💡 このブログについて( 初めての方へ ) 💡 ✨

聞いてみたいこと J人の方々・龍の一族との交流

ベスさん、シャンバラに関わるみなさま、こんにちは!
いつもたくさんのワクワクと気づきをありがとうございます✨

当初は今週の課題「未来の日本」でポジティブな内容を書いてご意見をお聞きしたいと思っていましたが、今日他の読者の方のご提案
https://gaia-shamballa.xyz/blog/?p=55415
を読み、なんとなく気になったことが、未来の日本や自分自身にも関わるので先に聞いた方がいいような気がしました。課題はまた改めてお聞きさせてください。その際はよろしくお願いします。

☆前提☆
・J人の方々のお名前ははっきり書きたいのですが、「書いたらこのブログ危ないのかなぁ」と思い、ひとまず従っています。
・いかなる陰謀論、人種主義には興味がありません。説明のためにのみ使います。あとJ人のことは普通に好きです。
・もしJ人の方々ご本人がおられたら、話題にしてしまい、すみません。しかし、日本人とJ人ともちろん他も、の共存を願う気持ちが大前提の質問です。

もし可能でしたら、
・これまで宇宙人も地球人も争わせず
・様々な視野から淡々と状況を見てきていて
・共存を願う
そんなスタッフの方からのご回答を聞ければ嬉しいです。

☆本題1 J人の方々について☆

小学生ぐらいから、なぜか神話や色々な違和感が気になって遺伝子を調べる子どもでした。そして「どうも、この世界は何か重大な真実がわからないようにされている」「どうやら、スピ系の一部は地球を手に入れる気しかない宇宙人が書かせている」「それはそうと、なぜか日本ばかり狙われるのはなぜだろう」と、いうことを時折思い出し続け、こちらのブログにたどり着いて前半2つは腑に落ちたような気がします。

日本が狙わることについて、こちらのブログでは、上のURLでも書かれているようにJ人が欲しがっている、と何度か書かれています。ならば、いろいろな妨害?に都度対策はするとしても、根本になんとかはたらきかけないと根本解決にはならないんじゃないかなぁ、と思ってこの質問を書いています。

さて、妨害?の理由について、すみません、私はJ人ではないので彼らの内情を知らないのですが、聖書やブログで書かれている事実を大まかにまとめるとこのような感じなのかな?と思います。

・発生について
ベース:原種の地球人

エササニさんが転生先のために※メンタル体を加えて縄文人を創造

レプさんが(目的不明①)のためにアストラル体を抜き取ってJ人を創造
※ただ、途中で寝返り縄文人を保護しなくなったという記述もあったので、地球人的には根本的には、何がしたいのか目的不明②と思えます。
・J人の放浪の歴史、I国建国についてはよく知られているので割愛します。
・J人は(目的不明③)のために「神との約束の地」を欲している。それが日本である。
・しかし、(理由不明④)のために、多種民族を受け入れる日本人を嫌がり、排除しようとしている。

Q. 並べてみましたが、①〜④の部分と、なぜJ人が日本人を疎むのか、それらが全くわかりません。しかし、共存のために彼らのメカニズムを知りたいです。アストラル体を抜かれたからか、神の約束の地に固執しているからかな?と予想しています。

「かつてガイアに認められた同じ種族で兄弟みたいなものでしょう、兄弟抜きにしたって、お互いの良い所を学びあい時に助け合えばいいじゃないですか」というのが個人的な感想です。

それか、神への固執やエササニさんの裏切りがどうも違和感があるので、日本人が封印されているように、J人も精神か遺伝子か、何かを封じられている(真の黒幕みたいなものがいる)のでしょうか?だとしたら助けてあげたい。

A. すごい分析ですね。そしてわかりやすい(感動)さて、まず聖書の内容から話します。ベスがキリスト教ではないのであまり詳しくないのですが、言われた通り打ち込んでもらっています。若干ゆがみが起きるかもしれませんがそこは愛嬌で見過ごしてください

はじめ人間を作りあのアダムとイブのリンゴの件。隠れている事実として二人の間にできる生粋の縄文人の子供を作る予定がイブが蛇=レプにそそのかされて交尾を行ったことです。よって初めの子はレプとの混血。そしてエデンからの追放された後にできた二人目がアダムとの子になります。

