新ベスのブログ

…as You go with the Flow(流れのままに…)をキーワードに、読者とシャンバラ(Shamballa)の質疑応答を、著者『ベス』がひたすら打ち込んでいく、世界でただ一つの面白不思議スペースをお楽しみ下さい♪

神官: 家族と自分を守る方法について

ベスさん、シャンバラの皆さま、読者の皆さま、いつもお世話になっております。 今週のテーマを見て是非教えて頂きたいと思い質問をさせて下さい。 話が長くなって恐縮ですが、お付き合いをお願い致します。

母が億単位の借金を作り、高校生の時からバイトをして母の借金を返済するために働いてきました。 そんな母も癌に侵され、返済出来なくなり破産しました。

その後、癌になった母の看病をするとある日父が突然仕事を辞め(本当の理由は、上司と喧嘩したためでした)まだ短大を卒業したばかりでしたが、家族と祖母を連れて夜逃げをしてずっと生活を支えて来ました。

その後、母は亡くなったものの父は働かず父と祖母そして妹の学費を稼ぎながら生活をしていたのですが、私もかなり年はいきましたが、ようやく良い人と出会い3年前に結婚をしました。 結婚してからも、ずっと家族の生活費(月20万程)を丸々みてきたのですが、年をとってからの結婚だったのでなかなか妊娠しずらく不妊治療を開始しまたその治療にも大きなお金が必要になり貯金を崩しながら今も頑張っています。

頑張って人並み以上に稼げたので貯蓄もありましたが、さすがにもう限界なので父に自分の生活費は自分でみてほしいとお願いしようと心に決めました。 父には、保険金と年金が入っているので十分生活は出来るものの子供が親の面倒をみるのが当たり前といい自分のお金は自分が使いたい時にしか使いません。

また、結婚をする時も父と妹から私達を捨てたと言い続け甲斐性のない夫と結婚するわ稼げる位置にいるのに専業主婦になるバカがと言われ続けて来ました。 また、妹には高価な物を買い与えているのですが何故か父は妹からは一切お金を貰いません。妹は、繊細だからという理由らしいのですがその意味は私には分かりません。

長くなりましたが、ここからが本題です。私の中で一大決心をし、縁を切る事にしました。 ただ、父も妹も執念深くお金をこれからは一切支払わないと言えばものすごい念を送ってくると思います。

夫や家や私自身に結界をはってから父と妹に支援を切る旨連絡をしたいと思っているのですが良い方法があれば教えて下さい。 ちなみに現在は、今も父には円満縁切でお経巻き、私は完全自立でお経巻きをしていますがそれでも怖さを感じており、最近連絡をたっているのですが夜中に目が覚めて熟睡も出来ない状態です。

個人的なお話でとても恥ずかしかったのですが、是非ご指導よろしくお願いします。

A.なんとも表現のできない経験をされていたのですね。普通ならとっくにあきらめて縁を切っていたでしょう。それだけ洗脳が強かったのだと思います。現在彼らがあなたに念エネルギーを送るほど関心はないと思います。むしろあなたの洗脳が一番問題です。

まずアイスピックはしましたか?一度しましょう。洗脳でたまったあなたの心の膿を切って引き出すことをしないと次に進めません。

そして次のことをします

① 父親の生年月日と名前、そしてその名前の隣に妹さんの名前(この時生年月日はいらないです)を並べ、そして左下に「父・妹共に縁切り」 と書きます。

② 二人を魔法陣五芒星の真ん中に入れて沈めてください。

③ 沈めたら柏手

④ 7日間やったら紙を燃やす。

思い出さなくなるので精神的には楽になるはずです。そしてあなたが思い出さなければあっちも思い出さないので二度おいしいのです。

 

質問をありがとうございました

 

45+
シェアはこちらから:

前へ

リアプロ: みんなでリアプロ??

次へ

個人的質問: ワクワクについて

  1. きーちゃん

    神官様

    お忙しい中、早速アドバイスをありがとうございました。

    アイスピックの方法は、セミナーでもチラッと聞きましたがそこまで深い思いを思う対象がいなかったので私には当てはまらない方法だと思っていました。

    心の膿が溜まってるなんて思いもしなかったのですが、早速チャレンジします。

    魔法陣も早速チャレンジします。
    縁を切る事に罪悪感を覚え思い出さない日は1日もなかったのでお互いのためにも頑張ってやりきります。

    本当にありがとうございました。

    26+

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Powered by WordPress & Theme by Anders Norén

Scroll Up