💡 このブログについて( 初めての方へ ) 💡 ✨

初心者用: 部屋と妄想と私

Q.
本が出版されても日本の人のほとんどはシャンバラって何?っていう感じだと思います。
でも、普通に何かの部屋を頭に思い浮かべる人は日本や世界中にいると思います、、、。
そうなると、世界中の人のシャンバラの部屋はたくさんあって、シャンバラの私(人口)もたくさんいるような気がするのですが、、、。

でも、、
地球60億人に対して、シャンバラの人口は3万人以下とお聞きしました(ブログのシャンバラ約1500人)。
%にするとすごい低いような気が、、、。
これは、なぜなのでしょうか?

A.
パーセントが低いという話ですか?
維持できるか否か、そして意識してそこに滞在できるかは全く別問題です
だから、はい、60億人みんなシャンバラに来ていますよ
夢として
しかし、それは何も生かされていないし、一時的です
そこに滞在して仕事をこなすとなると、意識を変えないと無理です
その割にいい割合だと思いますが


過去において、シャンバラを知らない人が無意識に部屋を作った場合はどうなっていたのでしょうか?

A.
入ることは自由です
しかし。それだけ無意識なら部屋の固定化はできないと思いますが・・・


ほかの惑星ではもう一人のアストラル界の自分は地球の携帯電話のように当たり前な感覚ですか?

A.
はい、そうですよ
宇宙人の話でフォースという言葉を使いますが、それもアストラルのもう一人の自分になります
映画よくでています
そういう風に聞いてみてください
質問をありがとうございました

0

コメント

  1. Qchan sappou より:

    Qほとんどの人は自分の体のことを自分だと思っていると思います。
    でも、体を観察しているのが本当の自分だとすると、体は本当の自分じゃない。脳でもない。なぜなら、観察される側、、。
    とすると、、本当の自分とはアストラル界にいる自分なのでしょうか?

    本当の自分はこの物質界とは関係のない場所にいて映画を観ているような感覚でこの物質界の自分を観察しているような感じなのでしょうか?。そして、その映画を変えることが次元操作に当たるのでしょうか?そして、魂の力が抜けると次元移入しやすいというのは本当の自分の視点に重なるからなのでしょうか?
    Q般若心経の意味はアストラル界にいる自分の視点を説いたものなのでしょうか?

    0
タイトルとURLをコピーしました