💡 このブログについて( 初めての方へ ) 💡 ✨

初心者用: シャンバラスクール講座などについて(追加質問)

こんにちは、お世話になります。

https://gaia-shamballa.xyz/blog/?p=55178
こちらの返答に対する御返信です。

初めにすみませんが、一般人目線で言わせていただきます。

幼い頃から、既にシャンバラに行っている天性の才能の方や、ベスさんたちのような人なら、工程をすっ飛ばしてすぐ先にすすめるかもしれませんが、私みたいな現実しか見えていなかった人間はそうはいきません。
想像して、はいすぐにと簡単に空想の部屋ができれば苦労しませんよ。

周りに、部屋の話をしたら、頭おかしい人扱いされました…

シャンバラの部屋なんて、ブログを見つけるまで、今の今まで生きていて周りの人間も誰からも一切そのような話を聞いたことがありませんので。

調べようにも学校の勉強とは違いますので、調べて情報を得るにはこちらで質問するしかありません。「口を開けていたら~」なんて思っていたら、とっくに部屋は出来ているでしょうし、わざわざ大変な質問はしていません。
非日常に私は頑張って足を踏み入れようとしています。とても真面目です。

ペガサス先生の、シャンバラからの超レッスンとかの本は読んでいますが、情報は日々更新されていきます。

当然、部屋がない状態でなんて誰も好きで行ったりしません。
最初からすぐにシャンバラの部屋に到達できて、スタッフに会えて、魔法陣が出来るのだったら、私だって今すぐにでもそうしたいです。

失礼しました。

ここから質問になります。

「スラックに入れない人のために編集して公開するのです。
 ハンデがあるとかないとかを考えたらあなたは感謝はないということですね?」

こちらからすれば全容が全く分からない未知の世界ですので、感謝とかそういう話が出てくるといったりは想像の外です。
(もちろんおまとめいただいた方に感謝はしています。)

つまり、より詳しい情報を得るなら、スラックに入って、リアルタイムで周りに人たちについていって授業を受けないといけないということですね?

A. いえいえ、あなたのやりたいようにどうぞ。あなたが何をのぞんでここに聞きに来ているのか知りませんが、やりたいという気持ちがあればいつかはできるでしょう。

ぜひ皆さんもこの方にアドバイスをお願いします。コメント欄でどうぞ。何が食い違っているのか我々には全くわかりません。

 

ELBF-2で、
「シャンバラにお部屋がない人も、今回の講座に参加される方は魔法陣部屋を事前にご用意下さい。」
と説明がありましたが、
ということは、シャンバラの部屋はないけど、魔法陣部屋は作っているという人もいるわけですね。

私の目的は、シャンバラで魔法陣を行うことです。
想像が難しいシャンバラの部屋を作らず、想像が簡単な、最初から真っ白な魔法陣部屋を想像で作ろうとしても良いのでしょうか?
(その場合も、スタッフは現れてくれますでしょうか)

A. スタッフが来るのかわかりませんが、それがあなたにとってふさわしいならどうぞ

 

質問お疲れ様でした

 

22+

コメント

  1. honey dew より:

    質問者さまへ

    はじめまして、最近更新についていけてなくて、亀ですみません。
    私は数年くらい、こちらで学ばせて頂いています。生きることがいろいろ大変で、若い頃から精神世界の事を知りたくて、本を読んだり、たまには高いお金払ってセミナーや講演会に行ったりしてました。でも、悲しいくらい凡人で、何かが見えたり聞こえたりしません。
    ある時、不思議なセミナーに出会いました。参加費として会場費を人数で割るだけ、数百円にもならない…そして、そこでは今までの読書などを全部詰め込んだような内容を、無料で提供していました。しかも、信じるなと言われます。
    暫くするとブログなるものもあると知り、読者になりました。しかも、質問に答えてくださるのです、読者登録料なんて取らずに。
    当時の有名どころのサイトなどは、全て有料です。
    こうなりゃ見えない聞こえないでも、とにかくシャンバラと言う所に行ったつもり…スクールが出来る、よし入ったつもり…お部屋もあまりインテリアに関心が無いので、ハイジの山小屋みたいな簡素なのでいいか…
    こんな感じでずっときてます。今でも知覚は亀です。

    質問者さまは魔法陣で何かを成し遂げたいのですね?
    これだけドン亀な私ですが、楽しく言われる事をやってきたら、願いはほぼコンプリートしてしまいました。完璧な部屋をイメージなんて今だに出来てませんが。
    魔法陣を正確に描けてるか、怪しいですが、ド真面目なので、手順はキッチリやっています。
    まずは興味ある記事を読み、書いてある手順に従ってやってみる。PCの使い方と同じです。仕組みが分からなくても、マニュアル通りに使えばいろいろなことが出来ますよね?
    読者登録料などを取らずに運営されてるのは、ベスさんを始めとして全ての方の無償の労力で成り立っているからです。皆さん普通に仕事や家事をしつつ、大量の質問を読んだり回答を入力したり、記事を読みやすくまとめたりしてくださっている。有り難くて、感謝の気持ちしか湧いてきません。

