💡 このブログについて( 初めての方へ ) 💡 ✨

連合: プレアデス人から見た地球人ほか質問

Q.
連合プレアデスの担当さま、こんばんは。どうぞよろしくお願いいたします。プレアデスはとても広く、さまざまな種族がおられると聞いております。そのあたりがしっかりと分かっていないため、要領を得ない内容がありましたら流してくださって結構です。また、内容に失礼がありましたらお許しください。

Q1地球へプレアデスから転生している方々は、かなり多いと聞いております。こうした転生がもしあるとすれば、意思の元に行っているのですか?その場合の目的はなんなのでしょうか?人格向上?興味本位?あるいは流刑地とか?

A.
星を育てるためです

地球という星を育てて、次のステップに進めるためです

Q2このブログでは、私を含めプレアデスでの過去生があるとシャンバラの担当者から教えていただいた方が何名かおります。こうした方のデータがそちらにもあるのでしょうか?それとも過去生というよりは、トータルセルフの一つがプレアデス人(以下、プレ人という)という解釈なのでしょうか?

A.
データーは人によってとられている場合があります

しかし、全員ではありません

また、トータルセルフとはなんでしょうか?

想像するに、それは多分ないと思います

Q3プレ人のある文明では、高度で平和な文明が長い期間発達したとのことを聞いたことがあります。地球では、まったくそこまでいっておらず、家庭内での小さな争いからはじまり、個々が所属する組織内、あるいは宗教、国家などの異なるスケールで冷静の議論ではなく、力による闘争が生じているのが実態です。背後に蠢くものはさておき、こうした高い意識を育んでいくために必要なことはなんなのでしょうか?個人的には、地球人一人一人が謙虚な姿勢で学び続ける努力をすることで、霊性の向上は達成されるものなのか、とも思います。まずは、一人一人が内側から、変わっていかねばと思います。プレ人の方々もそのような過程があったのでしょうか?

A。
まず誤解があります

高度で平和な文明が長い期間発達した

と言いますが、争いはあったし、喧嘩も、闘争もありました

そこは語られないだけで、ないとは言えません

また、今の日本は非常に平和な地域のプレアデスににています

こんな感じです

Q4一方で、人身売買(被捕食者と捕食者の関係を含め)の歴史も厳然としてあったとのことでした。上記のような意識の低さが、家畜たる歴史を助長していたのだとも思い、同属として反省しています。今後、地球人がみなさんとも比肩できる存在となるために、決定的に欠落している、不足しているものは、どんなものだと思いますか?

A.
自信です

Q5シャンバラの運営や、今後の連合とのやりとりを含めて、個人的には、アストラルレベルで目覚めている人材を多く確保することが重要な気がします。その場合、特区に通っている学生らがその候補になりうるとのことなのでしょうか?あ、この質問はシャンバラ担当者向きでしたかねw

A.
そうですね。我々は関知していません

Q6話を変えまして、現在、地球での私の仕事は、河川生態系にかかわる基礎的な調査、事業の計画や設計、評価などです。幼少期から魚や水生昆虫の捕獲や飼育観察などが好きで、遊びの延長が職業になっていました。まだ学ぶことは非常に多く、たいへん骨が折れる仕事ですが、やりがいを感じています。こうした生態系に関する仕事は、より広い星間スケールで活躍されている連合の方々が行う仕事で相当するものはあるのでしょうか?あれば、どんな生物がいるのかなどをお聞きしたいです。(他の質問者さまが、植物についての質問をなさっていました)

A.
いや、すべてです

しかし、結構おおざっぱに見ます

そこに基地を立てるとなると詳しい採集が行われますが、一時期の調査では大まかにすべてですwww

生態系の調査で一番いいのはやはり土ですね

糞や微生物で大概の生物の生態がわかります

ですから地球で言うドローンみたいなものを数千飛ばして土のサンプルを取ります

それを12区画で分けて、採取した土を分析して行います

Q7個人的な質問になります。わたくしは、シャンバラ特区の学校で、プレアデスの特別事業を受けていたとの報告があったようです。もしご存じでしたら、どのような授業の内容だったのかご存じでしょうか?また、参加していた学生は、過去生でプレ人だった者が多かったのでしょうか?

A.
多分オープン授業をした人類としての地球人という題目でしたかね

たしか同じ授業をアメリカのH大学で行ったはずです

Q8勝手な妄想かもしれませんが、はるか以前?未来?に、私が銀髪・長髪の宇宙人で、どこかの勢力と戦っており、捕えられて拷問を受けた記憶があります。その後、仲間数名と地球に逃げ延びて、そこで定着したようなのですが、その時の私はプレ人だったと感じています。また、地球に向かう小型宇宙船に乗っていた、数名のスタッフの中に、瞳の黄色い女性がいました。この記憶が本当かどうか、なんて他人に聞くのもおかしな話ですが、一応聞いてみてもよいですか?また、黄色の瞳の女性が、このブログの質問者の中にもいるのかな~と思ったりしたので、質問したいと思います。

A.
全くわからないです

Q9少し以前に、私の部屋に、担当さんのほかに手足が長く、細身の黒スーツ、黒ネクタイの男性がおりまして、ミスタージェンと呼んでいました。ブログに挙げて質問すると「宇宙人ですよ」とのことでした。ちょうどそのころ、プレアデスの特別授業があったとのことでしたので、ジェンさんはプレアデスの方かなと思った次第ですが、違いますか?また、どんな目的で来られたのかも差支えなければ教えてください。なんなら、今後、そばを食べに来てくださいと伝えといてくださいwww

質問は以上です。よろしくお願いいたします。

A.
それはお答えできません

ただプレアデス人ではありません
質問をありがとうございました

コメント

  1. M より:

    連合プレアデスの方々、こんばんは。
    Q.この地球では、宇宙人によってアダム・イブが作られた、〇家が作られた、ユダヤが・・ とありますが、
    それぞれの人種に色々な遺伝子操作をしたのだろうと考えますが、
    ★ その体(Body)はどこから持ってきたのでしょうか?
    1.地球で考えられている進化系統樹にある、ホモサピエンスなどを遺伝子操作した
    2.まったく別の星から体を運んできた。
    と2つの可能性を考えたのですが、いずれにしても謎が残ります。
    1の場合は、宇宙人に似たヒューマノイド型にどうやって都合良く進化したのか?
    2の場合は、発見されている原人や旧人、新人類とは全く無縁なのか? また、進化の過程で変化したと言われていること(例、ミトコンドリア細胞内共生)は、他の星の出来事で昔起きたことなのか?
    よろしくお願いいたします。

  2. たけ より:

    ご担当さまに色々答えてもらい、ありがとうと言いたいです。
    それから、立て続けのアップ、ベスさま、ありがとうございました。
    ただ、転生の目的が、本当に星を育てるため?!それを知ってて食肉輸出?と穿った目で見てしまうのでしたw
    しかし、争いがあった事実など、愛などのきれいごとだけではない返答に、真実味を感じました。
    アストラル界での生態調査かぁ。楽しそう♡
    シャンバラからの出向で、クルーにくわえてほしいです。死んでからw

  3. 胃上羊水 より:

    こんにちは。
    一つご提案なのですが、
    このブログが、
    一見して、
    あまりにも意味が分からない謎のブログなのに、
    トップやプロフィールに、
    何の説明もないので、
    入り込みづらさがあるのではないでしょうか。
    何かの団体や宗教の、内輪だけの集まり、みたいな雰囲気が醸し出ています。
    波長が合う人だけ集めたいのなら、それも分かりますが、
    一応、地球のすべての人を動員するのに、
    どんな人が呼びかけているのかも、一見してよく分からないのは、どうなのでしょうか。
    そういう点もすべて、其方の狙いや意味があっての事でしたら、何も申し上げる事はありませんが、
    もう少し、可愛らしい見た目のデザインにするとか、3分くらい読めば、何となく何をしたいブログで、どんな人がやっているのか、宗教などじゃない事などが分かるとか、
    一般人受けする作りにして、入り込みやすい雰囲気にすると、さらに広がりがあると思うのですが、いかがでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました