💡 このブログについて( 初めての方へ ) 💡 ✨

今週の課題(自由課題): 自己破壊と家族への影響

シャンバラのスタッフ、ベス様お世話になっております。

今週の課題、自由課題をお願い致します。

質問
「自己破壊中の方がいらっしゃるとします。もしその方にご家族がいる場合に、どのような影響が及びますでしょうか」

自己破壊なさる方にも様々な方がいらっしゃると思います。不正選挙を行う方、消費税を増税して潤う一部の大企業の方、公のデータを改ざんする方、政党支持率を改ざんする方、オリンピックを買収で誘致した方、総理大臣になったけど辞めてまた総理になってやっぱりやめる方、色々な方がいらっしゃいます。

こうした方たちにもご家族がいらっしゃる場合があると思います。その場合、ご家族にはどのような影響が及びますでしょうか。もしも可能でしたら、序盤、中盤、終盤と教えて頂けるとわかりやすいです。
世間はGOTOキャンペーンですが、上記の方がどのようにGOTOしていくのか気になります。

お忙しいところ恐れ入ります。よろしくお願い致します。

A. 「お国のためには必要悪」という都合のいい言葉があり、それを実行する愚か者がいます。それについての話としましょう

序盤  何もかもやめろというシグナルは起きますがすべていいほうにとらえます。していることは間違いないし自分さえ耐えればいい。という解釈で行い続けます。しかし家族などは違和感を感じています。しかし仲が悪いと(自己犠牲を正当化する人は仲が悪いから相談はしません)気づかないか見えないふりをします

中盤  自分の犯したことを知ってほしくてわざと「何があったの?」と聞かれるようなことをします。しかし、日ごろ家族や他の人と仲良くなれない人は誰も聞きに来ません。なのでそのいら立ちを表に出します。「私がこんなに大変なことをして耐えているのに何をのんきなことをしているんだ。」それがますます恐怖をまき散らすので誰も近寄ってくることはありません。みんな自分のことを理解してくれない。という閉塞感を感じます。

しかし、このころぐらいからタイミングの悪い機械の故障やなんでそんなことで壊れるかなと思うくらいの破壊 (日ごろ使うコップが割れるなど)が起きます。またいいたいことを押し殺すので喉の痛みや飲み込みづらさ、やる気が失せるのでだるさ、など風邪に似た症状が起きます。また家族にもあまりに危機が迫っているのに無視するので視野が狭まり事故やケガを起こします

終盤 すべての限界を感じて家族に当たり散らします。また家族もその態度に閉口して家を出たり、入院という手を使いそばから離れようとします。またその閉塞感に耐えられず子供なら家出や非行に走ることをします。何より自己破壊と呼ばれる所以として体に毒だといわれること、飲酒や喫煙、そしてかけ事や大金で散財そしてときに事故を招くこともします。いくらあっても満足しません。何をしても安心しません。 軽犯罪に手を染める人間も出てきます。 国のために悪いことをしているんだからこんなことぐらいいいだろうという感覚です。最終的にばれるようなことをし始めます。

人間としていけないことはやってはいけないのです。 また国のために必要悪と唱えた段階でその国は腐敗し始めます。これはどんな組織でもどんな会社でも同じです。人はそれほど器は大きくありません。耐えられないのです。心の悲鳴。それこそが自己破壊だと思ってください

 

質問をありがとうございました

 

52+

コメント

  1. tuty より:

    質問者様へ。すごく深い回答を引き出して下さって有難うございました。興味深く読ませていただきました。

    7+
タイトルとURLをコピーしました