このブログについて( 初めての方へ )

必読▶▶離婚を考えたらこれだけは準備1

亭主が浮気した。お金を入れない。などどうしても離れたほうがいい夫婦はいる。

まして奥さんを殴るなんて最低!

でも子供がいると不安でついついこのままでいいかと頷いてしまう。

そんな状態で毎日不満ばかり、結局喧嘩ばかりして家庭はギスギスしてしまう。

さて今を打開するには離婚しかない。とお思いのあなた。その状態で離婚しても結局うまく行く人はまず居ない。

で、弁護士もいってくれない、占い師だから言える準備がある。

別に裏の方法ではない。それは最後の方でお話しよう。

まずやらないといけないのは、今ある貯金の把握。

最低300万あるといい。なければ稼ぐしかない。

次にすること。

役所に行くこと。と言っても戸籍課に行くのではない。役所には必ず「福祉の手引き」という本が売っている。

高くても400円位だ。

そしてこの本をじっくり読む。読むところはもちろん「母子家庭」

役所って不思議で、例えば今はどうか知らないが東京都では母子家庭だと水道料金が半額になる。

でも役所で「こんなサービスがありますよ」なんて言ってはくれない。

当然ていったら当然。だからこっちがそれなりに勉強しないといけないのだ。

母子家庭が離婚して何箇月で支給されるのか。ほかのサービスはどうか。都営住宅にはどれほどの優先で入れるのか?

なんにも勉強しないとどれほど不利か理解しないといけない。

さあ、そんなサービスを加えたら自分は月いくら稼げばいいかわかる。

この計算ができると「あれ?いままで居させてもらっていたと思ったのに、実はいてやってたんだ」と気づくほど意外に離婚後は明るい。

っていうか私の場合はその時の生活より離婚してパートで楽に上の生活が出来ることに気づいた。

ただ母子手当など離婚して1年しないともらえないものがあるからそこもチェック!

それを考えると300万あるとだいぶ楽になる。

この300万が離婚準備の資金として目標設定するのだ。

300万貯めるにはパートで3年として、3年あると手に職も持てる。

また母子家庭に対して離婚後になるが国家試験における職業は援助が受けられる。

ちなみに私の目指す理学療法士にそんな女性がいる。

計算したら「これならできるとおもった」そうだ。

ちなみに理学療法士は昼で500万以上はする。

さあ、これで離婚を着々勧めていこう。やることはたくさんある。

次回は離婚を決めたらすることで子供たちのフォローに行ってみよう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました