💡 このブログについて( 初めての方へ ) 💡 ✨

初心者用: 神社の宇宙人

こんにちは。引き続き初心者週間をありがとうございます

B. 神無月
はじめましてこんばんは。それでは質問っス。神無月ですが『 神無月= 日本中の神様が、出雲の国(現在の島根県)に集まり会議を開き、他の国には神様が居なくなってしまうこと 』となっておりますが…Q.1 本当に各地方の神社などから神は出かけてしまうのか?...

そもそも、人が管理しなくなった様な地方の小さな神社でも、ちゃんと神様はおられるのであろうか?

はい、どんなに小さくてもそこに地下エネルギーがあれば宇宙人は存在していました

Q1.その神社に宇宙人は何のためにいらっしゃるのですか。地下エネルギーが強く、存在しやすいところだと思いますが、目的は何なのでしょうか。

宇宙人それぞれでしたら、神無月に会議に出られる宇宙人について教えてください。

A. 神無月の会議は通常七福神に出てくる宇宙人達です。そこにいる目的は監視です。

Q2.アセンション後は、地下エネルギーの流れが変化していると思います。神官が封印しエネルギーの流れを止めなくても、自然に流れが止まっている神社もありますか?①

封印された神社が衰退するのは一時的で、長い目でみると、復興もあるのでしょうか。②

地下エネルギーの道というのが何本かあって、どこを通るか変えられるということ?③

エネルギーの出入りが強いところに神社がある?④

そんな感じでしょうか よろしくお願いします^^

A. ① 地下エネルギーの流れとは地下水脈です。なのでエネルギーの流れという媒体のない流れはありません。そして当然地下水脈が変化しているところは出るので封印しなくても止まっている神社はあります。それでも中途半端に湧き出ないように封印することだってあります。

② はい、まさしくその通りです。いつかはまた復活します。火山の様に噴火したりやんだりするのです。

③ 地下水脈を変えることは確かにできますが、あまりお勧めできません。すべては流れなのでよほどのことがない限り後手に終始します。

④ 神社とは限りません。人が住めないほどのエネルギーなので学校になったり公共施設になったりします。

質問をありがとうございました

13+

コメント

タイトルとURLをコピーしました