このブログについて( 初めての方へ )

必読▶土地と電気

さて、前回はなしたプラーナって言う電気体はどこから来ているかというと、この地下深くのマグマがごろごろ動くことで発せられた高圧電気が地下水を通ってある電気は沼地や湧き水として、ある電気は樹木から放出している。

マイナスイオンなんてみんな言っているのがそう。

地下水道は高圧電線みたいなものだから動物はそれに沿って移動する。

それが「けもの道」

けもの道ってクネクネしているよね。あれがそう。

水道局が地下の水道管をダウジングで調べるのもそう。

日蓮さんや空海が水脈を当てるのもそう。

どこで感知しているかというと人には額の真ん中に第三の目がある。でもこれはイルカにもある超音波を感知するセンサーとほぼ同じものなんだ。

そのセンサーでこの地下水道の電圧を感知している。

空海なんかも実は人より鼻が効くって言うのとたいして変わらないことがわかるでしょう?

でもこの地下水道の電気圧が自分の体に合わないとどうなるか?

これが「この店はよく変わるよね」といういわくつきの物件になる。

体に合わない電圧の上に住んだら、具合は悪くなるし、イライラするし、イイことないよね。

俗に運が落ちるわけさ。そうそう運気は免疫なんだよって話もこれ。

体液、特にリンパがこの電気に反応して免疫力が落ちる。落ちると免疫力を上げるために最後の方法でアドレナリンを放出しようとする。

つまりイライラしていく。免疫力がないから人に触れたもない。視野も狭くなる。

こうして運気が下がったって言ってるわけです。

こんな家はだいたい土地に地下水道が走っている。

ね、別に大した仕組みじゃあないんだ。

ではでは

コメント

タイトルとURLをコピーしました