このブログについて( 初めての方へ )

④ シャンバラからの質問 科学班

Q. いつも楽しい質問をありがとうございます。

さて、幽霊はこのブログでは単に電気だと言っていますが、この理論をどう思っているのか知りたいです。お願いします

【学生からの回答】

回答者:①

ベスさん、科学班のみなさま、こんにちは。
回答をお送りします。

質問文の中で
>この理論を「どう思っているのか」知りたい
のの、「思っている」のニュアンスの解釈がいくつか考えられるなあと思ったのですが、

えっと、「どうとらえているか」ということでしたら
人間が生きている時は、肉体をもって人間界という電気界に存在していて、アストラル体やメンタル体にも人間の意思や状況次第でアクセスする。
肉体が滅びると浅層アストラル電気が肉体に影響していた分の電気を使って幽体のままで動き回るのが幽霊だと認識しています。

「どう思っているか」というのを別の視点で、シャンバラのみなさまが幽霊は電気としてわたしたちに説明くださっていることに対して、どう感じているか、どう思っているかということであれば、わたしは普通のことだと思っています。

以上です。

よろしくお願いします。


回答者:②

こんばんは???? いつもブログにご回答くださりありがとうございます。
ご質問をありがとうございました♪

早速ですが、「幽霊は電気だ」という理論について、
ブログで学んだことについて、『幽霊を見た時に困ることベスト3』で説明してみます。

1、肉眼で見えてしまって怖い

これは、その電気の塊(幽霊)と「周波数が合ったから見えた」からでしょう。恐い時には周波数を変えるためにお部屋の電気を付けて一気に周波数を上げれば見えなくなります。存在しているけど見えないし影響されない。(あれ?ということは、電気にも周波数があるのでしょうか…難しい????)

2、触られてしまって怖い

人間じゃない存在から、肉体に直に触られたり、乗られたりした感覚があったら、かなりの恐怖ですよね。ただ、これも周波数が合っているからそんな影響を受けています。プラーナという電気の塊(電気雲)が、脳の神経回路に影響を与えて、人間の触覚が反応してしまうんです。(シャンバラによるとそうらしいんです)

3、写真に写ってしまって怖い

これのポイントは、写真に写ることと、複数人が同じように見えること、また時間の経過に関わらず同じように見えるという点だと思いますが、まず写真に写るのは電気で出来ている稲妻と同じなので普通にあることです。複数人が同じように見えることと時間の経過については、「周波数が同じで見るべき人が見る」ということで説明できます。

ということで、幽霊は電気であるという理論は理解できました。ただしここに、恐怖を感じさせる要素が何なのか分かりませんでした。意思がある電気もあるのかもしれませんね。

適当ですみません。

質問をありがとうございましたm(_ _)m


回答者:③

いつも簡潔で分かりやすい回答をありがとうございます。

幽霊は単に電気という理論については、幽霊は肉体から離れたエーテル体=電気。だから時空を超えて存在するのかなと理解していました。電気ショック療法で患者さんの希死念慮がなくなるのは肉体、エーテル体、大いなる自己のつながりがよくなるのかなぁと考えていました。


回答者:④

幽霊が電気という事について。

バチンという、ラップ音の謎が解けました!
電気の音だったのですね!


回答者:⑤

あくまでも個人的な考えですが・・・たしかにそうなのでしょうが、もう少し我々地球人の考え方との間を埋める考え方というか、説明が欲しいと感じています。幽霊というと・・・残留思念とか、人間が死んで残るシロモノ・・・といった感覚があります。それをすっ飛ばしていきなり電気・・・と言われても、もう少し補足説明が欲しいな・・・と感じています。

人間が生きている間に物事を考え、それが脳の特定の部位に電気信号のシグナルとして固定化して、それがやがて霊体になる。それが幽霊が電気であるって事・・・というような個人的推測を持っていますが、これも合っているのかどうか・・・質問するべき事柄だと今、気づかされました(笑)。

人間が物事を考え、思考する場合、食べたものからエネルギ-を得て、活動しています。ところが幽霊のエネルギ-はどこから来るのか?それもまだ解っていない。

空間から?すると・・・幽霊ってのはフリ-エネルギ-装置って事になる。ん~・・・質問されてどう答えていいのか逆に迷いますね。やはりまだはっきり解っていない。幽霊が柳の下によく出るとか、特定の場所に出るとか、それと地下水脈の関係もイマイチ説明できていない・・・

要するにですね・・・シャンバラの仰る通りかもしれませんが、よく解らん(大笑)もっと詳細に、もっと解るように説明してください・・・そう思っています(笑)


回答者:⑥

幽霊(未浄化霊)は、ある周波数帯域をもった想念(電気)の塊、という認識です。ただ、その核(core)は何かはわかりません。(雪の結晶には核が必要だとお聞きしたので、電気も塊を作るには何らかの核が必要かと考えました)。
よろしくお願いいたします。


回答者:⑦

幽霊についてですね。

いわゆるアストラル体ということになると思います。

体の構成は、肉体、エーテル体、アストラル体(人によってはさらにメンタル体、ゴーザル体)で出来ているということです。

肉体はそれらが重なり合って(つながって?)初めて動くことができ、感じることができます。

それらをつなげているのがチャクラなのかな?

