このブログについて( 初めての方へ )

シャンバラと縄文+次元について追加質問

シャンバラの転生と縄文について回答頂きましてありがとうございました。
追加で質問させて頂いてもよろしいでしょうか。お忙しいところ恐縮です。

A. はじめは過去を変えることをしようとは思っていませんでした。いろんな次元で一番接触できそうなところが皆さんの次元でした。そのうちに次元が変わり1999年に滅亡する次元が避けられ、2012年にももう一つ山がありましたがそれも変わり、今があります。特区のときには考えもしない奇跡が続いています。

・とありましたが、それでは当初の目的とは何だったのでしょうか?
奇跡のような今この時に感謝します。

A. 今だから言いますが女性をナンパしていましたwwwそのうちに借り腹制度が地球でできたのでそこでシャンバラ人を生んでもらいました。

 

A. 別の次元で死んでいる夫婦にしています。でないと肉体が見つからない。奪うことは良しとしないので

・この回答について教えて下さい。
“奪う”とは何をか?考えてみました。”奪う”の解釈がこれで合っているか教えて下さい。

夫婦Xは次元Aでは生きているが、他の次元B、次元Cでは事故等に遭い死んでいる。
生きている次元Aでは後に子供Yが出来うるが、他の次元では夫婦Xは死んでいる為、この子供Yは次元Aのみに存在する。この子供Yは一つの次元のみに存在する(後に産まれる)肉体なので、そこにシャンバラ転生の魂を入れるとシャンバラ転生者の胎児Yとしてのみ誕生する。
ところが次元ABC全てに事故等に遭わず生きている別の夫婦Σの間に産まれる子供Zに、シャンバラ転生者の魂を受胎した場合、次元Aのみの胎児Zに受胎することとなり、次元Aにはシャンバラ転生者胎児Z②が誕生。ところが次元B、Cの胎児Zは依然として肉体魂の胎児Zとして誕生する。同じ胎児Zでも次元Aの胎児Z②はシャンバラから見て、胎児Zの次元を奪って存在させた形となってしまう。一つの次元の肉体を奪ってしまった形になる。

A. はい、キコンカンコンキコンカンコン♪

 

・また、これらの解釈①②③については合ってますでしょうか。
①あくまでシャンバラからの接触、干渉、転生が出来るのは一つの次元のみ。
②次元には分かれるタイミング、消滅するタイミングはその都度あるので、転生時(子供誕生時)次元Aのみにしか存在しなかった夫婦Xだが、その後次元がまた分かれれば、その次元のどちらにも存在することになる。(事故等遭わない限り)
③シャンバラ転生者Yも、誕生した後に次元が分かれることがあれば、どの次元にも存在することになる

A.
① 一つではないですね。そうでない次元からもアプローチをしています

② そう事故だけに注目するならその通りです

③ この次元は濃度計算で行いますが、薄ければ存在しても発言しないおとなしい子になるし、濃ければ活発な子になります。そしてもしもっと薄くなるとその子は亡くなります。

 

・1999年に地球が消滅する次元から存続する次元へ次元移動したのですよね。直近の次元移動では、兵器による第三次世界大戦次元からコロナ次元への次元移動があったと思います。
その際にマンデラエフェクトが話題に上っていました。実はこれを見た時、引っかかることがありました。ちょうど1999年のことです。世界地図を見て、ニュージーランドの位置が変わっている!と母が大騒ぎしていたのを私は覚えているのです。

これも次元移動の影響だとして、なぜ同じマンデラエフェクトが違う年代で起こるのか不思議です。次元移動で、同じ次元間を行ったり来たりしているのですか?

A. それは簡単です。マンデラエフェクトは個人で起きるからです。あなたは経験がありませんか?同窓会で話す内容に知らない話があったり結末が違った経験。忘れたのではなく次元が個人でも変わっているのです。事件事故の証言が違ったりするのもそのためです。行ったり来たりのタイミングも何もかも自分で移動しているのです

 


これまでシャンバラは死後の世界ということで、納得していたのですが、ここへきて未来の地球という種明かしがありました。なるほど!と思った一方で、シャンバラ=死後の世界で納得していた部分と噛み合わない解釈が出てきました。
肉体が死んだら魂はシャンバラに行きクリーニングしてシャンバラに滞在した後転生、するはずでした。シャンバラが未来ということは、死んだら魂が未来にいってまた過去に帰ってくる?ということになり混乱してます。

・そもそも地球に限らず魂は肉体を抜けると一旦未来に行く仕組みなのでしょうか?
それともこれも過去への接触の一環として一旦シャンバラで過去の魂を預かることにした、とか…?そのためのクリーニング?なんて考えたりもしました。
でも魂の転生システムは物理現象だったと思うので、未来が干渉しようとして介入できるようなことではないような気もして…これは時間の概念が一方方向しかない私達には到底理解し得ないことなのでしょうか。

A. 未来と死後の世界がごちゃ混ぜになったのですね。この件を種明かしするときも混乱するからやめた方がいいという意見もありました。でもやらないとね

まずシャンバラの立ち位置ですが、深層アストラル界に存在しています。この際2015年以降の話は置いときましょう。肉体が抜けるとまずはここに周波数が合うのです。だから黄泉の国として存在していました。

その黄泉の国ですが、皆さんはデジャヴって経験したことはありませんか?あれ?これは経験したことだぞって。そうアストラル体でちょい未来で経験しているのです。寝ている間に。ではアストラル界って何だろう?それは時間がない空間です。平たく言うとね(また混乱を招くかもしれませんが)

なぜ人は事故を思い出すとフラッシュバックを起こすのか?それはアストラル体が過去にも行けるからです。魔法陣で過去の記憶を消すのはこの過去に行く道を閉ざすからです。思い出さなくなる=過去に時空に行かなくなるわけです

よって皆さんの魂は時間のない空間に行きつくのです。それが黄泉=シャンバラなのです。それは時間が存在する皆さんにとっては未来にもなるし過去にもなるし全く違う世界にも接触できるのです。だから遠足では未来の地球を見せることができたのです。時間が存在しない時空で皆さんの魂はクリーニングして時間のある空間に転生するわけです。その魂の周波数で来世が決まるのもそのためです。

混乱しているかな。これ以上言うと混乱するから止めが入りました。その後を聞きたければ追加質問お願いします

 


縄文については、私の実生活の中で探った縄文、縄文人のイメージはどうも違うのかもしれませんね。わけもなく忌み嫌われるお嫁さんもあいにく聞いたことはありません。わけあって嫌い合う嫁姑はよく耳にしますけれど(笑)

・シャンバラは日本の核爆発で10分の1まで世界人口が減ったそうですね。その後のシャンバラはどの人種が1番多いのでしょうか。

A. 対放射能ミトコンドリアを持っていた縄文人が一番残りました

 

この間、コロナで世界の人口はどうなりましたか、とどなたかに聞いたら”3分の1まで減りました”と教えてもらうという夢を見ました。これってちょっと先の未来を見てしまったのかなぁなんて具体的な数字にゾクっとしています。
ともかく当面今という時を元気に生き抜けるように頑張ります。
シャンバラって…?次元って…?と疑問が溢れかえって、大量質問失礼しました。
ELBF最終講座、楽しみにしてます。
お忙しいところ失礼しました。どうぞよろしくお願いします。

A. 時間の概念が違うのでたぶんアロムさんの話すことも半分しか理解できないかもしれません。でもそれは質問するという知恵で乗り切ってください。不安をあおりたいわけでもないので言葉を選びますが聞いてなんぼです。

 

質問をありがとうございました

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました