Xジェンダーの分類のうちの一つ。Xジェンダー(X-gender)とは、出生時に割り当てられたⅯ(Male=男性)、F(Female=女性)の性別のいずれでもない立場、第三の性とも言われる立場をとる人々を指す。両方を区分する限りでは、中性、無性、両性、性別という枠組みから脱する、女性か男性か定まりきらない流動的であるというあり方など人により様々である。(両性、XジェンダーWikipediaより(両性)(Xジェンダー))

シャンバラでは男性、女性以外の性に、両性具有の体をもつ「第三の性」と呼ばれる性があり、【両性】、【中性】、【無性】と区別される。これらの区分は、出生時の検査で子どもを産める遺伝子の有無により法律に定められたものである。

シャンバラでは社会的にも、これら様々な性が認知され共存共栄している。例えば(肉体界で一般的に定義される)性同一性障害に対しても、生まれ変われば何度かは経験するものという認識があり、差別や偏見がない。スポーツではもう何年も昔から男女の枠は外され、人間としての限界を競う意味で行われている。100メートル走や柔道でも男女混合で行われるが、男女の枠を外すことで女性の記録が伸び、女性が勝つことも頻繁に起きている。尚、着替えは日本の温泉施設に見られる男湯、女湯、混浴のように分かれている。

心の性も、男性、女性の二手でなく、本人の自由意思での選択、あるいは選択する必要もなく、シャンバラではありのままの自分で属せる社会がある。

【両性】は、一つの体に男女両方の生殖が可能な生殖器をもち、子供が産める人々を指す。そして非常時にどちらかの性に変化し、完全に発達する。両性が生まれるのは、両親が共に中性遺伝子を持つときである。両性は妊娠可能な女性の1割の70名前後と少ない(シャンバラwikiの『Shamballa基本情報:人口について』参照)。

シャンバラではかつて避妊剤が入った予防接種をしていたことが原因で子孫を残せなくなってきており、子どもが産める両性と女性は、初めから特別な教育機関に入り育てられる。両性がどちらの性を選ぶかなどは機関を出た後決めるが、どちらの性も選ばない人も約1割程存在する。

シャンバラの発情期はそれほど頻繁ではなく、人や地域によるがシャンバラ時間で2〜4年に一度しかない。地球時間では、約8~16年に一度しかないということになる。発情期間も人によりけりだが、期間中夫婦一組一人の出産が主流、まれに二人産む場合もある。妊娠3か月(地球時間1年)まで、つまり胎盤が安定するまでが大事になる。

出産も1人は自分のため(実子として育てる)、あと最低5人は代理出産する(養子に出す)ことを義務付けられている。その5人は安全な体外受精によって妊娠させる場合もある。このことは、出産出来る体を持つ女性、並びに両性者が自由に生きられないイメージに繋がり問題になっているようだ。

両性は自分の体の中で精子、卵子の両方を使い出産もできるが、免疫力に限界が生じるという欠点がある。雄雌混合なのは免疫力強化が主体だからだ。

【中性】は、男女両方の生殖器をもつが未発達なため子孫を残せない人々をさす。ただし、本人が望めば手術ないし遺伝子治療で子孫を残せるが、その子孫が更に子孫を残せるかは生まれてみなければ分からず、確率も5分5分である。

また過去の研究で、平時には中性を、有事には有性を求めるということが分かった。

【無性】は、完全にどちらもなく子どもを残せない人々をさす。子孫を残せないことに対してのトラウマはない。

シャンバラでは子どもができない人たちを「第三の人生」とも言い、天命に加え人のため世のために尽くすことで人生を共有している。行政側からみると、子どもを産まない人たちは未来の納税者を残さないと捉えるため、税率の負担が大きくなる。養子縁組は多く、同性同士の夫婦でも可能であり、そうなると税率の負担は軽くなる。

火星、金星では中性の比率が高く、天使という火星人は中性である。火星では女性が激減、金星でも女性が少ないという問題が起きている。子孫を残すには、中性では生殖が未完成な場合が多い。そのため、種を存続させる手段が必要となる(シャンバラwiki【火星】【天使】参照)。この問題は、現在宇宙規模で起こっている。