以前に言っていた人間は交尾を行ったらその相手の数分だけ複数の免疫遺伝子を学ぶことになると。よって2番目の子はエササニの望む子にはならないということです。

次に隠されたこと。それはJ人の中にエデンの園から追放された事実はいまだにトラウマになっていること。よってリンゴを食べたから。約束を守れなかったからとうそぶいていますが、誰が見たって自分のしたことをアダムや蛇のせいにしたことが怒りに触れたわけです。トラウマ特有の責任転嫁ですね。いまだにそこを認めない限り許されるのは難しいですよね。

そのエデン追放によるトラウマから救われたことが起きました。それが死海文書なのです。一番最後に「エデンに帰れ」という文章。エデンは?そう日本列島です。しかし、かつてパレスチナの人々に対して「2000年前にここに住んでいたから出ていけ」といって占領したためにいまだに自爆テロにおびえる毎日。もうこんなことはしたくない。よって手放すようにすればいい。というわけで皆さんの知っていることが起きているのです。

 これで回答になっているといいのですが

 

次に、J人の地球上での認識についての確認と質問です。
J人の方々は、残念ながら地球人から強い反発を受けることが多いです。理不尽なものには同情もしますが、反発される理由は「そりゃ仕方ないよ」と感じるものもあります。

・「自分たちは神に選ばれた、だから待遇も当然良いし、食物も住居も当然与えられる」と言って回るところ。お金や戦争で利益を挙げ、そのために人の命を顧みないところ。(一部の方だけだとは思いますが…)
・約束の地に固執し、日本の土地を奪おうと日本人に嫌がらせをしていること(シャンバラ情報が真実であれば、ですが)
・他の民族の血や考え方を学ばず、自分たちだけの世界にしたいと思っているところ

※繰り返しますが、自分自身はJ人の方々が普通に好きです(対等な人間として尊重し、美点は敬い、道を逸れれば叱ると言う意味です)。身近な人や深い関係の人にもかなりいます。
一方、彼らが本当にこう思っているとして、「これが自分たちの価値観だ」と思っているなら仕方ない事かもしれませんが、「目を覚ませ」とも思います。実際言ったこともある。

Q. それとも今挙げた点は、私や地球人が勝手に作り出した偏見ですか?実際の言動や史実を見ていると、そうは思えないですが…。

A. プライドの高さが邪魔をしているわけです。選民主義なんて所詮は下というものがあるから感じる主義であってこの世にJ人だけなら選民主義なんて幻ですよ。

でも犬もそうですが一番下だと認めたくない。なんででしょうね?(^_^;) 一人一人の民度は高いのに国という集団組織になると地球人は軒並み民度が下がるのです。

 

Q. 仮に事実だとして、メンタル体を生かして共存のための発明や、助け合いや奉仕をすれば誰より好かれる民族になるのではと思うのですが、そういう発想にはなりづらいのですか?(ならないとは言いません)

A. なりたいと思っているし この日本列島に入るJ人はそうなっています。あの土地の周波数でしょうね。神の土地ならいがみ合ったり闘ったりするなんて本来は逆でしょう?日本の神社で無人販売が成り立つのも神聖なところで盗みなんて考えられないからですよね。

もし日本人ならあの土地が神聖な場所というなら逆に共存共栄を図るでしょう。ではなぜあそこで闘うのでしょうか?そう、簡単です。J人にとっての聖地ではないからです。それを潜在意識は知っているからです。

 

Q. 個人的は、「神に選ばれた」「約束の地」に固執することをやめて、自然とたどり着く場所や人間関係の中で泣いたり笑ったりして、一人の地球人として人生を発揮したら十分幸せなのでは…と思ってしまいます。これは無駄な考えなのでしょうか…?

A. いいえ、正論です。神というのが一人だと思った段階でアウト!たくさんいる宇宙人の一派とおもったら別に「エササニだけに選ばれた民族」であって他の民族はこれまた他の星の宇宙人に認められた民族なのだと気が付きます。闘ったり争ったりする相手ではない。そこへ人身売買の組織が作り上げた戦争へのいざないが関係するのです。

