新ベスのブログ

…as You go with the Flow(流れのままに…)をキーワードに、読者とシャンバラ(Shamballa)の質疑応答を、著者『ベス』がひたすら打ち込んでいく、世界でただ一つの面白不思議スペースをお楽しみ下さい♪

個人的質問: 訪問者現る?!

皆様いつもありがとうございます♪
今週のテーマとは違いますが、よろしくお願いします

以前、この様な質問をしました。
https://gaia-shamballa.xyz/blog/?p=45233

「とりあえずその部屋に入ってくつろいでください。きっと部屋に人が入ってきます」

と書かれていたので、ピアノを弾きながら楽しんでいたら、グランドピアノのカーブした側板の所に、男の方がもたれかかって立っている様子がしました。(我が家のはアップライトでシャンバラの家にあるのがグランドピアノです)

弾いているので顔は拝見できませんでしたが、雰囲気は男性でお腹の出ている中年で、日本人ではなく、少しよれっとしたスーツ姿。胸の前でリズムを取ってくれているようでした。こんな初心者のピアノに、出だしを手でそこ!とか、少し強めに!という様にジェスチャーで教えてくれたと思います。

これぞ訪問者でしょうか?

A. はい、担当です。おめでとう!

 

感じる雰囲気が(希望的観測✨)レイ・ブライアントさんに似ていました。亡くなって8年程ですが、シャンバラで私のピアノの音につられて来てくれた…と言うことはないですか?(ないか~😅)どなたが来て下さったか分かりますか?

A. エロル・ガーナーです。

 

こうやって楽しんでいると、また新たな訪問者の方が来て下さるでしょうか?

A. 担当で知られている人というのも珍しいですが、アセンション後はどんどん地球人がシャンバラで仕事をする時代になります

 

歌うのも好きだけど、楽器を自分で奏でるのにもずっーと憧れてきました。だから、今は嬉しくて仕方ありません。こう考えると、私は音霊かなと思っています。

そして、絵を描くことが好きなシャンバラの私は色霊ですね。2つ魂って1人が音霊でもう1人が色霊という事はありますか?

A. 二つ魂ではなく前世の仕事が画家だったのですが音に関係した画家でした。色魂として書いていたわけではありません

 

あれっ?そうなると2つ魂のもう1人は音楽が好きなんでしょうか?

A. いえいえ、どちらも音霊です

何処かで音楽を聴いたり楽器で遊んで楽しんでいますか?

A. はい、そうです

 

この何処かとは、シャンバラの何処かと思っていいのでしょうか?それとも、全然違う星に居るとか…

A. レインボースペースです

 

о(*><)(><*)о 2つ魂の事ももっと知りたいですが、今日はここまでよろしくお願いしますm(_ _)m

(参考: シャンバラwiki「二つ魂」https://gaia-shamballa.xyz/wiki/?p=112

A. 質問をありがとうございました

 

23+

あなたの質問をお待ちしてます!質問はこちらのフォームから♬
ブログの最新記事をメールで受け取ることが可能です。

 

前へ

魔法陣: 次元操作の魔法陣

次へ

魔法陣: 個人の覚醒の魔法陣について

2 コメント

  1. アンジー

    ありがとうございました。今回の解答で、何故ずっと絵を描いているのだろうという疑問が分かりました。シャンバラに慣れる為に、画家だった前世の得意分野の絵をひたすら描いていたのですね

    という事は少し慣れたのかな
    ゚ 。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。 ゚

    そして、念願の先生が付いてくださいました!しかも、動画でお顔も拝見出来るし、演奏も観られて最高です。
    黒人の方だろう(白人のシュッとした感じではない)とは感じていましたが、エロール・ガーナー先生なのですね。担当の先生が付いてくださると、俄然気合いが入ります

    フランソワさん、動画を貼ってくれてありがとうございます。一番に観ました
    (〃艸〃)

    7+
  2. フランソワ

    質問者様より先だって失礼します。
    エロール・ガーナー氏ってどんなピアニストだろうと動画を調べました。
    優雅な空間でよく流れてるこの曲って彼の曲だったのですね!
    https://www.youtube.com/watch?v=P_tAU3GM9XI
    Mistyという曲。
    wikiでは「霧中を飛行する旅客機の窓外を眺めているうち、唐突に魅力的なメロディを着想した」ってありました。当時からシャンバラと繋がってらっしゃったのかなぁ。
    日曜の朝から心地よいメロディが聴けて感謝です。

    素敵な担当様ですね。いつかお二人の演奏聴かせてもらいに行きたいです!

    15+

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Powered by lovecraft & Copyright by 新ベスのブログ

Scroll Up