そして電気ですが、エーテル電機(プラーナ、気)と有機電気(地中の中のマグマが発する電気)という不思議な電気があり、それらがチャクラより入ることですべてが動いていると思っています。

すべて存在しているものは『エーテル電機』『有機電気』があるからなのだと思っています。

アストラル体は寝ているときや幽体離脱において肉体から離れますが戻ることができます。
しかし肉体の死が訪れると肉体とそれ以外の体が離れ戻らなくなります。
(肉体のチャクラとエーテル体のチャクラをつないでいたものが切れるのかな?と思っています)

肉体からエーテル体やアストラル体が出てしまうと、肉体の細胞も単なる物になってしまいます。電気がなくなるということになるのでしょうか。

普通、死後50日くらいは肉体と同じ形のアストラル体で存在すると聞いています。
その姿を目撃したものが幽霊ということになります。
(エーテル体は死後分解消滅する)

アストラル体も電気で維持できているので、電気の塊ということになるのでしょう。

書いていてこんがらかってきましたwwww

訂正をお願いします。
(あれ?質問の答えになっていないww。すみませ―ん)


回答者:⑧

A.いつもありがとうございます。沢山勉強させていただいてます!
幽霊は電気と初めて聞いた時はとてもびっくりしました。
いまだにしっかりと理解できてはいないのですが何となくこうかなあと思う予想を書きます。
亡くなった人の思い出の中の強い念エネルギーが電気として留まって、似たような周波数の場所や人にくっついているのかなあと思っております。
でも少し納得のできていないところもあります。
いつかその辺を質問したいと思っています。
その時はどうぞ宜しくお願いします!


回答者:⑨

ベスさん、科学班の皆さん
いつもお世話になってます(^-^)/
よろしくお願いいたします。

「幽霊は電気です、なぜならすべては電気だから」という理論ですよね。
いいと思います(^_^)v
というか、私の中ではすべてが仮説なので、いいも悪いも感覚的なことしか言えないのですが、すべては愛です、光です、波動です、という話を経由してきた身からすれば、「電気です」と言われた時に「うわぁ♡」というワクワク感がありました。新しい切り口きた!って感じで。

ブログ内を探っていくうちに、「うちらの知ってる電気ではない部分もあるのだな〜。それでも「電気」という統一性はどこに( ? _ ? )」と思いましたが、これまで明示されてきた情報すべてに目を通していないせいで質問するに至っておりません申し訳ありません( ̄▽ ̄)

幽霊が「単に」電気、という提示の仕方も、こちらに違和感を持たせるのに最適!と思います。おそらく抵抗を感じると思うから。そこから「電気には無機と有機がある」という風に、どんどん森の奥へ誘ってゆくのですねwwwww

お蔭様で「準静電界*」という言葉も知ることができました。こうしてリアルでどんどん電気というものの新しい側面が理解され、それを端緒に(「オカルトと科学」含め)あらゆるものが結びつき、人間という存在を捉え直す流れが生まれたら楽しい!と思っています。

これからもどうぞよろしくお願い致します(^.^)

*準静電界 例えば以下
「何となく感じる「気配」の正体? 「準静電界」とは 」
http://style.nikkei.com/article/DGXMZO89389280W5A710C1000000?channel=DF140920160927&style=1


回答者:⑩

じゃあ、スイッチをパチンと切れば、パチッと消えちゃうのかな…、だったらいいな…、とつい想像してしまいます。


回答者:⑪

子供の頃からの「心霊」ブーム、大人になってからのスピリチュアルブームからすると、ただ「電気」は正直ちょっとつまらないです(笑)

