💡 このブログについて( 初めての方へ ) 💡 ✨

魔法陣: 他人にかける魔法陣と自分にかける魔法陣のとき

こんにちは、ブログを見ていると魔法陣は自分にかけるより(自分の要望を叶えるより)身内の人間や知り合いにかける人のほうが多いですね。

成功の確率も、自分自身を対象とするより他人にかけた魔法陣のほうが成功率が高いように思えます。(理論上は関係ないと思われますが。)
恐らく、相手にかけるときと自分自身を対象にやる場合では、余計な思いや力が入ってしまいなかなか自然体の状態、フラットには出来ないからだと推察しています。

そこで、相手に頼んで自分にかけてもらうやり方を思いついたのですが、
どうでしょうか?

例として、病気などを治したいとき、相手にこのブログと魔方陣のことを教えて、(理解に至るまでの過程はこの際置いておきます)自分にかけてもらうという方法です。書き方はこちらで指定します。(ブログを見ると殆どの場合は、家族や友人などの対象者は魔法陣のことは知らない前提みたいになっておりますが。)

もしくは、ベス様側で魔法陣の請負業務などを検討してはいかがでしょうか?
無論、ボランティアの範囲は超えていると思いますので、金銭のやり取りの上でです。

スタッフ様のお考えを聞かせてください。

A. 現在皆さんに教えている魔法陣はまだせいぜい小学校から中学校までのカリキュラムです。そんなに簡単にはいきません。請負業ができるほど皆さんは魔法陣ができていないのです。提案としてはいいのですが丸投げ感見え見えでちょっと違うでしょうという考えです。すでにリアルセミナーでフォースまで行った人たちはグループを組んで人の魔法陣をしたりしてもらったりしています。

実践型なので要望の書き方など一つ一つ経験を踏んで解説して行っています。うまくいかなかったのはなぜかを問い詰めて一気に行くこと。そこに金銭のやり取りはあり得ません。できる人間同士が行うだけなのですから。

ボランティアの範疇を超えることはないのです。神官で生きるとなるとそれはかなりの修行が必要ですが、その中に人とのコミュニケーションも入っています。だからシャンバラでは神官は別に仕事を持っています。そう、実際の生活がしっかりしていないと魔法陣だって崩れるのです。

もうすこしこの世界を満喫してからその提案を再考しましょう

 

提案ありがとうございました。

 

20+

コメント

タイトルとURLをコピーしました