 

Q. 彼らは彼らのこと、と放っておくのが一番なのでしょうが、日本人も何かに封じられているし、そこにJ人に逆恨み?されても正直困ります。何か有効なことはあればお聞きしたいです。自分では、魔法陣でJ人の精神に「目を覚まして。仲良くしようよ」と語り続けることとかしか思いつかないです。

A. まず正体そ明かさず着々と作戦を遂行している今がいやでしょう。「やっているならやっているで正直にでてこいや!」ヽ(`Д´)ノプンプン って思いますよね。

そう、これから自分たちがどこの派閥なのかを知るのもアセンションでもあります。まずそこ大事。それから目を覚まして仲良くしようよって言葉になります。そう、自分との闘いなのです。民族でも国でもなく。だから外出禁止をしてまず自己に向き合っているのです。

 

☆本題2 龍の一族との交流について☆

個人的に最近起きた現象について、どうも上のJ人の件と無関係ではないような気がして、併せてお聞きします。長くなってしまって、申し訳ないです。よければお付き合いください。

説明のためにJ人のことを色々書きましたが、宇宙人とか種族で判断するようなことはしたくないんです。なので、本題2では見えた・感じたことを中心に書きます。

J人にしても縄文人にしても、それ以外の曖昧な方々(多分、遺伝子を持っている人)でも、目を見ていると、彼らの目や額の奥に、夜空を背景に泳ぐ龍の姿と、こちらを見つめる大きな瞳が見えてきます。(見せられている、が近いような…)
「説明のためにあなたがたを何と呼べばいいですか?」と尋ねると、「龍の一族」とだけ返ってきました。 J人や縄文人のカオスな状況をどう思うか聞くと、「こうなるはずではなかった」と返ってきました。

Q. シャンバラ側で、彼らやこの言葉についてなんでも(特徴や歴史など)わかっていることがあれば、話せる範囲で大丈夫なので教えてください。

A. 龍は遺伝子の象徴です。蛇であり、レプであり。「こうなるはずではなかった」というのは龍の中のガイア側の意見ですね。うん、それ以上は皆さんが基礎知識がないのでできないな。

 

おそらくJ人であり、上の龍の一族でもある、特に深い関係の人と(すみません、かなり個人的なことなのでこれ以上の説明は控えます)、不思議な出来事がありました。
表向きはたぶん日本人で、宗教や約束の地というキーワードは出してはこないですが、一部のスピや自己啓発などバックが地球を得ようとする宇宙人の組織に近づいたり、「君さえ手に入れれば自分は救われる」と言って私をコントロールしようとしてくるのが、ああ、少なくとも私の所属?種族?(があれば)とは違うな。と思いました。

さて、離れる手もありましたが、助けるとか崇高なものではなく、「この人と離れたらとても悲しくて後悔する」と実感して、「ずっとそばにいる。でも、傷つけることはやめてね。仲良くしよう」と腹をくくって伝えると、今は上のようなことはすっかりなくなりました。

Q. 状況と人を選ぶ内容だとは思いますが、このようなアプローチは有効ですか?側からみると、とんでもない契約なのかもしれない。しかし不思議と私も落ち着いていて、シャンバラの皆さまのおっしゃる宿命だとすれば、これもありなのかなと思いました。

A. ありですが・・・狂信しないことです。常に自己疑念を持ち駒を進めてください

 

一連の状況の中で、また見えた?見せられた?イメージはこんなものでした。半分は相手が実際に話したことでもあります。

宇宙空間に、私が丸い半透明の光るボールで、その相手が細長い天の川のようなもの(これが龍の由来…?)で浮かんでいる。
私の中にひときわ光る破片を見つけたのでぎゅうぎゅうに絡みついてみたが、何かがうまくいかずに絡み続けた。
腹をくくって伝えた瞬間、天の川にびっしり付いていた黒い鱗が剥がれて、溶け合ってそのまま宇宙のさらに向こうへ飛んで行った。

