このブログについて( 初めての方へ )

ビアンカからテルセロへ  今年の目標

ベスさん、スタッフの皆様、ありがとうございます。
去年11月コロナ禍の中で、89才の母が大体頸骨骨折で入院しました。骨折は手術せず、保存療法(痛みが酷いままの放置方法)。入院中偶然会えた時お腹が大きいのでおかしいと感じ、検査をお願いしましたが、断られました。一ヶ月の入院中面会禁止もあり同じ人物とは思えないほど認知が出てきました。12月の初めの退院からこの一ヶ月、寝たきりの
母の看護を全て初体験で頑張りました。24時間つきっきりのお世話が出来た事は幸せだと思います。辛い時間も多かったですが、珠玉の時間も頂けて本当に幸せでした。この7日金曜に、肝硬変からの食道静脈瘤、パンパンの腹水対処で泣く泣く再入院。私はワクチン未接種なので完全に面会禁止。早く自宅に戻れるよう祈るばかりです。
今年の目標。この状態で考えました。

目の前の事「母を出来る限り良い状態で送る」…..良い状態とは?考える。
独り暮らしの覚悟をし、音楽に専念する。
今さらですが、今度こそ魔方陣を使えるように。

です。テルセロさん、宜しくお願い致します。

A. 人の最期をみとるというのは難しいものです。このコロナ禍ではワクチンで面会できないなんておかしいですよね。防御服を着ればできます。レンタル料必要ですが。でいいではないですか。なんで知恵のない。何のために防御服があるのでしょう。ワクチン打っていなくても防御服があれば何でもできるはずでしょう。(PCRも要りません)

さて、とはいえお母様の帰宅には魔法陣でもかなう時があるので一度やってみてはどうでしょう

8-5-6 紙に「令和4年2月迄退院 自宅療養決定」訪問介護に切り替えればいいのでもっと手を抜けるはずです。もちろん根性は必要ですが帰ってほしいならできることはしてみることです。

健闘を祈ります

参加ありがとうございました。

コメント

  1. Janet より:

    午前の部に参加しました。この歌には初めて発表された時から思入れのある曲で、歌っていると感謝の気持ちで涙があふれて止まりませんでした。フラットに参加しようと思いながらも世界中の人たちと繋がっているような不思議な感覚でした。ありがとうございます。

タイトルとURLをコピーしました