人間は死ぬ瞬間に、地球の周波数に対し協和音か不協和音かで男性(協和音)か女性(不協和音)かが決定するのだが、地球の周波数が乱れタイミングがずれると、第三の性になる。最近、この地球の周波数の乱れが大きいため、地球でもこれから第三の性が増えると言われている。遺伝子の防御システムがあるため全員が両性具有になることによる絶滅には至らない、とされている。ギリシア神話に登場するオリンポスの12神の中にも、両性が数人存在していると言われている。

地球周波数の激変は、超音波並みの振動を起こすことで、子どもが産めなくなる。まず昆虫が一番影響を受け消えていく。これは女王蜂がこれらの振動により子供を産めなくなることが原因らしい。そして人類でも起きることだと警告されている。太陽風だけでは女性遺伝子に変化はでないが、地球の周波数が変わると一気に影響を受ける。

両性は、前世での売春や戦場での強姦、強制わいせつなどの虐待の経験から、子宮チャクラが損傷し受肉してもその性を拒絶する状態がおこることで発生する場合もある。戦争の歴史があるほど可能性は高くなり、火星で戦いの天使たちがこぞって中性になるのも同様の原因からである。

ただしそれら前世の影響があるのは40~50代までである。悩んだり苦しい場倍は、お経巻き(シャンバラwikiキーワード【お経巻き】参照)を行うことや、神社に参拝し心のすべてを口に出して語りかけると良い。また、紙に書いてお賽銭箱の近くに置きそれを読んで下さいと言い柏手を叩きそのまま家に持ち帰り燃やすか、お焚き上げをお願いしても良い。


