新ベスのブログ

…as You go with the Flow(流れのままに…)をキーワードに、読者とシャンバラ(Shamballa)の質疑応答を、著者『ベス』がひたすら打ち込んでいく、世界でただ一つの面白不思議スペースをお楽しみ下さい♪

「怖い夢」つながりで聞いてみたくなりました。

ベスさん、シャンバラの皆さま、ブログスタッフの皆さまこんにちは。

今週のお題「昔の経験 何でしょう?」に間に合わないかもしれないし、内容も80年代の宇宙人関連でもないので、もしズレていたら、スルーしてくださいませ。

ブログを毎日読んでいると、みなさんの経験や感想の中に、何か触発されるような時が… あー、この感じ知ってるかも、みたいな?

その都度、私も質問したらどうだろうかなどと思う一方、他の方の質問内容に比べては稚拙だなぁと思い直したり、あっという間に次の週となり、を繰り返しております。

相当前、8月に縄文展に行きました。以前、縄文土器が出土した遺跡の近くに住んでいたので、興味がありました。土偶をたくさん見ていると、壺のような土器はたっぷり装飾があるのに、土偶の顔はどうして、唯の三角形で、簡略化なの?という感想をその場で持ちました。
後日このブログで「仮面の女王」についての質問が出て、顔は切り取られていると回答されていました。

簡略化の答えはわかったものの、
幼いころの怖い夢が思い出されて気になります。

幼少時代、すぐに熱を出す子どもで幼稚園も小学校もよく休みました。一旦出た熱は容易に下がらず毎日布団の中。熱が下がる前日には、決まって怖い夢を見ます。

階段を下りていく途中に鉄線か紐が張ってあり、首が締まるとか。(これは複数回見たので、たぶん布団の襟が首にかかったのでしょう。)

ある晩の夢では、岩屋のような洞窟の中で歩いています。奥が、ずっと先までありそうだけれど、見通せない。その途中、岩壁に向きあって立っている男の人がいる。父だと思いました。その人が、こちらを向きました。顔はありませんでした。岩壁に張り付いて、剥ぎ取られてしまった、と思って、恐ろしさのあまり起きました。当時の怖い夢の中でも、一番の怖さですね。6歳前後に見たようですが、半世紀前なので、定かではありません。

仮面の女王の記事に触発されて気になり出しました。
しかし、こうして文字化してみると、唯の子どもの怖い夢かな?くどくど書いてすみません。やはり、ボツですね。

ブログに集まっていらっしゃる皆さんのレベルの高さにいつも腰が引けてしまうのですが、ブログを読んだりスラックの講座になんとかついて行くことで、ある意味での終活をしているみたいな感じです。

先日の”あ、君も、いや自分も昔地縛霊”のフレーズを見て笑ってしまいました。地縛霊怖いと思っていたのに、なんだ私もそれか、と思ったらなんだか可笑しいんです。

一昨年、質問した時に、私に、まだ、人を育てる使命があると回答して下さったので、今の仕事がそれに近いかとポツポツやっています。人さまの役に立っているといいな?と思います。

ブログスタッフの方々、シャンバラの皆さま、べすさん、そしてブログ読者の皆さまに色々な気付きをいただき、感謝です。ありがとうこざいます。

A. おお、そんなに感謝される覚えはないのですが、真摯に受け止めます。

さて、たぶん地下道に入って、とか洞窟に入って、空恐ろしい画面を見た人はたくさんいると思います。実は長年の生まれ変わりで戦争のない時代が全く経験の無い人は皆無です。そして戦争のたびに虐殺にあい、殺人をし、家族を殺され、そして人の家族を目の前で殺している。それが人間の魂なのです。だからその洞窟も世界のどこかにまだあるはずです。

さて、熱が下がる前日になってみる夢がヒントでした。前世の記憶です。なぜそれが前世だと言えるのか?それは周波数が一番下がっている時=免疫が最悪の時だからです。その時に過去世の最悪の周波数の画面を見るわけです。それほど前世とは近いものなのです

周波数が高いときの夢は覚えていませんwwwだって思い出す皆さんの周波数がそれより低いから。面白いものですね。

質問をありがとうございました

32+

あなたの質問をお待ちしてます!質問はこちらのフォームから♬
ブログの最新記事をメールで受け取ることが可能です。

 

前へ

名前と魔方陣

次へ

忘れられない夢の話

1 コメント

  1. じじゅん

    お答をありがとうございます。
    戦争を何度も繰り返して、やめられない人間の魂、悲しく、苦しいですね。
    今の生では、戦争のない生活を何十年も送ることができました。このことを無駄にしてはいけないと、感じています。
    そのために、何かできているかというと…恥ずかしいです😥
    ベスさん、忙しい日々の中、ありがとうございました🍁

    13+

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Powered by lovecraft & Copyright by 新ベスのブログ

Scroll Up