Q.

科学班の皆様、こんにちは。ミトコンドリア関係についての質問です。 医療班の方がよろしいでしょうか?と思いつつ、お願いします。

★ 縄文人or J人か、そうでないかは、特殊ミトコンドリア(対放射能など)の有無で区別されるのでしょうか?(染色体23対の遺伝子配列などは同じ?)

A.
はい、J人に対してはミトコンドリアとして女系の血縁でJ人としてみなされます
一方縄文人は同じ特殊ミトコンドリアですが男系の血縁でみなされます
ミトコンドリアが女系しかできないと思うでしょうが、男系でもあるということです

————–

「いや、(縄文人とJ人は)普通に同じ研究所でできた遺伝子であり、同じ遺伝子システムから作られたからです」
http://gaia-shamballa.xyz/blog/?p=5152
★ 縄文人とJ人の違いは何でしょうか?

A.
J人は研究の完成まじかでレプに遺伝子操作を受けたために縄文人とは違う種族になってしまいました

—————

「我々が言っている(特殊)ミトコンドリアは放射能自体を食べて栄養にしてしまう(放射能をエネルギーに変換して利用する)・・」
http://gaia-shamballa.xyz/blog/?p=3776
★ 葉緑体(クロロプラスト)のチラコイド(光合成が行われるところ)に相当する器官を特殊ミトコンドリアは持っているのでしょうか?
↓(参考URL)
http://www.bio.tottori-u.ac.jp/~mizobata/15-Seika2-8-Photosynthesis.htm

A.
たぶんそれに相当すると思います

★ 食べて栄養にする場合、本来の食物摂取(グルコースからのATP生産)は必要なくなるのでしょうか?

A.おいおいそうなると思います

————————–

「卵子側も一旦精子を入れ込むとミトコンドリアが染色体を食べ始めるので一気に自らのミトコンドリアを核から外に出さなければなりません」
http://gaia-shamballa.xyz/blog/?p=2745
★ ミトコンドリアが染色体を食べるとは、酵素などで染色体を分解し、ヌクレオシド三リン酸としてエネルギー利用しているのでしょうか?

A.
ええっと、これは違う内容です
つまりミトコンドリアは肉食系です。一方入られた細胞は植物系です
なので植物系の中に肉食系の遺伝子を持つ器官が入り込んでしまったので、ミトコンドリアは一気にパラサイトするや染色体を食したのです

それで核膜を作ったいきさつです
別に染色体を分解してエネルギーを補給しているわけではありません

—————————-

精子の特殊ミトコンドリアが、受精卵内で増殖し、特殊ミトコンドリアのみで占められた場合、その生まれた人は、どの臓器や細胞にも特殊ミトコンドリアを持つことになるとお思います。一方、以下の回答を以下に頂いています。
「はい、特殊ミトコンドリアがいる器官が決まっています。臓器ではありません。循環器系です。」
http://gaia-shamballa.xyz/blog/?p=3782
★ これは、特殊ミトコンドリアはどの細胞にもいるが、活性度が違うとか、そのような理由でしょうか?

A.血液は器官によって成分が違います
それと同じです

—————–
「男 性だけの理由ですが、精子の中にミトコンドリアはいます。数は2個。通常より多いかもしれません。数が少なく卵子の中のミトコンドリアに比べても圧倒的に 太刀打ちができません。ところが縄文人の精子には卵子全体に放つアルカリの物質があり、卵子の中のミトコンドリアを制御してしまうのです。それは一瞬で起 きます。それから精子のミトコンドリアはそこで数を増やすのです。働きは対紫外線です。其れだけ?と思うでしょうが対放射能に対しても効能がありなおかつ この効能が付きます。」
http://gaia-shamballa.xyz/blog/?p=5167

★ 男性に受け継がれるミトコンドリアについてですが、
・父が縄文人・母が何もない人 → 父の特殊ミトコンドリアが受精のときに母のミトコンドリアと入れ替わりが起きる → 子ども(男女共)は特殊ミトコンドリア
・父が何もない人・母が縄文人 → 受精のとき母の特殊ミトコンドリアがそのまま受け継がれる → 子どもは特殊ミトコンドリア
で、どちらの場合も特殊ミトコンドリアが優位のように思われるのですが、どうなのでしょうか?

A.まず混乱するので特殊ミトコンドリアという名前はやめましょう
縄文ミトコンドリア=男系ミトコンドリア
Jミトコンドリア=女系ミトコンドリア
で行きましょう
さて上の質問ですが特殊ミトコンドリアが同じなら確かにその通りです
しかし、J人と縄文人では全く違うのです
その違うミトコンドリアが両方ともメンタル体を有するところに混乱が生じています

★ 父から来たミトコンドリアが、受精卵で増殖する際、母方のミトコンドリアは残らないのでしょうか?(淘汰されてしまうのでしょうか?)

A.
いいえ、調べたら残っていました

★ 精子の中のミトコンドリアは、通常は1個なのでしょうか?

A.2個です

★ 特殊でないミトコンドリアは、受精卵に入ると淘汰されてしまうのでしょうか?それとも、確率の問題(例、1vs.数万個)で残らないのでしょうか?

A.
いいえ、男系ミトコンドリアは他の者とは交配が難しく、その時は子供ができても次の子孫は子供ができないか関心もありません

————————
「これら(レプテリアンとチュパカブラ)のエサはミトコンドリアですよ。もともと海中にいた草食動物が変異しています。」
http://gaia-shamballa.xyz/blog/?p=459

★ チュパカブラは(wikiで調べたところ)血液を吸うとのことでした。最終的な血液にはミトコンドリアは無いと思うのですが、チュパカブラはどうやってミトコンドリアを摂取しているのでしょうか?

最近、ベスのブログのミトコンドリアに関する説明を改めて読んでみたところ、こちら(リアル)ではまだ理解されていないことがたくさん書かれていて興奮しましたwww

よろしくお願いいたします。

A.???それは赤血球の間違いではないですか?白血球などにありますよ。

質問をありがとうございました

1+

あなたの質問をお待ちしてます!質問はこちらのフォームから♬
ブログの最新記事をメールで受け取ることが可能です。