新ベスのブログ

…as You go with the Flow(流れのままに…)をキーワードに、読者とシャンバラ(Shamballa)の質疑応答を、著者『ベス』がひたすら打ち込んでいく、世界でただ一つの面白不思議スペースをお楽しみ下さい♪

災害: 誘導の主権争い

東北の震災で多数の被害者が出た大川小学校の避難誘導のあり方を巡って、市や教育委員会が資料を隠蔽したり改ざんし、真実を遺族に知らせようとしないことで裁判沙汰になっていたことを知りました。

事故の概要はこちらの記事 https://diamond.jp/articles/-/27043  に詳しいです。

市は2012年末に事故調査委員会を立ち上げたものの真相の究明には至らず、2016年の判決で遺族が勝訴したものの、肝心の遺族が知りたかった「空白の約50分」について真相は明らかにされませんでした。

なぜ地震が起きてから津波がくるまでの50分あまりを校庭にいたまま過ごしたのか。当時責任者の校長が不在のため指揮命令系統が定まらず、教員間で意見が割れたという報告もあったそうですが、生き残った教員はその後の調査委員会にはPTSDを理由にドクターストップがかかり不参加で、証言を得られずじまいだそうです。

権力闘争が起きていたのではないかとする記事
http://www.thutmosev.com/archives/66862393.html

も出ています。
一部ではデマだともいわれてますが、見当違いでもないように思われます。

以前広域災害時の避難に関しては、避難を拒否する人がいる場合は他の人々をまず避難させたり、恐怖を起こす音波を流して移動を促すという方法を伺いましたが、集団を引率する立場の人間が避難を拒否し、避難の阻止までするような態度に出た場合、どんな対処が一番有効なのでしょうか?

A. 意外に多い場面です。できるだけ穏便に説得します。ただ幸いなのが軍人はガタイがでかいので圧迫感ですぐに折れるのですがwww

さて、こういう時どうするという学びの多い症例ですね。平時人間がたまたまトップにいたということですし、ここ数か月の公務員の隠蔽や改ざんは見飽きるほど見てきている皆さんですから5年前に見た時と今ではずいぶん受け取り方が違っていると思います。

皆さんにわかってほしいのは責任を取らない人間は責任を取らなかったといって苦しむことはありません。なので残念ながらこの教師たちは平気で校長にもなれるし退職までいられます。池袋の暴走事故を起こした人も全く感じることはないでしょう。だから潜在意識が自己破壊に向かわせるのです。

もし自覚があったら自己破壊などこの世にないですよ。

まず避難拒否を集団で行って甚大な被害を出した症例があります。もちろん軍の人間も多く被害にあいました。それを踏まえて説明すると、集団で避難拒否を行ったら放置していいと規定を作りました。まず助けに行く人間を優先に考えます。非情なようですが撤退も必要です。もちろんぎりぎりまで説得はします。しかし、避難に対して非協力的な集団はすでにパニック状態なので危害も加えてきます。有事に対応できないので日ごろの性格が出てきます。ときにそれがプライドだったりすると最悪な結果を出します。

また、平時人間はその場で待機するのが一番いいという判断を下す習性があります。これは韓国のセウォル号沈没事故の時も部屋で待機を教師は指示しています。有事判断ができない。そしてパニックで泣き喚いたのも教師だったと記録にあります。

この小学校でも有事の準備ができなかったことを踏まえても日ごろから有事を考えること自体無駄だという思っていたようですね。とうぜんパニックになっているのであとで質問をしてもあまりに自分の行動が卑屈なので隠蔽したがります。そこに被害にあった子供たちへの感情は何もありません。あったら別の学校には行けませんよ。悪いとかではなく卑屈な自分を隠したがるという幼稚な理由です。

また50分もあったのにと思われるでしょうが、災害時の時間の感覚はいつもより違います。あっという間に感じる人もいれば長く感じる人もいます。たぶん50分はあっという間でけっして長く話していた自覚はないと思います。校長に電話で指示を仰ごうとしたのかもしれない。大体校長がいないからもめたと書かれていますが校長がいても同じだったといえます。その後のこの校長の行動を見てもそれは感じることでしょう。責任感はそこにはない。

 