ただ、おどろおどろしい、怨念や一旦とりつかれたらどうしたらいいの?!人生狂っちゃうの?みたいな、終わりのない恐怖からは解放されたので、とても助かりました。

子供たちももっと知ることができたら、夜中トイレ行けるのに。


回答者:⑫

幽霊は電気と知ってから怖くなくなりました。
子供の時から臆病で電気を消して寝ることができませんでした。
今ではちゃんと消して寝てます。ありがとうございます(≧∇≦)てへ
全ては振動している。チャクラも回転してるイメージなので電気が関係しているのですね。
でも、全ての中に見えない世界も入ってるとは思っていませんでした。今は少し理解出来たつもりです(o゜◇゜)ゝ
昔、幽霊が見える人と知り合ってから家の中に色々現れて散々な目に合いましたがその人と縁を切ったらピタッと不思議現象が無くなったので、今思うとその人は電気遣いか高圧電線だったのでしょうね。


回答者:⑬

全ては電気で出来ていると理屈ではわかっているつもりでも、実際はかなりあやふやで実感もあやふやです。肉体を羽織っているとやはり手応えのある感触が確かなものを感覚の基準にしてしまうので。
幽霊は肉体をなくした電気の塊とすれば、肉体があろうがなかろうが本質=魂としての電気の部分は変わらないのかなぁ、とは思っています。シャンバラに出入りしている時点で自分も幽霊状態であるわけで・・質問してくださっている科学班の皆様もこちら肉体界からすれば幽霊さんになるんですものね。なんか不思議で面白い捉え方になります。 こんな回答でよろしいでしょうか。

 

回答者:⑭

幽霊って、残存思念のようなものが残っているのかなぁ?と漠然と思っていました。で、電気というのはその思念がピピピって放出してるのかしらん?とかって。 肉体も電気と捉えたら、アストラル体が消えてなくなるまでの間、アストラル電気がその肉体を亡くした意識で存在し、その周波数にあったものが見えているのかも。 それに複雑怪奇?な、エーテル体こと、エーテル電気が関与しているんだろうな〜(って思う訳で〜質問までに至っていないどころか、きっとここ突っ込め〜って。。。ことなのでしょうね。うむ) うーん。でも、電気と思えば怖くない!たちむかえる! (お馬鹿回答炸裂!回答になっとらん回答を考えたことが、何かとんでもない宝物〜ヒント〜をいただいた気分です♪) m(_ _)m

********************

科学班です

こんなにぼやけた質問だったのにたくさんの回答をいただき本当にありがとうございました。

幽霊は電気だという観念がなかったのですね?本当に面白いと思います。日本の研究者ですが、彼は大気中の電気によって火の玉現象を実証した人です。大気に電気が溜まる現象。それはマイナスイオンともいうし、放電現象などで見える形になります。それがたぶん一番身近な現象でしょう。マイナスイオンなんて実際に目に見えるものではありませんが、なぜか存在は認められているんですよね?それくらいの存在権があればいいのかな?

今回の皆さんのデーターをもとに次なる世界に導く参考にさせていただきます

お忙しい中丁寧な回答をありがとうございました


 

コメント

  1. ウイングメ-カ- より:

    あくまでも個人的な考えですが・・・たしかにそうなのでしょうが、もう少し我々地球人の考え方との間を埋める考え方というか、説明が欲しいと感じています。幽霊というと・・・残留思念とか、人間が死んで残るシロモノ・・・といった感覚があります。それをすっ飛ばしていきなり電気・・・と言われても、もう少し補足説明が欲しいな・・・と感じています。人間が生きている間に物事を考え、それが脳の特定の部位に電気信号のシグナルとして固定化して、それがやがて霊体になる。それが幽霊が電気であるって事・・・というような個人的推測を持っていますが、これも合っているのかどうか・・・質問するべき事柄だと今、気づかされました(笑)。人間が物事を考え、思考する場合、食べたものからエネルギ-を得て、活動しています。ところが幽霊のエネルギ-はどこから来るのか?それもまだ解っていない。空間から?すると・・・幽霊ってのはフリ-エネルギ-装置って事になる。ん~・・・質問されてどう答えていいのか逆に迷いますね。やはりまだはっきり解っていない。幽霊が柳の下によく出るとか、特定の場所に出るとか、それと地下水脈の関係もイマイチ説明できていない・・・要するにですね・・・シャンバラの仰る通りかもしれませんが、よく解らん(大笑)もっと詳細に、もっと解るように説明してください・・・そう思っています(笑)

    • Shire より:

      プリンス、おはようございます~!回答なんですが、上の質問フォームから学生からの回答、という項目を選び、質問ナンバーと共に提出することになっております(こちらの記事を参照ください: http://gaia-shamballa.xyz/blog/?p=19536)。

      貴重~な回答ですので、お手数ですが、再度フォームよりどしどしお送り下さいませ~m(_ _)m

タイトルとURLをコピーしました