このブログについて( 初めての方へ )

❣️ご参加ありがとうございました❣️【ELBF-3:五芒星と五芒星 – 前世からの負のエネルギーを切る(ご案内)】Enjoy Life Basic Final☆

【2020. 8.31】今回のELBF-3にも多くの方々にご参加頂きまして、無事終了しました。2時間の講義、数占い、魔法陣の実践と情報+チャレンジ要素満載でしたが楽しんで頂けましたら幸いです。そして最後にCoさん企画への多数のご参加も併せて御礼申し上げます。本当にありがとうございました!

【2020. 8.29】いつもありがとうございます。ELBF-3は明日30日午後10時からの開講となります。ご参加を検討されている皆様は、再度この告知記事に目を通し準備ご確認よろしくお願いいたします。Slackも頻繁にアップデートしていますので、ご自分のデバイスでアクセス可能か今一度お確かめ下さいませ。

【2020. 8.24】皆様、いよいよ講座開催まで1週間となりました🎉今回は「前世」がテーマということで、【ELBN-1:前世を見る】の内容を再訪します。予習としてELBN-1をご覧になる、実験しておくとELBF-3を更に楽しく受講出来ますので、是非お試し下さい!

ブログ読者の皆様、シャンバラスタッフの皆様、こんにちは!
SHです。

2ヶ月ぶりにELBFシリーズの第三弾、が開催されます。ELBFは各講座の内容が濃く、情報量も多いことから個人の復習だけでは心許ないかも、と先日初の試みとして「おさらいセッション(オンライン・ライブ)」を行いました。出来るだけ具体例を紹介し実践も含めた総合的おさらいという形で、参加された方々それぞれに魔法陣への楽しい取り組み方へのサポートになれば、と願っています。今後も不定期での開催を企画していますので、興味ある方はぜひ参加ご検討下さい。

ELBF本編は、初回の結界と魔法陣の基礎、先祖霊の負のエネルギーを切る(床五芒星 X 天井六芒星)に引き続き、今回は「前世からの負のエネルギーを切る」がテーマとなります。前回以上に情報の多い講座になりますので、事前にぜひこれまでのELBシリーズに触れて魔法陣の基本をご理解下さい。

ELBシリーズではELB(エンジョイライフ・ベーシック)、ELBN(エンジョイライフ・ベーシック・ネクスト)、そして今回のELBF(エンジョイライフ・ベーシック・ファイナル)と全てのシリーズを一貫して同じコンセプト「全ては電気で出来ている」に則ってお送りしています。これを機会にぜひ講座シリーズをおさらいして、ELBFへの理解を更に深めて頂けたら幸いです。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

✡️ELBF-3:五芒星と五芒星 – 前世からの負のエネルギーを切る✡️

日時: 2020年08月30日(日) 22:00〜24:00

担当講師: バラモン・ヴィッカーズ氏(Brahman Vickers)
リンクをクリックしますと、バラモン先生の略歴をご覧頂けます

セミナールーム(リアル): class_elbf03_083020 (in sschool-class.slack.com)
セミナー会場(シャンバラ): シャンバラスクール講堂

* ブラウザでアクセスされる方は:
https://app.slack.com/client/T3FMV5RUZ/C016387FR7S
セミナー・ルームは既にオープンしております。

* セミナー中の質問は、こちら質問ルーム(チャンネル):
https://app.slack.com/client/T3FMV5RUZ/C68UA0DAN
へお寄せ下さい(セミナー終了後24時間以内受け付けます)。質問にはメッセージの先頭に必ず「★」を入れて下さい。セミナー中に先生が回答されるものもありますが、時間内に回答出来なかった質問は後日ブログで回答と共に掲載されます。

尚、質問ルームではセミナー中の呟きwや会話など参加者同士自由にお話し頂けます。眠気覚まし😪にもぜひご利用下さい。

* 当日ご準備頂くもの

・ 魔法陣に入れる人: (特に条件を付けるなら)できるだけ変化を確認できる身近な人。「閉所恐怖症」「パニック障害」「高所恐怖症」などの疾患を持っている人など。(ただし鬱、統合失調症、ボーダーは入りません)

・ お経巻き・お札巻きに使う大きさの紙: 治したい人の生年月日、フルネーム、要望を書きます。
先生からのメモ:

