💡 このブログについて( 初めての方へ ) 💡 ✨

医: ステロイド依存について

Q.
早速のご回答ありがとうございます(●´ω`)ノ”
確かにストレスは一番よろしくないですね。自分の重症度を考えながら、合唱サークルも嫌だと感じたら、さっと身を引きます!
お酒は苦手なので…あとは練習あるのみ!がんばります(`・ω・´)無心
入眠に関しても、緊張しない方法を確立して臨みたいと思います。(^o^)/
ここからはお肌に関する質問なのですが…

私は幼少期アトピーで、ステロイド使用の経験があります。
アトピーが治ってからはすっかり肌の事は気にしていませんでしたが、少しの肌荒れから、ちょちょいと身体全体の皮膚が弱くなり湿疹が出来やすくなりました。
そこで少量のステロイドと塗り薬と湯治、その後治りきらない部位は脱保湿で治療し、ステロイド塗った部分以外は治りました。
ステロイド塗った部分のみが本当に治りが悪く、これはステロイドが何か作用しているのかと思いました。ステロイドの副作用を認め専門にしている医師に聞いたところ、私は幼少期にステロイドを使っていたので、少量でもステロイドに対して過敏に反応するとの事でした。
だけど大丈夫な人もいると。その差は分からないんだと言われました。(´,,・ω・,,`)
遺伝子レベルで外用ステロイドは、人の自前の表皮ステロイドに作用してしまうと聞いたこともあります。でも遺伝子はそう簡単に変わらないとベスさんのブログで読み、私もそうであって欲しいと思っています。(そもそもステロイド依存もないといいけど)
そこで質問です。

ステロイドに対して、過敏に自身の肌が反応したり、依存してしまう原因は何かあるのでしょうか?フィラグリン遺伝子は関係ありますか?
お返事よろしくお願いいたしますm(__)m

A.
このブログを見ているとステロイド剤の相談が多いですね
脱ステという名前もある
妄想です
はい、フィラグリン遺伝子は関係あると思ってます
フィラグリン遺伝子に異常があるとき、アトピーが発症するまでに肌を守っている臓器があります
それが副腎です。つまり、副腎の活躍がほかの人よりはるかに大きく発症が起きるまで持ちこたえているのです
しかし、それが風邪などの疾患にかかると免疫力がそちらに行くので肌がおろそかになり、発症します
アトピーを発症してステロイドを使用するとより激しく副作用が出て、やがて副腎自体が活動を止める事態になった時に問題が深刻化します
依存性はそこにあるとみています
よろしいでしょうか?
質問をありがとうございました
で、当然フィラグリン遺伝子の異常があるかないかを確認してから使用することですね

3+

コメント

  1. らな より:

    またまた質問させてください!
    以前ブログで電子レンジは食物のエネルギーをゼロにすると読みました。
    大地エネルギーというものを初めて知り、興味深々です。
    私は農家の人や土地に、農薬による影響があったら嫌なので、出来るだけ自然栽培のお野菜を選ぶようにしています。その中には何となく雑草みたいな細胞壁の力強さを感じるお野菜もいます。土も結構付いてきます(^_^;)
    Q そういったお野菜には一般的な慣行栽培や流通によるお野菜よりも大地エネルギーが多いのでしょうか?
    またそれは生食が一番摂れるのでしょうか?私はほとんど生では食べないのですが、大地エネルギーをなくすのはもったいないなぁと思いました。蒸したり、茹でたり、焼いたりする時のエネルギーの流出みたいなものがあれば教えてください(*ノ▽ノ)
    またその大地エネルギーとはフィトケミカルみたいなものでしょうか?
    私は調理法とか食べ物が大好きなのです。美味しいものが一番、本当にそうですねヽ(*^ω^*)ノ勉強するほど、これはダメあれもダメになりがちですが、こうした方が美味しいし、健康にも良いのか~って発見をしていきたいと思います。
    ブログも飛び飛びに読ませて頂いているので、過去に回答があったら申し訳ありません(,,•﹏•,,)

    0
  2. らな より:

    お返事ありがとうございます!そうですよね、フィラグリン遺伝子が正常ではない人にとってステロイドは禁忌なのかもしれませんね(´,,・ω・,,`)
    所謂脱ステ、脱保湿…出来るだけそんな経験をする人を減らせればと思いますが…
    そういえばフィラグリンの検査キットを買ったまま放置してたのを思い出しました( ゚д゚ )
    今から送ろうと思います!
    副腎の活性化については私も挑戦した事があり、冷水シャワーをしてました。その時二ヶ月ほど患っていたアレルギー性気管支炎が2日くらいで治ってしまい、感動した覚えがあります。
    しかし人体のステロイドが増えると、皮膚の表皮ステロイドは逆に減るという論文があると見た事があります。
    自分の経験的にも、交感神経が活発になりアレルギーには有効かと思いますが、角質の炎症にとっていいのかはよく分からず…
    角質自体を治せば、アレルギーは肌には出ないので、そちらを優先させようと思い、冷水シャワーは辞めました。(とゆうか、寒くって私にとっては苦行でしたし(=ω=;)
    副腎を疲れさせちゃわないかなぁ、と思うのです。
    だらけてる副腎を活性化させるというのが目的なのだとは思うのですが…
    Q なかなか自分に合わせた治療法を捜すのに苦労しましたが、もしかしてこれはメンタル体の活動に入るのでしょうか?正直まだまだ…という気がするのですが(^_^;)こんなに調べたのは人生で初めてだったので✩⃛\(^o^)/
    聞いてみたくなりました!
    それと、車に連れ込まれそうになったり、明らかに変な人に付きまとわれたり、家まで付いてくる人とかに遭遇した事があります。
    そんな時、自分でもびっくりするくらい低い大きな声が出たり、友達の家に上手く入り込めたり、時には他人の家の玄関を使用して身を隠したりと、今思い返すとなんてナイスアイデア、上手く回避出来たんだろと思う事があります。
    これはもしかして守護霊さんか、はたまたメンタル体の反応なのでしょうか?!
    今までは人間の底力って凄いなぁと思っていましたが、このブログを見てから表面的な自分の力以上の何かが働いていたのかもと思うようになりました。もしかしてそういう事が関係しての火事場の底力…なのかな?
    少し医療からずれてしまったかもですが、お返事よろしくお願いいたしますm(_ _)m

    0
タイトルとURLをコピーしました