参考

◎遺伝子的に子供が埋めるのか?つまり生まれたときの検査でわかる範囲を言います。
◎両性、中性、無性の3種類です。両性は妊娠ないし精子状態がいい人を言います。中性はどちらも未発達の状態を言います。そして無性はどちらもない状態を言います。中性の場合、本人が望めば手術ないし遺伝子治療で子孫を残せますがその子孫が子孫を残せるかは生まれてみなければわかりません。確率も5分5分。
◎両性は魚でもありますが、非常時にどっちかが完全に発達します。逆にメスが少なければメスに変化する状態を言います。
◎(両性は)単性生殖ではできないこともないのですが、免疫力に限界が生じます。なぜに雄雌混合なのかって免疫力強化が主体ですから(セッション前質問の回答より)
◎(両性は)遺伝子上前世ではなく、両親が中性遺伝子を双方とも持つときに起きます。片方が持っていない状態では起きないと研究されています。
◎Sean:妊娠可能な女性の1割がそう(=両性)です。計算してくださいwww SH:70名前後・・・少ないっ!
◎薬害が筆頭に上がります。避妊剤が入った予防接種です。確かアフリカなどでも同じようなことをWHOはしています。それが度を越すとこうなりますよといういい例です。
◎地下に潜って変化したのは男性の無精子症でした。
◎それで数年に一度発情期の際には地上に出ます。だから発情期には別の住居棟に引っ越すのです。
◎いや、発情期は1年に1度ではなく4年に一度ですから一回外れると人生での婚活期が減るわけで、相当に覚悟がないとできません。
◎SH:いえ、一応確かめたのですが、地球時間で4年、ないし8年に一回、と人による、とお聞きしましたが。 Sean:なるほど、そういわれているのですね。実はその発情期の間隔も広がっているのですよ。
◎SH:一回で約3ヶ月(地球時間1年)と伺っていますが、これも期間はまちまちでしょうか? Sean:はい、状態を見ながらなので一概には言えません。特に胎盤が不完全だったりすると早産させて人工胎盤で維持することもできます。つまり妊娠3か月までが勝負なんです。
◎生殖があることが自由に生きられないイメージがあり、そちらの方が問題となっています。
◎一人は自分のため、あと5人は最低代理出産です。
◎SH:おお、体外受精はやっている?! Sean:はい、やっています。5人はそれですから。
◎Q. 両性は雌雄同体で出産可能、ということですが、最初は男性として精子提供、次は女性として受胎→出産、というような一人で男女両方の生殖を経験することも可能、ということですか?それとも、身体的には可能でも心の性別で自分の性別&生殖スタイルを決める、ということになりますか? Sean:これもJJの回答 — それもできるわね。後は本人がどっちを選択するかですよ。あ、その中にはどっちも選択しないことも含まれるからね。
◎Q. シャンバラでは、子供を産める女性は別の教育機関で育つ(http://gaia-shamballa.xyz/blog/?p=2709)と伺いました。両性の子供の場合は、いかがでしょう? Sean:JJ回答です — 両性の子供は人数的にも非常に少ないので上記の教育機関に入るのよ。どちらにしても出産の知識がないと危険だから。
◎SH:教育されたら女性になっちゃいそうですがww Sean:はい、その洗脳だと一度裁判が起きました。でも、自由選択がある以上洗脳をする気はないと、事実10人に1人は両方選択しないので、それで機関の方が勝ちました。
◎強いて分けることはないというのは男性、女性の二手でなくてもいいのではないかと。
◎ホルモンは関係します。それは遺伝子上のことで、問題は社会はどう見ているかです
◎SH:性別、については、それほど厳格な区別をしていないという事ですね?Sean:そのままでいい。そういうことです。
◎行政から見た第三の人生を話します。まず子供がいない場合「未来の納税者を産まないこと」と行政では見ています。よって出産、子育てになんら関係しない人たちは、優遇より税率の負担が大きいのです。
◎養子縁組は多く同性同士の夫婦でも可能です。その意味では未来の納税者を育てることをしている人は多いのです。税率も低く抑えます。
◎完全にどちらもないという無性と違って中性はどちらも遺伝子治療ないし手術で可能になったの。だから法律上の定義を修正しました。
◎これは過去の研究ですが、平時は中性を求め有事は有性を求めるそうですよ。
◎Sean:JJ回答です — 悩みはないわ。だって周りもそうだから。悩むときは社会的に認められないからじゃない?でもね。生まれ変わりの中でみんな何度か経験しているのよ。だから理解はあるはずなの。それでも前世で虐げられた人たちが今世で虐げる人もいるのよ。だから皆さんの周りでニューハーフに対して差別する態度を示す人がいたら前世でニューハーフだったといっているようなものなのよwwwそれもすぐ前の前世でwwww
◎スポーツではもう何年も昔から男女の枠は外したわ。人間としての限界を戦うようになったの。よってすべて男女混合チームよ。着替えはそれこそ日本の温泉みたいよね。男湯、女湯、混浴(by JJ)
◎Sean:個人競技もありますが100m走でも男女混合です。 SH:えーーー!それでも女性が勝つこともある、と。 Sean:はい、あります。かなりありますよ。
◎Sean:wwwwフローレンスなどは柔道では勝てません。[フローレンス中尉:元Cチームリーダー]
◎別にするから逆に限界を作っていたのでしょう
◎何度も言うけど生まれ変われば何度かは性同一性障害なんてものになるものよ。その前世を知っている私たちに偏見はない(by JJ)

(以上、シャンバラwiki個別質問セッション【両性、中性、無性】より抜粋)

