このブログについて( 初めての方へ )

日本消滅は回避できつつあるのか

お世話になります。 皆様から沢山のものを学ばせていただいております。 本当に切羽詰まった状況にあるのだ・・と感じつつ、まずは1日1日の生活を大事に編む、をベースに歩いてゆきたいと思っております。 今できることとして、拙いですが質問させていただきます。

①新型コロナ→コロナワクチンによる免疫力低下→次の悪夢的な感染症でバタバタ人が亡くなる→原発管理できなくなり爆発→日本消滅 の流れが前ブログで示唆されていたかと思います。

https://gaia-shamballa.xyz/blog/?p=63860

そして、今回の選挙の投票率でまず80%を達成することで、その次元を変えてゆけることも示唆されており、概ね80%は達成されたとのお話もありました。

https://gaia-shamballa.xyz/blog/?p=63890

日本消滅の次元は変更できつつあるのでしょうか。

A. 日本消滅の次元は変更しつつありますが、まだ消えていません。本当に少しの計算ミスでも失敗をするくらい難しいところにいます。一つ言いたいのはシャンバラの歴史にアロムさんがいないことです。これはある意味、頼もしいことです。彼を通して多くの変化が起きていることは確かです。少なくともシャンバラ内部でも彼の存在は大きい。できるだけこのチャンスをものにしたいと思います。

 

②また今後日本消滅回避のために必要になってくる事象を教えていただきたく思います。

A. できるだけ本来の日本人に戻ることでしょう。確かにブラックなところがある民族です。しかし、それ以上にこの星にとっても大事な民族でもあります。

さて、日本民族の本来の姿とは?それは人を育てることに長けているということです。今の教育関係がほとんどがラスボスによって作り上げてきたものです。教師の質の低下、都合の悪いことを隠蔽すること。そして何より子供への虐待が横行していることです。そうやって目上の人間に逆らわない。目上の行動に疑問を持たない教育が浸透しています。このラスボスの存在がたとえ消えても、この部分を訂正しなければ第二のラスボスが出現する土台になりかねません。

本来の日本人は好奇心旺盛でよく質問し、疑問をぶつける民族です。そうやって日本人は生きてきたのです。だから戦争もない時代を作り上げられた。本来の日本人は教育に熱心で戦後多くの兵が東南アジアで国を立ち上げることに協力してきました。一人の人間を育てるのはどうかわかりませんがこと国を作るために人々を育てることには長けています。

これから一旦地球は国を維持することさえ難しくなってくるでしょう。復活のとき日本人が変えられるのだと思います。

魔法陣を駆使して多くの人々を指導できるはずです。第二のシャンバラができるのだと思います。

 

③以前ベスさんが、ペガサス著による本に登場されていて、全てのウイルスに抗体を持つ「彼」を守ること、2025年「彼」はこの惑星の希望となる、というようなことが記されていました。(詳細が違ったら申し訳ありません。) この話がもし事実であれば、これから起きるかもしれない悪夢のような感染症の件に、「彼」は関わってくるということなのでしょうか。

A. 遺伝子の検査が流行っています。ゲノムを解析するうちに明らかにこの世界では「彼」を見つけようと必死になっているのがわかります。感染症をきっかけに調べているのでしょう。彼が見つかるのが早いか、終末的な伝染病が流行って壊滅的になるかの瀬戸際です。

 

④③に関連します。ペガサス氏の本、そして今までのブログの孤児院関連の記事を見ると、世界孤児院ネットワークは、彼の救済かつ彼を見つけることも大きな役割なのかと想像してます。 また孤児院ネットワークは宇宙連合の加入条件ともあり、

新型コロナ・世界規模孤児院・宇宙連合加入の繋がりにつきまして
お世話になっております。 御ブログよりいつも沢山の学びをいただいております。ありがとうございます。他の場所ではとてもできないような質問を率直に質問できることに感謝の想いです。 私は以前も特別養子縁組や子どものワクチン(新型コロナでなく)の件で...

世界孤児院ネットワーク確立→宇宙連合加入によりアンドロメダ銀河との衝突回避&「彼」により感染症拡大回避し日本消滅も回避 という流れが想定されているのでしょうか。

A. 国境なき孤児院の構想はアロムさんの発想です。「彼」を守るためでもあります。でも「彼」を守ることは連合とは関係ありません。だからアンドロメダ衝突回避とも関係ありません。連合が来るのは「大日如来がいつか来る」と言って曼荼羅として知らされていますよね。それぞれが絡み合っています。できれば「彼」と国境なき孤児院の構想は今のところ別物として考えてください。

これからも御ブログより学ばせていただき、しっかり自身で考え、歩いてゆきたいと思います。 子どもを守ってゆくためにも、本当に大事な情報をたくさんいただいています。ありがとうございます。

ご回答是非よろしくお願い致します。

A. シャンバラは地球の未来です。かつて日本列島で原発の連鎖爆発が起きました。海外にいる日本人は身の危険を感じてみんな日本人名を捨てました。それくらい叩かれました。それも数か月にわたって隠蔽していたのでなおさらです。海外に逃げた政治家たちは逮捕され、おとなしい日本人は官僚の家族さえ焼き討ちにしました。それも放射能でやがて絶えていきました。

あまりの被害で自国の国民を安全な場所に避難させるのが限界で日本列島は取り残されたのです。だからシャンバラには中国名も韓国名もありますが日本人名がないのです。皆さんに日本人名をつけなかったのもそのためです。

選挙で萎えることなく政府を監視すること、それが民主主義です。

どうかあきらめずに訴え続けてください。不正は不正、隠蔽も改ざんも結局は皆さんに返ってきます。あきらめないことが皆さんの次元操作の最大の武器になるでしょう

質問をありがとうございました

コメント

  1. きらりきらり より:

    ご回答ありがとうございました。衝撃の内容でした。ご回答の内容を踏まえつつも、1日1日できることを、そして楽しみながら、子どもと毎日を歩いてゆきたいと思います。
    また新たに生まれそうな疑問も、整理して質問させていただきます。よろしくお願い致します。

タイトルとURLをコピーしました