このブログについて(初めての方はこちらをご覧ください)

電波(音)対策

昨年から電波音に悩まされています。
プップッまたはプープッという音が「飛んでくる」という表現がしっくりくるのですが、体に食い込むように感じ、聞こえます。

今年に入り、外出自粛で自宅にいることが増え、その音に気がつく機会も増えました。
意識しだすと音に余計に気がつく悪循環で、睡眠不足気味になり、とうとう寝室から避難して、音から離れた場所で仮眠しています。

水道局と電力会社の計測方法が変わったのか?と問い合わせましたが、変化はないということでした。5Gとの関連も確認しましたが、導入予定はないということです。

無線LANに流れる電気が変わっている可能性もありますが、そうなると集合住宅に住むので、他の住人の契約会社も含めての問題になり、どうしていいのやら、途方に暮れています。

リアルでやることはやった(とりあえずは)ので、シャンバラのお知恵を借りたく、質問します。

このあいだのslack講座で住居に結界を張っていますが、電波音には効かないようです。
未熟なレベルだからかもしれません。

例えば、ベスさん並みに魔法陣や結界を習得されている方は、5Gなどの電波にたいして個別に結界をかけるなどで対処することも可能なのでしょうか?

A. ベスは回答者ではなくあくまでもスピーカ―なので彼女の意見はここでは表しません。

では回答です。魔法陣や結界でうまくいかないときの対処法は「令和2年5月末までに音源の原因解明」でやってみてください。もしそんなに待てないときは日にちを指定します。若干遅くなることもありますが原因だけはつかめます。

 

初心者でも使えるような魔法陣での電波音対処法はありますか?
(お経巻きでは「電磁波中和」で自分を巻いてますが・・)

A. 電磁波中和といいますが電磁波って皆さんが思う以上に多いのです。全部ではぼやけます。

またそれより電磁波音かどうかも現在はわかりません。正直冷蔵庫や冷房、ときにコンセントで動くものすべてにこのような音を発することがあります。音源がわからないと不安ですがそれだけ皆さんは雑音に囲まれているのです。

そしてコロナで外出を控えて以降、車のおとなどの雑音が減った分家の音がうるさく聞こえるのは自然の成り行きです。そのうちに自分の心臓の音がうるさいだなんていう人も出るでしょう。

 

私にははっきり感知できるのですが、隣にすむ両親は気にしたことはないと言いますし、管理人さんに他に同じようなことで問い合わせる方はいないかをお尋ねしても、いらっしゃらないようです。

もしかして私だけの特殊な問題なのでしょうか?
(妄想ではないと私個人は確信しますが、第三者的な分析ではないので・・)

A. 聞こえない年齢層もありますよ。皆さんは10代しか聞こえない音があるくらいです。そのことも考えるとまず同じ年齢の人に聞くのが一番です。

 

さらに穿った見方をするならば

今、寝室から場所を移動して睡眠をとるのが、必要な流れなのでしょうか?

A. ぐっすり寝るのを目的にするなら妥当です。そして原因を究明しましょう。楽しんで。

 

5Gに関しても詳細がわかりませんし、総務省データでは今の人体に与える影響は1970年代の知見が基準らしく、5Gの疫学調査は今年から開始のようです。
有益に安全に使われるならいいのですが・・

シャンバラの見解では5G化はどう見ておられますか?

A. シャンバラでも意見が分かれています。地面の電磁波に合わせて5Gは必要だと説く人もいれば、やはり人間の体では耐えられないのではないかと心配する向きもあります。

どう見ても影響がないとは言い切れないということにはみんな同意しています。アロムさんは携帯は耳に当てるべきではないという派です。なのでスピーカーで話すことにしています。シャンバラスタッフもイヤホンで話しています。

というくらいのものですが、例えば昔ペースメーカをしている人のために電車の中では携帯の電源を切るという話を聞いていると思います。また病院内も携帯禁止にしたり、飛行機も携帯を切ることになっていました。

しかし、今はペースメーカーを付けていても携帯を使っている人もいます。逆の耳ならいいという意味です。というくらい意見はどんどん変わります。5Gも似たようなものだと思います。禁止に走っていますよね。

要はいきなり変化すると人間はついていけない。そもそもデメリットを語れない人間が新しいことに挑戦するときは言い出しっぺが実験台になるべきなのでしょう。(ウィンク)そこでマックスで3か月何もなければ、じゃあ使ってやってみるべ。ということにするべきです。

いいという人間がどういうわけか全く安全なところにいるのが不思議ですよね。やりたい人間が最前線。当たり前です。

 

以上です。
長くなりましたが、よろしくお願いいたします。

自分の安心安全に関わるので、重い腰をあげてあちこちに問い合わせました。
水道局も知らぬ間に民間委託(ヴェオリア!)になっていましたが、局員さんは親切丁寧な方でした。
思い込みや先入観で一括りにイメージを持つのは違うな、と再確認もできましたし、何かといい経験にはなりました。

A. 人任せにしないで自分で行って見て触って確かめるところが立派です。そうあるべきですね。(ちょっと上から目線で失礼w)

 

質問をありがとうございました

 

37+

コメント

  1. フランソワ より:

    早速の回答 ありがとうございます!

    母も「普段から耳鳴りしてるからそんなんわからんわ」と言ってますし、
    年齢差もあるのでしょうね。

    移った先のリビングでは、別方向から音が飛んでいました。
    寝室のとは異なったノイズでずっと鳴り続けています。
    音というほどの音量では無く、冷蔵庫の音の方がずっと大きいのですが。
    (もしかすると、個人的にそうした微妙な音量が気に障る性格なのかもしれません・・)

    共に位置的に音がするのはエアコン設置に近い場所で、
    そこからの音かもしないな、と何と無く腑に落ち始めたところです。

    結局リビングに移って、安眠はできぬものの、原因はつかめたかもしれません。
    わからないから(5Gなのか?)とか、ネガティブな妄想や疑心暗鬼に苛まれましたが、
    ボンヤリとでも原因がわかると、自分なりに納得できるので、少し気が楽になりました。

    5Gに関しては、シャンバラでも意見は色々なのですね。

    >いきなり変化すると人間はついていけない

    人間も適応能力あるので、そのうち平気になるのでしょうが、
    いきなりの大きな変化には、すぐには対応できないのかもしれません。

    「WITH コロナ」(コロナと共に)という言葉もあるのを最近知りましたが、
    「WITH 電磁波」で是非いきたいものです。

    意外と自分は繊細なのだということがわかりました。(笑)
    また、その気になれば能動的に動けるのだという事も確認できました。
    (よくやった、自分!)
    いい勉強になりました。

    5+
タイトルとURLをコピーしました