Q. 綺麗だなーと見ていましたが、これは何が起こっていたのでしょうか?他の人に話せる内容ではないし、誠意ある精神世界として一番に浮かんだのはベスさんのシャンバラで、聞いてみたくなりました。

A. 人間は象徴思念というのがあります。そうですね。ヨハネの黙示録がそうです。EUが龍だったり、ニガヨモギがチェリノブイリだったりする。あ、みなさんが知っているノストラダムスの大予言もそうです。思念を何とか表現しようとしても理解できないと象徴的存在を作り上げる習性があるのです。間違ってはいないが分析に時間がかかり、時間経過した後、つまり事件の後にわかるわけです。

さあ、それが何の象徴なのかそれを分析してみてください。光る破片とは何か?黒いウロコとは何か?つながっているけど象徴思念で理解ができない状態ですね。

 

最後に、この一連のことを担当さんに聞いてもらったら「まあ、知っている通り、僕自身が龍の一族だから。だから、意見が偏るから、僕以外の人に話した方がいい」と言われました。
それは、そっかその通りだぁと思っていると、続けて、悲しいような嬉しいような表情で「僕たちは、ずっと待っていたよ」とも言われました。

Q. あの…僕たちって誰でしょうか?何を待っていたのでしょうか?「いや、スタッフにもわかりません」と言われるかもしれないですが、何かすごく大切なことが記憶から抜けている気がするんです…。
何か、ご存知ないでしょうか?

A. ガイアが発する電気の塊が龍です。意思があるのはガイアの意思だからです。そして待っていたのはその思念を言葉に落とし込む人間を待っていたとおもってください。

 

不思議な内容で、一見課題からそれたような長い質問を、すみません。
希望と共存にあふれた未来のために、ぜひお聞きしたいです。
どうぞよろしくお願いします。

A. 我々も興味深いですね。今後も何かあったらブログで質問お願いします

 

質問をありがとうございました

 

55+

コメント

  1. 自然の空へ奏でる花 より:

    ベスさん、シャンバラのスタッフさん、ご回答ありがとうございました❣️
    リクエストも答えていただき、重ねてありがとうございます✨

    ご回答いただいた方は…この語り口と面影は、たぶんすごく昔にお話したことがありますね(*^▽^*)(人違いだったらすみません💦)
    本を読む横で「色んな人がいるよね」「これは、どういうことだと思う?」と偏りすぎない視点を導いてくれて、本当に素敵な方だなと子供心に思っていました。ありがとうございます。

    特に、太字にしていただいたところは、はっと気付かされたり新しく知ることだったり、すごくわかりやすいです。ありがとうございます✨
    J人の方々の内情を何度も読み返し、そこに様々な立場の方々からの視点が含まれていることに気づかせていただき…なるほどです。
    他の記事で、ガイアの天命は遺伝子操作(確か)と読み、エササニさんもレプさんもそれぞれの目的があり、J人の方々も変化を望んでいて、その中でJ人の方々の気持ちが楽になったらいいな。と思いました🍀

    龍の一族のことも、色々なご説明とヒントをありがとうございます✨
    駒を進める際に「疑念」ではなく「自己疑念」を持つこと。思い当たります。良い自己鍛錬になりそうです。
    象徴思念の説明がすごく面白かったです!肝心の破片も鱗もまだピンとこないですが💦 2つが溶け合うところは受精卵みたい。って思いましたが巻き付かないだろうし…うーん。ゆっくり謎解きを楽しみます💖

    ところで、
    ・J人の仕方ないなって挙げたところや民度のところ
    (→海外から、日本人も一部を見てそう思われているかもしれない)
    ・龍の中にも、レプさん寄り・J人の記憶への囚われ・ガイアの冷静な意思と色々ある
    (→目覚めの前の派閥を知るのは、単に民族というより、今までどのサイドで、これからどこに行きたいかということ)
    など、誰に対しても当てはまることで、まずは自身から気をつけないとなぁと思いました。(自分の考えにしては冴えすぎているので、回答者さんが囁いてくれたのかもしれません…✨)

    あんな綺麗な夜空の中で、ガイアがひとりぼっちだったのかなぁって思うと泣きそうになりました。現実でもシャンバラでもまだまだ半人前ですが、人生を楽しみながらガイアの声に耳を澄ませていきたいです🌌
    また質問させていただいた際は、どうぞよろしくお願いします✨

    6+
タイトルとURLをコピーしました