新ベスのブログ

…as You go with the Flow(流れのままに…)をキーワードに、読者とシャンバラ(Shamballa)の質疑応答を、著者『ベス』がひたすら打ち込んでいく、世界でただ一つの面白不思議スペースをお楽しみ下さい♪

医療班: 肉体とアストラル体について

先日の質問で『シャンバラ体が弱いと肉体界で頑丈』とお聞きしました。 http://gaia-shamballa.xyz/blog/?p=17872#comment-28380

肉体界では丈夫でシャンバラ体(アストラル体)が虚弱体質という方も何人か聞いたことがあります。

なぜその逆転の現象が起こるのでしょうか? 他のボディについての関わりはどうでしょうか? よろしくお願いします。

A. これからダブル生活を始める皆さんにアドバイスの意味も含めて説明します。

結局同じエネルギーをどこで使うかなのです。ここがこれらすべての体はあなた一人のものだというのです。

一見すると独立したアストラル体や肉体、そして人によってメンタル体のトリプル生活です。どれが主になるか決めるのは皆さんです。その主たる体を中心に世界が回るとみればいいでしょう。

シャンバラの体のほうが仕事がおもしろそうだと思えば肉体界は平凡に生活すればいいのです。決して超人ではない。要はどの人生が楽しいかで選んでいいのです。

今の体をセーブすればおのずとシャンバラのほうが活発に動きます。これはマクロでみても全く同じなのです。

アセンション前は肉体界に皆さんがご存知の地球がある。そしてアストラル界には砂漠の地球がある。そしてメンタル界には再び海だらけの地球がある。しかし、この地球は肉体界を選んだので肉体界の地球が青い星だったのです。もちろんほかの星は火星の様に砂漠だけだったりみえる。

それが今回地球がアセンションをして1段階上がるや地球は砂漠が広がり火星は人が住めそうに見える。いやいや、どんどんいままで見えなかった多くの惑星を見るのです。

アセンション後はもう一つの変化が起きるのです。それは周波数が肉体界だけの動植物が見えなくなる。科学者はそれを「絶滅した」というでしょう。しかし、そうではない。皆さんが隣の周波数になったので見えなくなるだけで、肉体界では現存しているのです。逆に新種の生き物にも出くわして驚くことでしょう。

そう、浅層アストラル界にようこそと言わんばかりに多くの生きた星々の歓迎を受けるのです。きっと周波数が合う人はもう気が付いているはずです。UFOがすでに多く空を駆け巡っていることを。新しい世界で頑張りましょう

質問をありがとうございました

 

16+
シェアはこちらから:

前へ

医療班: シャンバラ体と肉体の関係について

次へ

医療班: シャンバラの体のつくりについて

  1. kiki

    たくさん教えてくださってありがとうございます。
    自分の一人分のエネルギー容量を分ける感じなのですね。
    その容量は個人差があって・・ベスさんのようなてんこ盛りの方もいると!!(勝手に納得)

    欲の皮がパンパンに突っ張っている私としては、どのボディも元気で楽しみたいと思っています(笑)だからたまにシャンバラで寝込むのか・・・
    これから一層、周波数の変化を浅層アストラル界を楽しんでいきたいと思います。
    ありがとうございました。

    0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Powered by WordPress & Theme by Anders Norén

Scroll Up