対処法
◎天災は人の心の乱れが起こすことは当然と考えていただきたいのです。人の心に鬱積した集合体があるとそれが大地に響き地震、台風という別のエネルギーに変換されます。だって地下のマグマが発電した電気はみなさんが吸い取り吐き出しているのですから、その吐き出したエネルギーがたまれば、次元移動をしていい方向か悪い方向かの二択に移動するわけです。だから政(まつりごと)が祭りと政治とが重なるのです (災害(修正)
◎Q. 広角次元移動・・・って何ですか?A. 要はなんでもありなので、願い事を言ったもの勝ちというところでしょうか。航海で起きる無風状態です。どこに流されるかわからないのです。ただ、今までの経験が知識として邪魔にもなります。なぜなら打った方向に行かない。そうですねゆで卵でゴルフをするようなものです。それでもうごかない人間にとって非常に不利になります。だからポケモンGOって?wwww動かす。それがまず先です (次元操作:広角次元移動について教えて下さい
◎広角次元(移動)はアンドロメダが近寄ってくることで起きているレアな経験です (エッサッサ:エッササからの訪問団2
◎Q. 広角次元移動の方向を決める因子は何でしょうか?A. 念エネルギーです (AZ:指導と広角次元移動について + 追加質問
◎Q. 今現在の広角次元移動では何がどうなって「なんでもあり」 になっているのでしょうか。A. うねるグリーンに立ったようなものですwww。
◎Q. 広角次元移動では後戻りはできない、その先は一本道、 それでも今後も次元移動は可能、とのお話ですが、 これはバシャールの表現でいう「列車の乗り換えが不可能になる」 ことと同義でしょうか。A. はい、その通りです。
◎広角次元移動が起きる理由はむしろ銀河系の性質によるものです。アンドロメダの影響が全くないとは言えませんが、それよりも銀河系のブラックホールを中心に回転している多くの星々がこの位置に来ると広角次元空に入り込みます。原因は銀河系ができた初めに戻るのですが、とりあえず今はそんな場所に突入していると思ってください (次元操作:広角次元移動についての質問です
◎Q. 広角次元移動は無くなったのでしょうか?A. とんでもない!本格的は来月9月からです。今年いっぱいは続きます。
◎広角次元移動のあとはたった1本の道しかないということかな・・・。そのどれに入るかわかりませんが、いったん入ったら戻ることも避けることもできません。しかし、いったん成長の道に入ると驚くほどの発達を見ます。もちろん社会的にも安定して、少なくとも災害が激減します。金星がまさに今その状態です。災害波にひどい崩壊を見ても死者が出ない。もちろんそれなりに注意も警戒もしているのですが、ここまで被害が出ないのも珍しいのです (AR:エササニの件と空中携挙説について
◎エササニですら予想のつかない次元に入り込む可能性を秘めているということです。それに選択の余地はむしろ広角次元移動時のほうがあるのです (AR:指導星公表に関する質問
◎地球も6月9日から広角次元空より脱出したのでこれからは願いごとがかないすぎるくらい叶います。広角次元空の間はこうしたいという内容が全く予想外の結果を招きましたがこれからは口に出したことがかなうので重々発言には気を付けてください。(中略)この現象は2018年10月まで続きます。お楽しみに (今週の予定 2017.6.11