また人の命を預かる立場の人間が意見を異にして対立するなどということが起きた時、その場に居合わせた人間はどう対処すればいいのでしょうか。

A. 実は意見が対立するときは責任のなすりあいが多いので殺し文句を使います「責任は私が持つ」この一言が出ないばかりにもめるのです。だから腹をくくってこの言葉を言いましょう。

 

この大川小学校の場合、すぐに駆けあがれる裏山があったのに「そこに誘導して怪我でもさせたら誰が責任を取るのか」という反対理由もあったといいます。
命を奪う責任には思い及ばなかったのか。

保身などで視野狭窄になって冷静な判断ができなくなった人間がトップに立つと最悪の結果を招きかねないと思うと同時に、いまの政権下で大型災害が今後起きたときも何やら同じような状況になりかねないと危惧もします。

自己分析・自己管理・自己責任に尽きる非常事対応ですが、集団として対処するにあたって意識しておくべき点や注意する点があれば、お知らせください。

A. 集団で冷静になれる日本人ですが、それでもいったん狂うと他の国よりクレイジーになるのも皆さん日本人です。冷静な判断ができたのは震災でも略奪や暴動を起こさなかった点です。

しかし過去を見ると関東大震災で「朝鮮人が襲ってくる」というデマで6000人の朝鮮の人たちを殺したのも日本人です。

この差は何か?それは心の準備です。マニュアルはまさにそのためのもの。無駄に感じる平時人間にとっては一番苦手な分野です。想像ができない。

だからまず自分が平時人間か有事人間かを分析してください。有事人間なら情報を日ごろから入れ込むことです。もし平時人間なら有事人間の言うことを聞くようにしましょう。また周りの人間が平時人間か有事人間かを調べます。

シャンバラではこの振り分けがはっきりしているので平時人間は発言権を失います。有事人間同士で対立はしないか?というでしょうが有事人間は平気でプライドを捨てるので逆に対立をしません。すぐに決まります。

 

以上です。
行政の隠蔽体質はいまに始まったことではなく根深いものなのだと改めて思いました。

A. 隠蔽体質はこれからのアセンションでは一番苦しい時代になりました。日ごろから正直になりましょう

 

質問をありがとうございました

 

36+

あなたの質問をお待ちしてます!質問はこちらのフォームから♬
ブログの最新記事をメールで受け取ることが可能です。

 

前へ

医療班: 記憶について

次へ

災害: 広域災害時の避難誘導について(アニメ映画より)

2 コメント

  1. 匿名

    関係ないかもしれませんが、20年前に交差点で信号待ちをしていた時のことです。夜の12時過ぎ、駅から5分の大通り沿いで、全く人気がありませんでした。中国人男性が「鼻水が出てるから、これで拭いた方が良い」と何度もしつこくハンカチを押し付けようとして来ました。私は風邪もひいていないし鼻炎でもないので何度も「大丈夫です」と断りましたが、本当にハンカチを鼻に押し付けようとして来たので、信号無視して走って逃げました。関東の地方都市です。思い返してコメントさせていただきました、あまりに古い話で今となっては真相はわかりませんが、冷静に事態を見守ります。

    13+
  2. アロム

    警察関係者からの連絡です。

    知らない人が路上で接近してきて、乾燥海産物をすすめて、販売しようとしながら、一回味見をしてとか、臭いを嗅いでとか言われたら、絶対絶対しないで下さい🈲

    海産物ではなく(エチルエーテル)第1種の麻酔薬で臭いを嗅いだら意識を失います。

    中国から来た新しい犯罪です。
    周囲へ広く知らせて下さい。
    実際、事件発生、臓器売買してるそうです。
    特に友達や親戚に是非伝えて下さい。

    用心するに越したことはないので、皆さん気をつけて下さい。

    このようなラインの拡散がありました。別に逃げろというわけではないのでここに入れます。で、中国はそれでなくても日本を狙っているのでたとえデマでもいいのです。たぶん4割がたあっているのでしょう。一つは中国よりになっている政府に対する警告かもしれないし、もう一つは 「だから政府が皆さんを守るんですよ。逆らうもんじゃあありません。」というメッセージかもしれない。。妄想ですww
    デマだからといっていることも信じてはいけません。
    皆さんで識別力を養いましょう。ただ、口を開けていればなんでもできる誤解を早く解きましょう。
    アロム                       

    43+

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Powered by lovecraft & Copyright by 新ベスのブログ

Scroll Up