💡 このブログについて( 初めての方へ ) 💡 ✨

初心者質問: お経本について

ベスさん、スタッフのみなさま、いつもお世話になっております。
今週は、今更聞けない初心者質問ということで、この機会をありがとうございます。

今日はお経本についてです。
私が使っているお経本は、アコーディオンタイプのポケットサイズ、観音経の小さなものです。

お経本を検索している時「このお経本にしようかな…」と思っていると、よい香りが漂ってきました。それと同時に日頃あまり音などしないベランダの柵が「ゴーン ゴーン ゴーン」と3回大きく響いて、それがまさに「観~~音~~経~~」に聞こえたので、このお経本を買うことに決めました。

以来ずっとお札を挟んで、いつも助けられています。ありがとうございます。

このお経本は、前の方に挟むと浮いてしまうので、いつも後ろの方に挟んでいます。先日ふと、お経本を開いて見ると、文字のある方にうす茶色のまだら模様がたくさん出来ていました。裏側の白い、文字のない方はそうなっていません。

小さくてかわいいので、ずっと使っていきたいのですが、このまま使い続けていくととても汚ないお経本になってしまいそうです。その時は交換して新しくした方がいいでしょうか?

A. このブログでは常に「すべては電気でできている」という言葉を前提にしています。お経で巻く行為は挟んだ人のエネルギーの中の負のエネルギー=電気が文字を通して漉されているという意味です。ということはもしそこに負の電気があれば紙を焼くことになります。それが今回指摘している現象です。

かなりいいお教本ですね。汚れではありません。むしろその力があるという証拠です。たまに汚れたと思って新しいお札に買い替える人がいますが、もったいないですね。ということでこれからも大事に使い続けてください。

 

また処分する時はお寺ではなく、近くの神社に古いお札を納める場所があるのですが、お賽銭箱も設置されているので、そこへ白い紙に包んで置いておいてもよいですか?

A. やるんですか?( ̄д ̄) やめといたほうがいいですよ。まあ、処分については受付でおたきあげと称して少額のお金を包んで返してください。わかってくれると思います

 

このうす茶色のまだら模様を見ると、自分のネガティブなものを吸い取ってくれた跡のように思います。

また別件ですが(’20.8/5レインボー色で質問: https://gaia-shamballa.xyz/blog/?p=55916)部屋にいるときにまだ煙の臭いが時々します。どうして臭うのかわかりませんがその都度、お塩をほんの少量まくと一瞬でその臭いが消えるのでいつも助かっています。ありがとうございます。

A. 霊的な感覚に匂いを感じる人はいます。高級霊がそばに寄ってくると白檀の香りがします。いろんな香りが実は霊的な香りであることもあるでしょう

楽しんでください

 

質問をありがとうございました

 

30+

コメント

  1. anne(アンヌ) より:

    回答をありがとうございました。

    お経本は、むやみに処分出来ないものと思っていたので、たったひとつを一生使うつもりで時間をかけて選びましたが、あまりにもうす茶色のまだら模様がひどくなってきているので質問しました。ですが、そのうす茶色が影響することはないようなので、これからも使い続けるつもりです。

    このお経本は小さくて、明るい朱赤色の表紙なので、お札を挟む時も燃やす時もただ見る時も、気分を上げてくれるので、気に入っています。

    後に家族のために同じものをもうひとつ購入しましたが、送られてきた時に(気のせいかもしれませんが)同じものなのに違う、自分のものとは何か違う、そんな気がしました。

    11+
    • エヴァ より:

      質問者様、回答者様、大変参考になる記事をありがとうございました。

      最近、4年前に購入したお経本の効き目があまりなくなったような気がして使用してなかったのですが、こちらの記事を読んで、観音経について少し調べてみました。
      羽賀ヒカルさんという方の「観音経の功徳と効果」という動画の中で、「いい出来事、幸福な出来事、幸運な出来事をたくさん起こそうと思ったら観音経を唱えるといい」というようなことを言われていて、これは次元操作にピッタリではないか!
      という事で早速ネットで注文しました。注文確定のメールが999件目で来て、次の支払いの案内メールが1000件目で来たので、これもピッタリでいいなと思いました。届いたらいろいろ試してみようと思います。今までお世話になったお経本の活用法も考えたいと思います。参考になる記事をありがとうございました。

      8+
タイトルとURLをコピーしました