新ベスのブログ

…as You go with the Flow(流れのままに…)をキーワードに、読者とシャンバラ(Shamballa)の質疑応答を、著者『ベス』がひたすら打ち込んでいく、世界でただ一つの面白不思議スペースをお楽しみ下さい♪

個人的質問: シャンバラ部屋と副担当さん

皆様、いつもありがとうございます♪

シャンバラの2階の部屋について質問します。1階はなんとか出来たつもりです(細かい所はまだまだ😅)

”2階はこんな部屋が欲しいからこうしよう~”と、決めたつもりでも、シャンバラに行く度に、何か違う…という迷いが出てきて、いつも部屋が固定出来ませんでした。

南側にはバルコニーは付いていますが、部屋の真ん中がずっとだだっ広~い空間のまま。

そこで南のバルコニー中央まで歩いて行き、体ごとクルリと北を見ると、東側に1つの部屋が見えました(ある日突然)

部屋の角には黒いグランドピアノ、もう1つ角にはイーゼル、もう1つの角にも何か置いてあるのですがそれはまだ見えません(←楽しみ♪)

私はピアノを置こう、イーゼルを置こうと思った覚えがないのに、部屋があり物が置かれています。

この部屋は眠っている間に自分で作ったのでしょうか?それとも担当さんが作ってくれたのですか?
(私が考えながら作っている時は思いつかなかったのに、ぴったり合った物が置かれているこの部屋が、どういう仕組みで出来たのか不思議で…。自分の部屋なのに変な質問ですが教えて下さい)

A. そういうことが起きるからシャンバラは面白いのです。

さて、作ったのはあなたです。どうして作ったのか?それはあなたの中にあるシャンバラの自分が独自に生きているからです。その部屋です。さあ、混乱しそうですねwww

とりあえずその部屋に入ってくつろいでください。きっと部屋に人が入ってきます

 

先日の担当祭りで、いつも絵を描いているという事だったので、この部屋に置かれたイーゼルを使っているのだなぁ~とびっくりしました。

実は子供の頃から絵が好きで、習いに行っていたこともあります。でも、子育てが必死になって絵を楽しむ事をすっかり忘れていました。

私の潜在意識には絵を描く楽しさを覚えているから、シャンバラでひたすら描いているのでしょうか?(それなら、リアルで描いたら良いんじゃないかと思い始めました)

A。 上記 シャンバラのあなたがしていることです

 

その部屋に置かれているグランドピアノも弾いているのでしょうか?(ピアノは習っていないのに弾けるのかなー)

A. はい、そうですよ

 

副担当さんの質問です。
担当さんの仕事が忙しい時は、私にも副担当さんが居てくれるのかなぁ?と思って意識しはじめました。

犬の散歩中、目がなくなる程笑った男性が見えました。その方は明るめ茶髪のクルクルくせっ毛。なによりいつも笑顔なのでこっちまでニコニコしてしまいます。私の目の高さに合わせてしゃがんで笑ってくれます。

私は「彼の様な笑顔の素敵な人になりたい」と担当さんに宣言wした程ですが…ホントにこんな素敵な副担当さんが私に付いてくれていますか?

A. はい、見えているではないですか!

 

名前はエディだとしばらく思っていたのですが、ディオンとも感じます。エディ?と聞いても、ディオン?と聞いても笑っています。お名前と、この姿や笑顔はあっていますか?

A. ディオンではなくディアンですね。姿はあっています

 

以上です。
ありがとうございました・:*+.(( °ω° ))/.:+イエイ

A. 質問をありがとうございました

 

 

23+
シェアはこちらから:

前へ

魔法陣: 日本列島の広域魔法陣についてもう少し教えてください

次へ

個人的な質問&日本の危機に私たちが出来ることとは

  1. アンジー

    ありがとうございました

    はい 早速 混乱(//∇//)

    シャンバラ部屋に行けば、自分の目線で見ているので融合しているかと思いきや、独自で生きているウーン(˘-ω-˘ ).。oஇ分かってないこといっぱい!

    まぁここは考え過ぎず2階の部屋でくつろいでみる事にします
    どなたが来るのかその方が楽しみでワクワク💛

    ディアンがいてくれてすごく嬉しい!!
    あなたの笑顔は最高です
    そういう笑顔にずっと憧れていました

    担当さんと副担当さんってちゃんとぴったりな方がついて下さるものなんですね(*゚0゚*)スッゴッイ!

    12+

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Powered by WordPress & Theme by Anders Norén

Scroll Up