💡 このブログについて( 初めての方へ ) 💡 ✨

前世についての質問です。『ELBN-1:前世を見る』について

① キリストの前世体験をもつ人は、何人もいるとのことですが、そうなら10回転生があるとすると、2の10乗だけ、キリスト記憶をもつ人間が、現れる可能性がある(もちろん不慮の死で、実際はかなり減るにせよ)ことでしょうか。

A. 生きた寿命(例えば50歳)×4とすると2000年間で10人という計算ですね。そしてその2の10乗は1024人。うんそれくらいいると思います。あなたはこの人生でキリストの生まれ変わりだという人間や教祖を何人見てきましたか?それがこの2000年間にいたと思うとそれくらいになるでしょう。

 

②天皇は「万世1系」のシンボルとして、私達日本人には、真の初代天皇・ニニギノミコトの血が入っていることになりますが、同様に私達、特に長男の家系には、「ニニギノミコト」の魂が入っているということに、なるのでしょうか。

A. それはないです。(キッパリ)魂の構造上ありえません。

 

③それとも私達大多数派は、「日和見菌(というか中庸というか)」のように、どっちつかず の魂がおおいのでしょうか。

A. 魂の種類のことを言うと縄文人の魂(アストラル体を持つメンタル体)と弥生人の魂(深層アストラル体迄)また他の魂(例:レプのアストラル体のないメンタル体)とありますが、どっちつかずの魂はないですね。本当はしっかり違っています。

 

質問をありがとうございました

 

+30

コメント

  1. sinsin(旧 HYG)より

    回答、ありがとうございました。

    >あなたはこの人生でキリストの生まれ変わりだという人間や教祖を何人見てきましたか?

    生れ変わりを主張する教祖は一人しか、知りません。

    でもイエスの生れ変りとして、聖徳太子、家康などの名は、複数のソースからもたらされていて、さもありなんとおもっていました。

    そうして、現代にイエスの魂が2の10乗、生きているとすると、
    これまでの歴史上に登場したイエスの魂は

    Σ=2+2の1乗+2の2乗+2の3乗+…+2の10乗=2048? 
    となりますね。

     

    +2
タイトルとURLをコピーしました