◎Q. シャンバラでは不調和で亡くなることが少なくなり、男性が圧倒的に多いとのことですが、そのことによって何か困ることというのはあるのでしょうか?現在の比率はどのくらいなのでしょうか?A.困ることは子孫が絶えそうだということです。現在の比率は8対2です。女の子を産む女性には特例が付くほど必死です。特に女系家族は国から補助が出ています。とはいえ人工授精は勧めていません。人工授精をしなくなってから起きました。
◎決していい環境ではありませんが、ここでは信頼がある。安心して人生を共有する仲間がいる点で女性や男性や両性ともに共存共栄していると思います。特にここ数十年はこの国は平和です。
C:シャンバラでの女性の役割について
◎金星は比較的第3の性が多く、火星もそれに劣らず第3の性が高い比率を占めます。第3の性とは両性具有のことを言います 。
B。シャンバラの男女の社会的役割について)
◎天使はこの火星人そのもので、その中で子孫を残せない両性具有(両方の性が未熟)です 。
C-3 天使の追加質問
◎天使にもメスはいない。オスも未発達=火星にも種を存続させるものが存在しない=地球のメスが必要。だから天使の姿になって地球に降臨する 。
A-1 地球の存在意義は?
◎死んだ瞬間に地球の周波数と協和音で肉体を離れると次回は男性に生まれます。死んだ瞬間に地球の周波数と不協和音で肉体を離れると次回は女性に生まれます。
◎ところが最近地球の周波数が乱れ協和音で生まれるはずのタイミングが揃わない。それで性同一性障害も生まれやすいのです。これからもっと増えるでしょう。これが第三の性として社会は受け入れることになります。
◎太陽風などにあたるとXY染色体の男性の遺伝子が変形して、女性化します。つまりY染色体の変形であり、社会が女性化するのは必然という理屈なのです。
A.男性と女性
◎Q. これから女性の数が減り、かつ、産める強い子宮の維持も難しくなるのでしょうか?A. はい、だんだん減ってきます。
◎実は女性のX遺伝子自体、数代で変形するようにできているのです。そのたびに戦争などで行きつないできました。それがそろそろ限界になり始めているのです。
◎Q. 「太陽風などにあたるとXY染色体の男性の遺伝子が変形して、女性化」と習いましたが太陽フレアで女性の遺伝子は変化しないでしょうか?A. この場合の女性化は、女性としても中途半端で、まったく生殖の機能を果たしません。太陽フレアももちろん影響の一端ですが、それよりも地球の周波数の乱れが大きいと思います。例えば昆虫は一番影響を受けます(中略)
◎実は昆虫が消える原因は女王蜂が子供を産めなくなるからです。それは、やがて人類でもおきることなので警告しているのですが、この場合女王蜂の影響は蟻でも起きていきます。太陽風ではなく、地球の周波数の激変からくるのです。つまり超音波並みの振動が起きて子供が産めなくなるのです。また、太陽風だけでは女性の遺伝子は変化はしません。しかし、そこに地球の周波数の変化があると激変します。意外に一気に行きますよ。
医:女性の減少とXX遺伝子
◎全員が両性具有にはならないです。遺伝子はある一定の防御システムがあるので絶滅しないようにできています。両性具有が主流になるかは我々にもわかりません 。
B. Y染色体の危機
◎Q. ゼウスとか出て来てびっくりしましたが、オリンポスの12神もいたのかなと思いました。役職名だとしても、12神はいるのでしょうか?12神の中に6名は女性になっていますが、女神もいますか? その中でも女神となっているけれども、実は男神だったり、おかまだったりすることもあるのかも気になりました。A. 数人両性の人がいます。
連合:オリンポスなどの追加質問
◎はい、念エネルギーもあります。しかし、実際には前世の売春や戦場での強姦などで性奴隷などの虐待と虐殺の経験者が子宮チャクラを損傷し、女性の場合は男性の体に入りながら拒絶し、男性は戦場での男性からの強制わいせつが損傷を招き女性の中に受肉しながら拒絶した結果だと思っています。よって歴史上で戦争があればあるほど性同一性障害が生まれる可能性が高くなるわけです。火星の戦争の天使たちがこぞって両性(中性)になるのもうなずける結果です。
◎体の違和感はけっして恥ずかしいことではなくむしろそれを人に言えない環境こそが苦痛の原因だと思います。よってより身近な世界に同じ境遇の人がいればそれなりに心は晴れると思います。とはいえ、社会的に生きていてもまだ日本では難しいと思うのです。よってしばらくはお経巻きなどをしてなるべく負の念エネルギーを吐き出すようにした方がいいでしょう。
◎なお、前世の影響は来世の影響が始まる人生の中頃(40~50代)まで続きます。あとは来世に向けていきましょう。過去は変えられなくても未来は変えられる。
◎もし楽になりたいなら神社に行って自分の心のすべてを口に出して語り掛けてください。人がいて長くなるのがいやなら、紙に書いてそれお賽銭箱の近くに置きそれを読んでくださいと言って柏手をたたく方法もあります。そしてそれを封を開けずに家に持って帰って燃やすか、そのままおたきあげでお願いしてもいいです。かなり効きます。
念:個人的質問