このブログについて( 初めての方へ )

必読▶受験の話

裏の話に行こう

下見で結構わかる合格

これはいろんな家族の受験戦争をみて確率が高い話を・・・うちもこうだったし、占いの加減でお願いしてやってもらったらやっぱりそうだったって話をします。

それは父親

父親と下見にいって「ここいいんじゃない」と父親が言った学校はかなりの確率で合格する

それが高望みでもです

ここで母親でないのがちょいと悔しいがやはり子供は父親なんだなあ・・・

会社の就活も父親と話ができない人は難しい

これは当たり前

面接官は大概父親と同じ世代だから、父親と話ができないとうけない

ここで言いたいのは受験家族はやはりバランスだと思う

うん、離婚した家族には未来はないのかと言われたら、残念ながら私は離婚したことがないからよくわからない。

でもブログでなんどもいったけど正直であることが一番

母親にはできない何かが彼らにはあると思う。

認められないならそれでいい

ただとことん利用してほしい

かれらの独特な世界を利用しまくって合格を勝ち取ってほしい

ちなみにブログをみてうちの息子たちは出来がいいなんて思った人はごめんそれはない

というのが長男と次男は失読症だ

小学校6年までは読むのも書くのも支持行動もよその子よりはるかにできなかった

のちに大学に合格したとき同窓会で友達に

「ごめんおれお前が知恵おくれだと思ってた」

とつくづく言われていた(笑)

だから中学は「1」「2」は当たり前の内申点

当然私立の受験相談では「何しにきたんですか?」って言われた

でも塾へ行っても駄目だと思ったから自分がノウハウ本を読み漁って勉強したんだ。

「いまにみておれ」ってね

そんな高校に受験して合格点とればそこの生徒なのだ。

だからここで紹介したんだ

もしかしたらできのいい子はこの方法は効かないかもしれない

長男は結局K大に合格後大学院を卒業

二男はS大の法学部を卒業した

うん、人生わからん

だから今月の模擬試験の出来で人生おわるようなイメージは親自体が持ってほしくない

私はもうこれ以上落ちないところを見たから楽しんだよ

そう、親こそ楽しんでほしい

ブログはあと3回で終わろうと思う

実習今月下旬からあるからねそのあとは理学療法士の国家試験だ

親こそ挑戦しようよ

ではでは

コメント

  1. kiki より:

    アリッサさん私もです!!
    木彫りっこさんありがとうございます。

    これは・・・感動と共に心に刻んでおきます!

  2. kiborikko より:

    今頃 随分前のこの記事を読んで感動しています!というのは、孫が来年小学校ですが、読むのも書くのもまだなので少し気になっていました。でもこの記事読んで安心!!ありがとう!!!

    • Alyssa より:

      木彫りっ子さんがコメントしてくれなかったら今この記事を読むことはありませんでした。ありがとうございます〜????

    • ごもく より:

      実は、私も自分の子供が来年小学校ですが、枠にはまらない子で(^◇^;)同じように悩んでいました。実際進学先(クラス)を悩んでいる最中です。
      この記事を読ませていただき、私も救われました。木彫りっ子さんありがとうございます!

タイトルとURLをコピーしました