Q.

更新されるのを凄く楽しみに、ブログを拝見しています。
科学班の皆様宜しくお願い致します。
まだ理解が進まない事が一杯ですが、質問させて下さい。

質問:メンタル体がないと、4~5回の転生でゲームオーバーということですが、ブログで使われる語句には「メンタル体、アストラル体」の他にも「魂」が出てきました。

http://gaia-shamballa.xyz/blog/?p=11119
「魂」についてわからないので、教えて頂きたいです。
このblogに着くまでの私の知識では、「魂」は永遠に不滅?というか、極極小の粒(原子みたいな?)のようなイメージで、それが気の遠くなるような年月の転生?を繰り返しながら成長していくと思っていました(鉱物界→植物界→動物界)。転生のたびにその粒(魂)がその能力(=成長段階)に応じた肉体?を自らの周りに作り、転生を繰り返す。で、私達人間はヤットコサ動物界の中の人間まで辿り着いた存在だと思っていました(まだまだ上に段階がある中での位置)
エーテル体・アストラル体・メンタル体・コーザル体も「名前としての知識」はありましたが、まさかメンタル体を持たずに生まれてるかもしれない自分にビックリしたのは事実です。今まで「魂」は僅かずつ成長し続けると思っていたので、ここで「魂」についてもう一度教えて頂きたいと思って質問しました。(「魂」という言葉の定義、かな?)よくわからないままの質問になっていて申し訳ありません。
宜しくお願い致します。

A.自然界は常に種類豊富に出来上がるということですww
一通りの行程は踏みません
また踏まないと思わないと説明できないから、今の地球の精神世界は限定的で面白くない
いろんな魂があるから面白いのです
子供が常にハイハイから歩き、走る工程をたどるわけではない
時にハイハイをせずに立ち上がることもあります
それを異常という言葉でひっくるめて考えるのは何とも危険です

魂もすぐに消える魂、少し長く存在する魂などあるのです
確かにコーザル体レベルでは原子のように極極小粒とも言えますが、それも3次元から見たことであり、実は大きさもそれぞれ

そう、たまに霊現象で心霊写真などに大きさが合わない霊が映り込むことがありますが、あれだって大きさという概念を捨ててみないとわからない
これからこの世界を見たときに従来の固定観念が崩れるでしょうがどうか自然に固定観念を植え付けたら前に進まないことを前提に観察しましょう
それは決して今の地球の科学のように理解できないと「偶然です」などという言葉で逃げることではない
常にその裏に原因があり、事実がある
それを乗り越えるのが科学です
魂をもう一度教えることは難しいということをえらく長い文章で書きましたがwww新しい時代の科学を一から教えることはできません
とにかく信じないことです
疑い続けてどうしても払えないものがあったらそれこそがあなたの事実だと思いましょう

質問をありがとうございました

1+

あなたの質問をお待ちしてます!質問はこちらのフォームから♬
ブログの最新記事をメールで受け取ることが可能です。