このブログについて( 初めての方へ )

ワクチンについて

ベスさん、シャンバラスタッフの皆さん、サポートの皆さんいつも有難うございます。

私はカナダのバンクーバーに住んでいます。
そして、ワクチン打ってません。

BC州ではいよいよ9月13日からワクチンカードなるものが導入され被接種者はレストランで食事することすら許されなくなります。。そして10月23日からはカナダの国としてワクチンパスポートが発動される予定です。そうなると、公共交通機関も使えなくなるのです。

カナダはワクチン接種率が高く、特にBC州は85%の人が少なくとも1回は接種済み。77%が2回の接種を完了。
 政府の発表では
未接種者のほうが完全摂取者(2回接種した人)に比べ新規感染発症率がより12倍高い。
入院率は36倍高い、というのです。
 私が愛読しているInDeepでは正反対のデータを出しています。

高学歴で頭がいいと自認する人たちが未接種者に対して、「状況を理解出来ないから打たないのだ。」と考えているのが感じられます。
(彼らはワクチンが出来て接種可能になったとき大喜びで予約してました。)

「ワクチン接種しない者に人権を認める必要はない」とニュースでコメントされているのをみてびっくりしました。

あ、ここまでは前置きです。

カナダは2024年まで毎年すべての国民が2回づつワクチンを打てる量の契約をファイザーとしてしまっています。

これは変異が変異をよぶ、ということをわかってやっていることのように思いますが
ワクチン打つことによって変異株が生まれるってわかってそれやるって馬鹿なんですか?

Q1.毎年ブースターショット打たせる目的は人工削減の為、であってますか?

A. いいえ、年中発情期という遺伝子をはがすためです。この遺伝子は暴走し発情対象が幼い子に行ったり同性に向かったりしています。ジェンダーとは違います。さて、追いつめられていますね。正直あと少しだと思っています。

しかし、現在のワクチンの内容物はそんな目的ではない。入れた組織が人口削減とつながっているのかもしれません。ワクチンを打たない人を悪役にすることでストックホルム症候群に陥ってる。

まあ戦時中の精神状態ですね。内容物がはっきり限定して外され治験終了のせめて2023年までは常識人なら避けるでしょう。その前に治療薬が出そうですが・・・

 

Q2.そうだとしたら、そんなに何回も打たないと人は死なないものなんですか?

A. へ?(。´・ω・)? 未知の病気に対する未知のワクチンにそんな未来を予測できるようなものでしょうか?来月もわからないのに。それに人は死にます。死ぬようにできています。不死を要望しているならもっと違う方法を考えるでしょう。ちなみにファイザーの社長は打っていません。まずはワクチン製薬会社の社長がワクチン接種したら堂々と打ってください。順番が逆です。

 

Q3,アロムさんはワクチン打つのをもう数ヶ月待って。って言ってましたが
   毒の入ってないワクチン(発情期復元用)は出来るってことですか。

A. 最低でも毒なしの安全なものができます。目的だけを達成すればいいので。それから治療薬が出るのでコロナのためのワクチンが必要でなくなると思っています。日本でいくつか出ていますね。命を懸ける必要はないですよ。面倒なPCR検査も唾液があるのでそれをしょっちゅうしても、ワクチンを打って片麻痺になりすべての決定権が消えるより手間はないのです。

 

Q4.そのワクチンは1回打てば効果が出るのですか?

A. はい、現在日本で開発しているものは1年に1回と1回限りという2種類が研究中です。

 

Q5. 発情期復元注射は遺伝子を変えないといけないからmRNAが使われている?

A. 遺伝子に影響は与えますがもともとそんな内容で知らせたものはいません。

 

接種済みの人からのこの圧力は中世の魔女狩りを思い出させます。
歴史は繰り返すってこういうことですかね…

あまりにも生きづらくなってきたと感じて質問してみようと思いました。
だらだら書いてしまいましたが宜しくおねがいします。

A. 思いつくまま質問するのは大事なことです。あなたの人生だから後悔のないようにしましょう。

あと少し。ワクチンでなくても良かったんだという状況になるように監視しています

質問をありがとうございました

コメント

  1. ソフィア(ぴっこ) より:

    tutyさん
    我が家も、私の持っている全ての情報を伝えましたが、
    今月渡英する大学生の長男は二回接種を既に完了し、
    夫は来月接種予約を入れていました。

    なかなか「説得」は難しかったです。

    少しでも解毒になるように、と、
    ミネラルや、海藻、納豆を沢山食べさせています。

    なかなか光が見えてこないですが、
    「踏ん張りどころ」ですね。

    本当に、「この場」があって良かった、と深い感謝です。

  2. tuty より:

    ベスさん、シャンバラスタッフのみなさん回答有難うございました。23歳の息子に仕事先から圧力がかけられているのを知りムカついて質問させていただきました。息子はわけのわからないものを体に入れるのは嫌だということで今まで摂取していませんでした。今回の私の質問と回答を息子に読ませたところ接種することにした、と。おいおい…。やはり自由を制限されるのは嫌だということらしいです。私としては、やるべきことはやった。あとは魔法陣と結界とお経巻だな。

  3. ソフィア(ぴっこ) より:

    質問者様のお気持ちが痛いほどわかり、コメントしています。

    今回の質問と、それに対する回答を読んで、力が湧きました。

    カナダのニュースは沢山目に入ってくるので、
    真実の道を歩んでいる人たちは、どれだけ生きづらいだろうと、
    胸を痛めていました。
    その渦中にいらっしゃるなんて。

    打たない事は決めていて、心変わりはありえませんが、
    一番の親友、夫、義理の家族、沢山の大切な人達から白い目で見られたり、
    「大事なあなたが死んでしまうなんて考えられない。打ったら重症化しないから。お願いだから打って」と懇願されるここ数か月を過ごしています。

    高校生の娘二人は私からの情報を自分で読んで判断し、
    打たないことを決めていますが、
    夫から「ぴっこみたいに、娘たちが白い目で見られる事になる。やめてあげてくれ」と軽くなじられたり。

    本当に、ため息がでますが、
    『こんな障壁、なにくそ!
    娘たちの命を守り、自分自身も健康体で今回の人生を全うする為には
    「屁」でもない!』
    と言い聞かせています。

    私は「打ったよ」というウソは、魂が嫌がって、どうしてもつく事ができず。。

    昨日、大好きな義妹から「ぴっこちゃんはいつ打つの?私たちはもう二回ずつ打ったよ」と聞かれて、ググーっと答えに詰まっていたら、
    「10年以上前に薬害で全身に薬疹がでた事が2回もあった」と、ふと思い出して、「これだ!」と。
    守護霊さんが助け舟を出してくれたと感じ、ありがたくて涙が出ました。

    もし「打った」というウソを、どうしてもつきづらかったら、
    「薬に対するアレルギーが強くて」とか、
    「薬の副作用が大きく出てしまうから今回は見合わせている」とか、
    気持ちが楽になる、軽いウソをつくのは、魂に背かないかもしれません。

    薬の副作用は多少の差はあれ、全員に出るものだから、
    ウソにはならない、と思います。

    心からのエールを送ります。

    近い将来に、きっと自分は間違ってなかった、と思う日が来ます。
    一緒に「心身ともに健康体で!」乗り越えましょう!!

    感謝を込めて

    • tuty より:

      ソフィアさん共感していただいて有難うございます。お互い辛いですね。息子は接種することにしたみたいですが、私は変わり者と周りから思われているようなので負けません。多分。早く事態がわかりやすく進展してくれますように。

タイトルとURLをコピーしました