    思いが現実になるかは、自分次第だと思います。選択は自由です。

    6+
  2. 質問者 より:

    皆様、私なんかのためにわざわざ懇切丁寧にアドバイスして下さいまして
    ありがとうございます。感無量でございます。

    最初は、自分の子供の頃の部屋を想像していましたが、家具の位置は入るたびに、絶対変えては言えないということで、以前何を置いていたか、細部まで覚えていなかったので、これでは無理だろうと断念しました。

    想像が豊かではないので、必要最低限のものだけ置いて、その部屋の中にいるイメージをしました。
    現在は、以前に賃貸で住んでいた、簡素な六畳一間のスペースに、
    テーブルとソファーのみを置いたイメージをしました
    冊子(窓)も、あったのでそれもイメージしています。

    ただし、ソファーに座っているイメージは出来るのですが、
    テーブルで何かをするイメージがなかなか湧きません。
    最初ここで聞いたときは、テーブルと椅子は必須と言われたのですが、
    もしかして、リカさんやmaさんのように、
    部屋にソファー一個だけで良かったりしますか・・・?

    8+
    • ma より:

      ええ、ええ◎まずはひとつ、その材質や手触り、色、形など細部までイメージして、イメージの中で触ったり座ったりして確認していきます。それを毎日、同じイメージを確認することで、そこがあなたの部屋になるはずです。

      …と、私もブログで知ったのです。wikiや、ブログの履歴にもあるはずです。
      最近は魔法陣の話題も多くて、私がブログに出会った頃よりいっそう内容が難しく卓越してきてるように思います。
      正直、いきなり魔法陣を理解しようとするのは難しすぎると思います。
      みんな始めた時期は違えど同じ段階を踏んでいます。部屋が出来るまでは、過去のブログに集中して読み込むのもいいんじゃないでしょうか。
      私もブログ初期からの読者ではないので、自分が読んでいるところと、最新のブログ内容とのタイムラグを感じていた頃がありました。

      質問者さんも始めから何もかも理解しようと無理せずに、まずはソファ1つのイメージから、ひとつひとついきましょう♪
      机は、ソファが出来てから、でいいんじゃないでしょうか?

      そんな私も、まだまだ分からないことだらけで、質問者さんが質問して下さったことでへぇ!と参考になったことも正直あるのです。
      やりとりは回答者さんとだけですが、質問は沢山の方が見てるので、そう思ってる方がきっと他にもいると思います。
      そして今回、沢山の方のアドバイスも、楽しく読ませて頂きました。
      全てのことに意味があるのだと思います。

      これからもお互い、下調べは怠らず、めげずに(笑)、質問に臨みましょう♪Slackも、ついていけなくても、傍観してるだけでも楽しいですよ♪

      16+
      • 質問者 より:

        返信ありがとうございます。

        そこまで詳細なイメージが必要だったのですか・・・
        ググって調べてヒットするやり方の限りでは、結構簡単に書かれていたので、
        数ヶ月もあればすぐ出来るものだと思っていました。
        これは想像以上に、集中力と想像力が必要な作業みたいですね。
        まずはソファーから頑張ってみたいと思います。

        12+
    • リカ♪ より:

      私の場合は、シャンバラとは全く関係ないセラピーで5歳くらいの自分が暗いところで地べたで丸まってお絵かきしてる映像が忘れられなくて、このブログに出会って、これってシャンバラかも?と思ったんです。それで、担当さん用の丸いカウンターテーブルと椅子を用意すると数日後、右斜め後ろに白いスーツに帽子姿の気配を感じました。ここで初めてブログで確認の質問をしました。当時の記事を検索して読み返しましたが、疑い半分な感じで質問してました^^; 当時の私の部屋は真っ暗、壁があったかどうかも定かではありません。まともな部屋になったのは何ヶ月も後のことだったと思います。当時、シャンバラスクール建設中で、固定化作業に参加したんです。大浴場と屋上プールだったんですけど、elbや差し入れ会の要領で、みんなで想像を共有する感じ。(うまく説明できなくてすみません)そのやり方を応用して、当時、遠距離の彼氏と電話で「理想のマンションのリビング」についてイメージを共有してみたんです。そして、30畳くらいの立派なLDKができました。