持ち物でメモ用紙一束準備しましょう
100均で売っている束があればこのセミナー全部対応できます
何度も書き換えを要求するかもしれないので
あとハサミwww

・ 魔法陣部屋: シャンバラに用意して頂きます。シャンバラにお部屋がない人も、今回の講座に参加される方は魔法陣部屋を事前にご用意下さい。

Pin

司会進行・広報編集 : SH
打ち込み担当    : Beth
技術サポート&
質問プレゼンター  : AL (K)

でお送りします

参加は全て無料です✨お気軽にご参加下さい

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

バラモン先生からのメッセージ:

輪廻転生自体を信じていない人には奇々怪々な内容です
輪廻転生を信じている人なら楽しめる項目だと思ってください
なんでもいい。人は生まれ変わるのだと実感できればそれをフルに活用してください
特に来年行うELBの「前世からの遺伝子を組み替える(仮題)」の準備内容ですからここを理解できるとかなり後は楽です
ぜひお楽しみに

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

注意事項:事前に必ず目を通しておいて下さい!】

* セミナーは全てSlackのクラス・アカウント(チーム)で開催されます。差し入れ会などの企画イベントを行うツアー・アカウントではありませんので、ご注意下さい(Slackへは、当日までに一度はアクセスして、不具合などの有無をご確認下さい)。

* Slackの登録は、今回からご自分で行えるようになりました。ですが初めての方には戸惑うことも有るやもしれません。今回初めてSlackでのご参加を検討される皆様には、どうぞお早めの登録申し込みをお願いいたします。
💐これまでスラック登録のサポートで大変お世話になりましたJUさんには心より感謝申し上げます💐

* Slackへの登録、移行手続き、及びヘルプについては、こちらのslack登録手順&ヘルプをご覧下さい。

* ご登録頂きました方は、セミナー用のお部屋(チャンネル)『class_elbf03_083020』をクリックすることで入室=参加となります。必ず事前に入室して確認してください。登録だけではセミナー参加にはなりませんので、ご注意下さい。

* 参加人数が増えますと、それだけSlackの処理速度が落ちる=重くなる、ので、特に携帯をご利用の場合は、セミナー開催中なるべく通信環境の良い場所でのアクセスをお勧めします。

* セミナー開催中の途中入退室は勿論OKですが、お静かにお願いします(セミナー中は挨拶などの発言はしないで入退出してください)

* セミナー開催中の個人発言は、特に指示がない限りお控え頂きますようお願い申し上げます(質問ルームでの会話はご自由にどうぞ♪)。リアクションなど、発言の場を出来るだけ挟んでいきますので、先生のお話は集中する、などメリハリのあるセミナーを進めていきたいと思います。

* セミナーは、肉体&アストラル体で受講します。肉体はそのまま各自のお部屋などで、アストラル体はシャンバラスクールへアクセスして頂きます(不安な方は、担当が会場へお連れしますので、ご安心下さい)。

* 内容は全て記録されますので、一度Slackで入室頂きましたら、後からおさらいすることも可能です。ですが、発言数が一万語を超えた場合(現在既に一万語に達しました^^;)、古いものから消去されていきますので、必要なものはメモなどご用意頂き、その時その時の感想や反応をご自分で記録されることをお勧めします。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

セミナーについてのご質問は、コメント欄、もしくはSlackでも受け付けますので、どうぞ遠慮なくお問い合わせ下さいませ。

いつも本当にありがとうございます!!

コメント

  1. Colin より:

    ELBの後、山火事鎮静化のイメージと固定化の柏手をありがとうございました。

  2. Colin より:

    上記URLから飛べないようなので再度貼りますね

    https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2020-08-24/QFKR14T0AFB401

  3. Colin より:

    皆さまこんにちは

    カリフォルニア州で発生している山火事が歴史的規模に拡大しており、まだ鎮静化していない様子です。一年前の25倍の面積だそうです。(この時点では、約5700平方キロメートルhttps://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2020-08-24/QFKR14T0AFB401)

    毎年この時期に起こるようなのですが、鎮静化するよう落雷(原因の一つとなっている)が止み、雨が降って火が消え、緑が戻るイメージで固定化の柏手をパンっ!としたいと思います。

    もし皆様のお時間をいただけるなら
    今夜開催のELBの最後に鎮静化したイメージと柏手をしたいと思うのですが
    スタッフの方々、突然ですがいかがでしょうか?

    よろしくお願いします。

タイトルとURLをコピーしました