💡 このブログについて( 初めての方へ ) 💡 ✨

魔法: ありがとうございました + 負のエネルギーの回避法

ご回答頂きまことにありがとうございます!
「手順時の十、五、六は十は肉体界、五芒星はアストラル界、六芒星はメンタル体の順です」
これは意味があってこうなっていそうだなと思いました。しかし私もなぜ天使の名前を連ねていくのか特に気になっていたのですが、そこはやっぱり謎でしたか。ともかく、神官様たちは祓いのためにこんな面倒なことはしないということですね。
間に合えば、追加で質問させていただいてよろしいでしょうか?

Q.
「受けた負のエネルギーを家に持ち帰り、その人の家族で一番エネルギーが弱いところに流れ落ちる」
やはりこういうことは起こりうるのですね。自分が悪影響を受けるだけなら自己責任ですが、家族にまで影響が及ぶのは避けたいと思い、自分の養生のための気功は使っても、人の治療はしないできました。
自分にも他人にも、悪影響が出ないようにヒーリングをするためのポイントがあればご教示いただけますか?
宜しくお願いいたします。

A.
簡単です。同情しない
同じ感情の周波数に合わせなければいいのです
そうするとヒーリングが終わると同時に患者のことを忘れます
それでいいと思います
家族を守ることは重要です
ぜひ一時の感情に流されないでください
そのためにも勉強をしてください
質問をありがとうございました

0

コメント

  1. SS30 より:

    ご回答いただきまことにありがとうございました!
    セミナーでも伝えられている、ヒーリングもお医者さんの場合と同じなんですね。納得しました。自分が同情しなければ、家族にも影響が出ないものなのですね。自分が跳ね除けても、家族に流れてしまうのかと思っていました。

    0
タイトルとURLをコピーしました