      私が一番最初に作った家具はなんと、担当さん用のテーブルと椅子だったのです!5年前のことです!私はひたすら地べたでお絵かきしてました…。
      質問者さんはシャンバラでどんなことされてますか?そういう想像をするのもありかもしれません。参考になれば幸いです。

      9+
      • 匿名 より:

        私は幼少期に妄想とか想像をあまりしたことがなかったかもしれません
        いつシャンバラに行けるかは分かりませんが頑張りたいと思います。

        3+
  3. ルル.J より:

    質問者さん、こんばんは。さて、何が食い違ってるか?私も考えてみました。

    お経巻き、お札巻き、魔法陣を極めると、世の中を変えられる人ができあがると思います。その人達が、マニュアルに忠実すぎたり、権威側の言葉を盲信したら、怖いな〜って思いました。

    私達より上手の存在(宇宙人とか)が、悪意で私達の真面目さを利用して従わせたら、一般人の洗脳より深刻な事態になりそう!

    講座とか、スクールと銘打ってるけど、私はこの機会に、糖度ゼロの師匠に弟子入りしたと思い直すことにしました。学校ならあらゆる準備をしてくれるかもしれない。でもそれは、日本の教育を見ての通り、依存を生むんじゃないかなって思って。

    たいてい師匠って存在は、自主的に判断することを求める気がします。その上での質問は答えてくれるはず、成長を願ってくれてるから。そうでなければこんな手間のかかる講座やらないんじゃないかな。

    質問に依存が混ざらないようにするの、難しいですけどね!私も、心のどこかで期待しながら質問してる時、よくあります。だから、こと魔法陣に関しては、シャンバラの回答者様と食い違うのではないかと。

    以上です、私の考えだから、見当外れかもしれませんよ(*′艸`) もし思うところあれば、質問者さんのお考えも聞いてみたいな。それでは、またブログやイベントでお会いしましょうね。

    20+
  4. ma より:

    部屋作りについてですが、私はかつての自分の学習机を想像することから始めました。その机に向かって絵を描くのが大好きでしたので、何回も同じようにイメージでき、楽しい気持ちも同時に蘇るのでまた次の日もやろう、とイメージの世界を毎日楽しむようになりました。

    その後自分好みのふかふかソファを一からイメージしてみました。リアルじゃ絶対買えないどころかお目にも掛かれないような豪華で上質なソファにしました。座り放題で最高でした。また次の日もやりたくなりました。

    という感じで始まりました。参考になれば幸いです。
    自分だけの最高な空間を作って、ぜひ楽しんでほしいです。

    このブログに関わる全ての方へ、感謝を込めて。

    26+
  5. マリーベル より:

    質問者さま こんにちは

    マリーベルといいます。よろしくおねがいします。

    とてもまじめに取り組もうとしている様子がわかります。

    この摩訶不思議なブログに出会えたのもご縁ですね。

    参加者の多くはだたのおばさんが多いんですよ。私もその一人です。(孫もいますwww)シャンバラの部屋を作ったつもりになるのも私も四苦八苦でした。期間だけは長いわたしも確信があるわけではありません。

    でも、とりあえず楽しいから続けてるのが正直なところです。

    魔法陣のことが出てきたのは、最近のことです。参加者の人たちも、魔法陣の学びが現在進行形というところです。

    スタッフさんからすれば、あなたも私も同じスタートラインです。

    魔法陣を学びたいのですよね。

    この摩訶不思議なブログで魔法陣を知り学びたいのであれば、焦らずいっしょにいきましょう。

    このブログでは自分の担当のスタッフがつくのですが、そのためには自分の空間を作る必要があります。そこに担当さんが来ることになっています。

    部屋が出来なければ椅子だけでいいのですよ。いつでも同じ椅子に座る自分を想像できたらOKです。是非是非トライしてみてくださね。

    あと、お友達に理解してもらうのは、かなりむずかしいでしょう。わたしも始めはだれかれ構わず話していましたが、すぐにやめました。関心のない人には、まったく理解できない世界ですね。

    だらだら書いてしまいました。

    そうそう、ベスも最初は椅子だけだったと聞きましたよ。みんな、同じです。

    魔法陣を学びたい質問者さま、今回の回答してくださったスタッフさんは、ちょっと突き放すような回答でしたが、食い下がればそれだけ答えてくれるのがシャンバラのスタッフさんです。これからも食い下がって質問してくださいね。

    32+
  6. さん×3《桃桜》 より:

