このブログについて(初めての方はこちらをご覧ください)

偉大なる母性 質問その2

>冷たい陰ではなく、支える陰だと思います

男性は+、女性はーと単純に考えるといいですね。マイナスの土台があって+が立つ=(土)。土の上にさらに巫女さんを置くと「王」。男性は熱いが、女性は「暖かい」は正解だと思いますよ。

そして人類の女性は、どちらかといえば「両性具有」です。幼い男児ほど、1人称で動きます(ワンマンNo1)、が、女子はほとんど2人称で考えます(ex.おままごと)、つまり相手あっての自分と、気配り、見られ方を意識しています。 つまり女性は偶数で、男性は奇数です。

【支配者は女性】

「支配」という言葉があります。「配」の字源は「くねくねと腰をくねらせて、酒=酉をくばる様」ですから、「支配者」とは「ささえ、気を配るもの」のことなので、女性の事なのです。こんな支配なら、安部政治の真逆なので、誰も嫌がりませんって。

 さて質問です。

Q3.一日の労働時間は4時間(江戸時代と同様に)ぐらいでしょうか?
A. 週休3日ですが1日は労働納税かほとんどが大学や講習会などに行っています。

それではやはり、もっと労働時間が短いほうに移行しつつあるということでしょうね?

A. はい、でも地球だってかつては盆暮れしか休日はなかったのですから、まさしく今は昔の人から見たらよくそれで稼いで行けるね?といえるのではないでしょうか

 

Q4.「結婚したら一生一緒に」なんてことはないと思います。平均何回、結魂(婚姻をむすぶカップル)するのでしょうか?

A. いや、カップルに変化はないのじゃあないかな。

日本人は平均3組に1組は離婚、西洋はもっと頻繁に離婚(一生の愛を誓うくせに)。
こんな程度ということでしょうか。

A. ???こんな程度とは?離婚はないです。意外に思うかもしれませんが、あまり聞かないですね。天命で忙しくてそれどころではないというところでしょうか。

 

5.性の実地体験は地上では13-20歳が好適期でグループ交際が盛んでした。
 シャンバラでも地上年齢にすれば、その頃やはり、性活動が盛んなのでしょうか?

A発情期は4年に一度。地球時間で16年に一度

シャンバラがそうである以上、私たちの未来もそれに近づきそうですね?。とはいえ地球人には「産めよ増やせよ」が、宇宙からも望まれているわけですが…。

A. かつてはそうですがこれからの地球は自分たちで判断して選べる立場です。キャパを超えてまで産めよ育てよとは思っていません

 

A乱交はないです。キッパリ(。-`ω-)

江戸時代までの日本など東洋社会の婚姻形態を、「乱婚」などと表現する人がいますが?です。田植え・茶摘み、お盆、収穫祭、そして毎月のお寺のお講などでは(もちろん神仏のご加護のもとで)、血気盛んな若者たちのリードで、多様な性交が行われたかもしれません。

人間のタイプには、少なくとも9(9星)-12あるというのが世界共通の認識です。人間を理解し満足な人生を送ろうとすれば、大和撫子たるもの、少なくともその半分5-6人と深く付き合わないといけないでしょう(半分は嫌いなタイプがいるでしょうから)?。そういう結婚お試し期間が歴史的には13歳~20歳だったとされます。

ですが残念ながら 品行方正な日本人に関する文献は、ほとんど入手困難で、元共産党員の回顧録の「乱婚説」が、世に広まっている状況です。本当の地球の歴史はどうだったのでしょうか?。

A. もともと婚姻自体なかったという説もあります。女性が対等ではなかったという理由ではなく、いや、むしろ日本の場合は女性優位な歴史が多い。戦国時代からですかね。婚姻ではなく子供が生まれてその父の定義がなされていなかっただけで、驚くほど女性は自由だったようですよ。

 

Q6 悪癖が3代続くと、遺伝子にしっかり組み込まれます。大和撫子が本来の姿を取り戻すのに  も、やはり3代かかるのでしょうか?

A. wwwwいえいえ、そんなことはないですwwww

 

Q7 日本の庶民には不倫という概念がありませんでした。近親相姦・不倫好きな国民性の、在日 韓国人らがマスコミを乗っ取り、日本人の不倫を盛んに喧伝しています。長期的には彼らは日本から追放(収穫)され、日本人が和を取り戻すという理解で、よろしいのでしょうか?

A. おっと!差別的な解釈はお勧めできませんね。日本人がどれほどえらかろうが皆さんは多民族国家です。隣の人を見なさい。これほど違う顔の民族はいません。電車に乗って日本人の定義って何だろうと思います。日本人だけだから輪を取り戻すことはないですよ。いい韓国人もいれば悪い日本人もいます。

 

質問をありがとうございました

 

21+

コメント

タイトルとURLをコピーしました