このブログについて( 初めての方へ )

来世: 死後の感覚とは?

Q.
こんにちは。よろしくお願いします。
すでに既出の質問でしたらごめんなさい(¨;)

人は目をつぶっていても自分の腕や足を折り曲げているか、伸ばしているかという体の位置、姿勢を受容器によって感知し、脳に神経インパルスとして送ることにより自分が今、どういう姿勢をとっているのかを無意識に理解していますが、この体の各部の情報を脳に伝えるニューロンというのは幼児の頃はまだ短く発達していないそうです。

それを色々な経験や刺激が与えられることで発達し、固有感覚などの感覚として成長していくそうなのですが、シャンバラ、つまり肉体を脱いでいくこの世界ではこの感覚というのはどういった経路で伝達されているのでしょうか?

シャンバラでなにか食べ物を食べたり飲んだり、またはなにかものに触れたときも同様に疑問に思いました。

脳というもの自体が実際は中継点のようなもので、肉体での感覚というものも実は脳で受け取っているものではないとか?

どうぞよろしくお願いします。

A.
医学的には全く異存はありません

肉体もアストラル体もしっかり消化機能、運動機能、感覚機能などございます

当然こちらで生まれた赤ん坊はすべて皆さんが知っている地球の赤ん坊の成長と似ています

あえて違うとしたら、大概途中で母体から出して羊水槽で過ごしてのち生まれます

なので歩行などは早いです

伝達経路は伝導路など違いはありません

しいて言えばテレパシー神経経路があることでしょうか

脳はしっかりありますよ

あと、何事も自己分析をするとそれなりにわかってくると思います

質問をありがとうございました

 

コメント

  1. 湯のはな より:

    回答有り難うございます!
    あの世の体にもこの世と同じような「体」というものがあるんですね、びっくりしました。
    形のないものだというイメージがあったので。
    そして感覚機能も同じ。と、いうことは体液も同じようにあるということなんですかね。
    血液や唾液が?
    読み返す度に新たな疑問がでてきます。
    有り難うございました。

タイトルとURLをコピーしました