    質問者さま

    魔法陣で叶えたいことがあられるんですね。

    目的は魔法陣を学ぶことでいらっしゃる。

    ならば、初心者でこのブログの世界がわからない、自分がどれだけ知らないかを主張し説明なさってもあまり効果はなさそうですね。回答みてたら。

    卑屈に低姿勢になるのもどうかと思いますが、学ぶものとしては
    謙虚さと素直さが大事だと思います。自分も出来てないことがあると思いますので常々自戒です。

    シャンバラは質問をありがとうございました。とあるんです。
    回答ありがとうございました。で次の質問は始まるのが私の中では当たり前なんですが、

    十人十色とはよくいったものですね。

    せっかくブログを見つけてやってみようと思われたならば、シャンバラwikiを読み込めば今より分かるようになるだろうし、質問したら回答をもらえるので、回答がもらえないときは自分が質問の仕方を考える方が得策だと私は思います。

    私はですが、目標を達成するのに人の教えや力が必要ならば、お力添えくださるよう、その方にお願いしてます。その方がスムーズに流れますから。参考にも何にもならないかも知れませんが。

    私も勉強になります。
    ありがとうございました。

    28+
  7. リカ♪ より:

    シャンバラに部屋を作りたいけど、作り方がわからない、ということでしょうか。作れているかどうか確認のしようもないですよ。ということを念頭に置かれた方がいいかもしれません。想像力の意味がわからない、ということでしょうか。晩ご飯何食べようと考えたとき、カレーとか唐揚げとかパスタとか、頭の中に映像が浮かびませんか?子供の頃に住んでた家って、どんな間取りだったっけ?と考えたら、その頃住んでた家を思い出しませんか?そういうのが、想像力です。他の方へのアドバイスで「子供の頃に住んでいた部屋を再現することから始めましょう」という感じのアドバイスを目にしました。ネガティブな思い出があったりしていやなら、近くのマンションのモデルルームを見学して写真とか撮って帰って、そこに住んでる想像をするとか、実際に行くのに抵抗があるなら、ネットからパンフレットを請求するとかどうでしょう。宝くじが当たったらこんな家を建てたいとかでもいいと思いますよ。それも難しいなら、いいなと思うソファーの画像を探して、それに座ってくつろいでいる自分を想像することから始めたらどうですか?ある時、ふと、ソファーの端っこに誰か他の人が座ってる気配が感じられるかもしれません。それが多分、あなたの担当さんです。

    部屋が想像できても、シャンバラだという確信は一生持てないでしょう。死んだら答え合わせ出来るかもしれません。信じるか信じないかはあなた次第です(mr.都市伝説!)信じることに抵抗があるなら、脳内の部屋を「もしここがシャンバラだとしたら…」「もしここが魔法陣部屋だとしたら…」と仮定して進めればいいと思います。

    あなたは何故このブログにたどり着いたのですか?(私はこのブログかamebloだったころ「タイムリープ」と検索してヒットしました…)

    ELBで習ったことを実践して、何を改善したいのですか?解決したい問題があるからこそ、熱心に質問されてるんですよね!お経巻きやお札巻きはやってみましたか?
    どうか、その問題が解決されることを願っています。

    28+
  8. F より:

    質問者さま

    参加する人はそれぞれに得意な知覚があって
    見る、聞く、触る、匂いを嗅ぐ、他
    自分なりに
    (あ、どこかとつながってるな)というイメージができればOKだと思います。

    参加してかれこれ4〜5年は経つかと思いますが
    私いまだに自分の部屋はちゃんと把握出来ておりません。
    しかし、担当さんたちと脳内会話でやり取りすることができます。

    ちゃんと条件をクリアできるかどうかにこだわってらっしゃるのであれば、
    私みたいな中途半端な知覚の者でも参加できていますからご安心を。

    要は、シャンバラに入ってどうしたいか、だと思います。
    学びたい、何かしら成長したい、
    そうした気持ちで参加する限り
    拒絶されたり否定されたりすることはありません。

    いい意味でどんどん「利用」したらいい 、と
    講座では使える技術や知識を、惜しみなく公開してくださる。
    イベントでもいろんな場所を案内してもらえる。
    その過程で準備してくださる方々は、相当の時間やエネルギーを
    毎回ごとに費やして下さっています。
    全て無償
    お金がいらないということは、何で私たちはその好意に返すのか?
    自分の在りようや正直さが試される場でもあるということです。

    おそらく回答されたスタッフの方は、
    このブログを運営してくださる方達の労力をご存知なので
    そうしたところを見ずに、自己中心的な欲で使って欲しくない
    という意味で回答されたのではないかと思います。

    質問者様は「感謝がない」という部分に対して
    感情的になられたのかもしれませんが、いろんな方々の支えがあって
    成り立っているブログだということだけ意識していただいて、
    自分だけでなく誰かの、何かの役にも立つブログになるように
    お互いに楽しく学びあえたらいいなと思います。

    32+
タイトルとURLをコピーしました