太陽観測所のお返事ありがとうございました。

今度は幽霊について教えてください。
血縁関係はない親戚で死んでいる人のうち2名、あっちは幽霊の状態でおめにかかります。

一人は死後4~5年くらいかと。
もう一人は詳しくは知らないですが、たぶん数十年くらいかと。
そんな二人や、ほかも先祖たちに出会います。
生きているうちには会ったことはない人もいます。

そこでこちらの幽霊関連の話を検索してみました。

http://gaia-shamballa.xyz/blog/?p=28048
幽霊は幽体と霊体の集合体です。基本亡くなってから四十九日法要が終わってまでですね。
お化けはときに集合体として存在しており、化けること自体は非常に容易いけれど基本的に見ている人間の情報からしか変化はできない。
幽霊はそういう意味では独立しているのです。なので両者は別の物ととらえてください

つまり、49日過ぎたら幽霊じゃなくて集合体のおばけになるということだと理解しました。

でも私が話をしている(というか、一方的に感情や思考が流れてくる?)相手たちは、49日よりももっと以前に死んでいます。でもそれぞれに個人です。

その人の言うことを家族の人に伝えたら、どうしてわかるの?と言われたりもされるので、妄想ではなく、集合体でもなく、ご本人個人ではないかと思っています。

ホログラムかと思うこともできますが、悪い感覚はありません。
いやな感覚を感じて避けるというのは普段から多いですが、そういう感覚はありません。やはり親戚なせいか、とても温かい感覚や、胸がキューンとなる感覚があります。これらはご本人さんたちの感覚が伝わってるのだと思っています。

そこで質問です。

この、ブログのお話と私の体験の食い違いはどういう理由だと思われますか?

A. あなたが接触ししているものは不成仏霊というもので、誰かからかエネルギーをもらっているので不成仏霊であり続けるのです。感覚がつながればエネルギーが注がれる。つまりあなたかその霊の身内のエネルギーが不成仏霊を生かし続けている可能性はあります。

正直代弁するのはお勧めできません。それだけ生きることに執着するので。できるだけお断りをして伝えないようにしましょう。ブログとの食い違いはありません。不成仏霊について質問はなかっただけです。

質問をありがとうございました

 

24+

いいねをしたログイン済みユーザー:

  • avatar

あなたの質問をお待ちしてます!質問はこちらのフォームから♬
ブログの最新記事をメールで受け取ることが可能です。